水やりの頻度に注意!ハーブの代表格ラベンダー


FLORA

FLORA


公開日:2016.10.27

繊細、清潔、優美といった、どことなく高貴なイメージを抱かせる花言葉を持つラベンダー。

学名であるラヴァンドラ オフィキナリスは、ラテン語の「洗う」という言葉に由来し、ローマの頃から入浴剤や衣類の香りつけとして用いられてきたことに由来します。

水も滴る、とはいかないようで

どことなく美人さんな印象のあるラベンダーですが、多湿に弱く、乾燥した土が好みです。土の表面が乾いた時に水を適量あげるぐらいで十分です。

朝や晩にあげるのが一般的ですが、夏だと土の乾燥が早くなるので、日中でも水やりをしましょう。

水やりが多いと多湿の原因になって、茎を痛めることになります。

少ない肥料だからこそ効率的に

他の植物と比べると、必要とする肥料が少ないラベンダー。与え過ぎると根にダメージが残り、花の数が減ってしまいます。

ですが、肥料を与えないとラベンダーに体力がつかず、花が咲き揃わないといったことが起こります。

種を植える時、緩効性の化成肥料を混ぜながら植えて、春か秋のどちらかにタイミングを見て追肥してやると、無事に育ってくれます。

原産地の土を再現して環境を整える

原産地である地中海沿岸は、風化した石灰岩が含まれた弱アルカリ性の土地でした。

それを参考にして、弱アルカリ性で水はけのよい用土を使ってあげると、過湿を嫌うラベンダーもよく育ってくれます。

日本には弱アルカリ性の土地はありませんから、販売されているラベンダー専用の用土を使うのもいいかもしれませんね。

まとめ

ラベンダーを育てるのが難しいと思っていた人は多いかもしれませんが、土と肥料と水やりに気をつければ、実はそんなに難しくありません。

欲を言えば、風通しも良くした方がいい、というぐらいでしょうか。

環境に応じて対策を整え、ラベンダーの体力を考えてあげると、綺麗に咲いてくれます。

 

 

※トップ画像はPhoto by whiteさん@GreenSnap

このコラムが気に入ったらいいね

6
FLORA

FLORA

1985年生まれ。 お花もグリーンも生活の一部。 休日はもっぱらグリーンのあるカフェ巡り。

『水やりの頻度に注意!ハーブの代表格ラベンダー』の記事をみんなに紹介してみましょう

ハーブの関連コラム

セージの育て方の画像

セージの育て方

歯肉炎や口内炎などの症状を和らげるといった、抗菌作用が高いハーブの1種セージ。 私の私生活でも大いに役立ってくれているハーブは風水といった観点からも非常に高く評価されています。 今回はそんなセージにつ...

takenaka

2017.04.27

イタリアンパセリの育て方の画像

イタリアンパセリの育て方

イタリアンパセリはヨーロッパの地域では料理によく使われいてるパセリです。 このパセリはセリ科の野菜であり、ハーブとしても使用することができます。 そんなイタリアンパセリの育て方について紹介します。 ...

takenaka

2017.04.27

タイムの育て方の画像

タイムの育て方

独特の気品ある清々しい芳香を持ち、ヨーロッパでは古くから高貴な香りのシンボルともされてきたタイム。 防腐作用もあることから広い分野で重宝されてきたハーブでもあります。 今回はそんなタイムについて、育て...

takenaka

2017.04.25

ミントの育て方の画像

ミントの育て方

ミントは清々しい香りで料理やハーブティーに利用することができ、大変丈夫で天然の虫除けとしても効果があります。 香りにも様々なパターンのものがありほのかな甘みを感じる品種もあります。 そんな良いことだら...

takenaka

2017.04.25

ローズマリーの育て方の画像

ローズマリーの育て方

ローズマリーといえば西洋料理が思い出されます。 煮込み料理に入れたり、オリーブオイルと一緒に漬け込んだり、肉の臭み消しにも使われています。 ローズマリーがキッチンに常備してあると便利です。ローズマリー...

takenaka

2017.04.25

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料

アプリならサクサク快適!

GreenSnapの公式アプリなら、
60万枚の植物とお花が見放題!

GreenSnapiPhoneアプリ 今すぐ無料ダウンロード