スッとのびる、凛とした姿が印象的。冬景色がお似合いのスイセンの魅力とは?


内田アリ

内田アリ


公開日:2017.01.22

こんにちは。ライターのariです。

今日は関東地方でも雪がちらほら。
少し外にいるだけで、体の芯から冷えてしまいます。
そんなさむ〜い屋外でも、
元気に咲いている花がたくさんあります。

スイセンの花もそのひとつ。
真っ白なスイセンは、冬景色にぴったりの花です。

そこで今回は、スイセンについてご紹介します。

スイセンとは、どんな花?

スイセンは、
冬から春にかけて咲く球根植物で、
原産地はスペインやポルトガルなどの地中海沿岸部や北アフリカ。

スイセンの名前はギリシャ神話が由来とされています。
その昔、若くて美しい少年「ナルキッソス」が、
泉に映った自分の姿に見とれて口づけしようとすると、
泉に落ちてしまったとか。

その水辺にスイセンが咲いたことから、
スイセンは英語で「ナルシサス」と呼ばれ、
ここから「ナルシスト」という言葉が生まれました。

スイセンには、「うぬぼれ」や「自己愛」などの
花言葉が付いているのも、これが由来のようです。

また、和名の「水仙」は、
水の中にある仙人からついた、
中国名「水仙」が和名になっています。

 

どんなバリエーションがあるの?

スイセンの花色は白と黄色。
品種改良が盛んに行われ、
ニホンズイセンやラッパズイセンなど、
1000を超える品種が存在すると言われています。

切り花として出回っているのは、
1本の茎に1つの花が付いた「ラッパズイセン」や、
1本の茎に複数の花が付いた「房付きスイセン」などです。

和の雰囲気が楽しめるので、
生け花にもよく使われていますね。
そして、甘くて清々しい香りも特徴のひとつです。

また、球根植物なので、
地植えや鉢植えで育てれば、
毎年キレイな花を咲かせてくれます。

こちらはラッパズイセン。
副花冠が大きく、まるでラッパのようです。
存在感があって素敵です!

中央の副花冠がオレンジ色っぽいものも。

バルボコディウムは、
メガホンのような形が特徴。
一見、スイセンには見えませんよね。

こちらも少し変わった形のスイセン。
とっても気品がありますね。

スイセンには毒があるって本当?

実は、スイセンの葉や球根には毒性があり、
嘔吐や皮膚炎などの症状が出てしまいます。
葉っぱがニラに、球根がタマネギと似ているので、
誤って口にしてしまうと、食中毒を起こしてしまいます。
畑などややこしい場所に植えないようにしましょう。

 

スイセンのアレンジ方法は?

やっぱり、一輪挿しは素敵!
スッとのびる、茎と葉っぱが絵になります。

洋風のお花とのアレンジも意外とお似合い。
もちろん、和の花材とも相性抜群です。

こんな風に、
スイセンだけをざっくり飾るのもいいですね。

こんなアレンジの仕方も面白いかも!

 

いかがでしたか?
これから春にかけて楽しめるスイセンは、
切り花でも楽しめるし、
今年は球根で育ててみてもおすすめです。
また、今が見頃のスイセン畑へ足を運んでみるのもいいですね!

 

このコラムが気に入ったらいいね

15
内田アリ

内田アリ

フリーランスの編集ライター。ウェブサイト、ムック、フリーペーパーなどの媒体で執筆中。ハマっていることは植物、インテリア、海、 iPhoneでのカメラ撮影&加工。気に入った写真はInstagramでアップするのが日常です。

『スッとのびる、凛とした姿が印象的。冬景色がお似合いのスイセンの魅力とは?』の記事をみんなに紹介してみましょう

花の関連コラム

ベニバナといえば、食用油!? いえいえ、実はアレンジやドライにぴったりの花ですの画像

ベニバナといえば、食用油!? いえいえ、実はアレンジやドライにぴったりの花です

こんにちは。ライターのariです。 「ベニバナ」と聞くと、 紅花油を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。 でも実は、ベニバナをあらためて眺めると、 鮮やかなオレンジ色と、 まるいボンボンがとって...

内田アリ

2017.05.26

花もちの良さは抜群!絶妙な花色がミックスしている「アルストロメリア」の画像

花もちの良さは抜群!絶妙な花色がミックスしている「アルストロメリア」

こんにちは。ライターのariです。 切り花として定番のアルストロメリアですが、 実は初夏のこの時期が旬の花。 満開になると、 放射状にたくさんの花を咲かせ、 その姿はとっても華やかです。 今回は、そん...

内田アリ

2017.05.24

国際バラとガーデニングショウ2017 いってきました。後編の画像

国際バラとガーデニングショウ2017 いってきました。後編

植物とハンドメイドDIYのある暮らしが好きなhanaです。 開催中(〜2017.05.17.)の「国際バラとガーデニングショウ」レポの後編です。 国際バラとガーデニングショウ前編はこちら 後編は小屋多...

hana (a piece of dream*)

2017.05.15

チコリの育て方の画像

チコリの育て方

爽健美茶のCMで初めて知ったこともあるでしょう、食べられるエディブルフラワーのチコリ。 名前を言うだけでも可愛らしい感じが伝わりますね。お料理としても彩りを与えるチコリの育て方をご紹介します。 基礎...

takenaka

2017.05.16

アーティチョークの育て方の画像

アーティチョークの育て方

アーティチョークと聞くと野菜とは思えない名前をしています。 アーティチョークは日本ではあまり見ることができないキク科の野菜で、食用として使われています。 今回はアザミと同種のアーティチョークの育て方に...

takenaka

2017.05.16

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料

アプリならサクサク快適!

GreenSnapの公式アプリなら、
60万枚の植物とお花が見放題!

GreenSnapiPhoneアプリ 今すぐ無料ダウンロード