直植えなら柵もOK!ジュズサンゴの育て方


FLORA

FLORA


公開日:2017.03.15

赤く可愛い実をつけることで知られているジュズサンゴは外で栽培することが出来る植物です。

半日陰で育てることが出来、落ちた実が発芽することもあります。

そんなジュズサンゴの育て方のポイントや、育てる上で柵をどのように使ったら良いのかを紹介します。

 

他の植物が入らないように区切る

ジュズサンゴを育てる場合は基本的に鉢を使うか直植えで育てるかのどちらかです。

鉢の場合は柵は必要ありませんが、直植えで庭などに育てる場合、他にも植物を植えているのなら柵を作ったり、区切ったりして育てていくのもいいでしょう。

そのほうが育てやすいという場合もあります。

 

初夏から秋にかけて楽しむ

ジュズサンゴは元々南アメリカの熱帯地域の植物です。

そのため、寒さには弱いという性質を持っています。

半つる性なので、庭植えで育てていくと1メートルから2メートルほどの大きさに成長していきますが、冬になると地上部は枯れてしまいます。

こうした場合でも根が生きていればまだ育つので、冬場は枯れてしまってもそのままにしておくと春にまた復活することがあります。

 

根がはみ出してきたら植え替えよう

鉢でジュズサンゴを育てていく場合、鉢底から根が出てきたら植え替えをしましょう。

根が飛び出していると、水をやっても水切れが起こります。

この場合は根詰まりに陥っている可能性も高いので、大きめの鉢に植え替えて育てていきましょう。

 

まとめ

ジュズサンゴの育て方や柵の使い方を紹介しました。

元々は強い植物なので、春から秋に病気になる可能性は低いです。

冬の様子をしっかり観察しながら育てていきましょう。

 

 

※トップ画像はPhoto by aiponさん@GreenSnap

このコラムが気に入ったらいいね

0
FLORA

FLORA

1985年生まれ。 お花もグリーンも生活の一部。 休日はもっぱらグリーンのあるカフェ巡り。

『直植えなら柵もOK!ジュズサンゴの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の育て方の関連コラム

オリヅルランの育て方の画像

オリヅルランの育て方

オリヅルランは班入りの葉っぱが容姿を引き立てています。 鑑賞用でも人気が高く、草丈も30cm〜80cmと低いです。メインは葉っぱですが小柄な花も咲かせます。 今回はオリズルランの育て方についてご紹介し...

takenaka

2017.05.31

アジアンタムの育て方の画像

アジアンタムの育て方

ワラビ(イノモトソウ)科のホウライシダ属に分類されるアジアンタムは、シダ植物です。 世界の中の温帯~熱帯地域にかけて約200種類あると言われいます。 しかしアジアンタムと言えば、一般的にはアジアンタム...

takenaka

2017.05.12

コウモリランの育て方の画像

コウモリランの育て方

ビカクシダという別名でも呼ばれているコウモリランは、葉が不思議なフォルムをしていることから、インテリアとしての存在を充分に発揮してくれる観葉植物です。 丈夫なことでも知られています。そんなコウモリラン...

takenaka

2017.05.12

イポメアの育て方の画像

イポメアの育て方

葉の形や班が美しく魅力的な植物が人気を高めています。 じゃがいもの園芸品種として栽培されるイポメアについてご紹介します。 カラーリーフにされているイポメアはどのようにして育てていくのが良いのかみていき...

takenaka

2017.05.09

モンステラの育て方の画像

モンステラの育て方

モンステラは丈夫で育てやすく、インテリアとしても人気が高い観葉植物です。 生長すると葉に切れ込みや穴が空くのが入るのが特徴。 モンステラの独特で迫力のある葉は、部屋にひとつ置いておくだけで、南国のよう...

takenaka

2017.04.25

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料