サントリナの画像

サントリナの育て方

  • キク科
  • サントリナ属

サントリナの基本情報

ジャンル

草花

形態

低木

学名

Santolina chamaecyparissus

別名

ワタスギギク

原産地

南欧

サントリナの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

弱い

耐暑性

弱い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
サントリナの育て方の画像

サントリナの育て方

デイジーの仲間でありながら、ラベンダーと名がつく異名をもつサントリナ

ハーブとして使うと様々な効果が期待されるため、健康志向の方にはぴったりのハーブです。サントリナを自宅で育ててみましょう。

基礎情報

日当たり

地中海沿岸に自生するため穏やかで温暖な気候を好みます。プランター、花壇ともに日当たりの良い場所で育てましょう。

 

置き場所

夏場の焼き付けるような日光は苦手なので、プランターならば半日陰の場所に移動させ、花壇ならば遮光板を施してきつい日光を遮る方がいいでしょう。

蒸れが苦手なので、風通しの良い場所が最適になります。

もし葉が生い茂りすぎているならば、剪定するか間引いて風通しを良くするのがいいでしょう。

耐寒性があるため、積雪する寒冷地でも冬越しは容易に可能です。

ただし、霜や寒風に当たりすぎると萎えることもあるので、防寒や風よけの対策はしっかりしておく方がよいでしょう。

春から秋にかけてできるだけ日光を当てることで丈夫な株へと育ちます。

 

水やり

高温多湿が苦手なので、蒸れないよう湿度に気をつけましょう

水やり後に受け皿に水が溜まっているようなら捨ててください。乾燥気味に水やりするのが良いです。

鉢植えは多湿になりすぎため土の表面が乾いてから水をあげます。

庭植えならば、ほとんど水やりは必要ありません。自然に任せるといいでしょう。

特に夏場は株が弱りやすいので、夏越しに気を配りましょう。

冬場の水やりも同じく、乾燥気味に水やりをします。午前中に水をやることで、土が凍る心配もないので午前中に水をあげましょう

 

肥料・追肥

あまり肥料を過度に与えすぎると根腐れしてしまいます。

鉢植えなら春と秋に化成肥料を置き肥するか、液体肥料を3、4回与えるぐらいで大丈夫です。

庭ならば肥料を与えることはほとんど必要ありません。

サントリナは草がメインになるので、観賞用でないかぎり開花前に肥料は施さなくてよいでしょう。

特に夏場の時期は、サントリナが弱りやすい時期なので肥料は絶対に与えないでください。

 

用土

市販の草花用やハーブ用の培養土か、赤玉土、腐葉土、川砂を4と3と3の割合で配合した土を使用します。

腐葉土の代わりにピートモスを使用しても大丈夫です。

過湿にならないよう、水はけの良い用土にすることが大切になります。

鉢植えなら、鉢底石を入れるとさらに排水性は高まります。

 

植え替え・植え付け・種蒔

植え替えの適期は3月から5月か、9月から10月が最適です。

プランターならば、根詰まりを起こしているときが植え替えのタイミングになります。

庭植えの場合、何年も株が元気に育つような場所であれば、植え替えせずともそのまま育てていくことが可能になります。

水はけの良い場所なら同じ場所で何年も育てられるため、植え替えの手間がありません。

植え付けるときは、最適な場所をよくよく吟味してから庭植えしてください。

ワンポイントとして、石組みの上など、一段高い場所に植え付けることで株が蒸れにくくなります。

 

増やし方

挿し木、取り木、種まきで増やしていくことができます。メインは挿し木が多いでしょう。

真夏と真冬を除けば、ほぼ周年挿し木は可能です。

若い枝のほうが発根するスピードが速いため、早い段階で挿し木して、増やしていくとよいです。

枝の先端を10cmほど切り、水で湿らせた用土に挿します。

乾かさないように水を上げ、風通しのよい日陰で管理しておくと1ヶ月ほどで根が出始めます

取り木も真冬と真夏以外の時期ならいつでもできます。

種まきでも増やせますが、日本のような湿度の高い気候では種が実りにくいため、あまりおすすめはできません。

 

病気・害虫

サントリナは茎葉に防虫成分が含まれているため、ドライにしたものをタンスにいれるだけで防虫予防になります。

なので、株が元気に育っていれば病害虫の心配はありません。

まれに抵抗力のない新芽や蕾などの部分にアブラムシがつくことがありますが、すぐに駆除をすることで被害は拡大しません

いずれにしよ、葉のチェックは毎日するようにしましょう。

 

薬用や用途

サントリナには前述の通り、防虫成分が含まれているため害虫の被害が少ないです。

そのため、乾燥させたサントリナをタンスにいれておくだけで、天然の防虫剤になります。

虫を寄せ付けないコンパニオンプランツとして、ラベンダーやローズマリーとともに注目されています。

また香りがいいためドライフラワーにして屋内に吊るしたり、ポプラなどにして香りを楽しむことができます。

アロマテラピーでは咳や喘息に効果が期待されますが、妊婦さんの使用は控えたほうが良いとされます。

ハーブティーとして飲まれることは少ないです。ヨーロッパでは空気を爽やかにするハーブとして植えられています。

 

利用部分

茎葉に防虫成分が含まれているため、茎や葉を主に使用します。

 

管理温度

高温多湿が苦手なので、日本の夏が苦手です。

冬越しは霜や寒風対策をしていれば難なく越せますが、夏越しは株も弱るため気をつける時期になります。

夏越しが難しいため、湿度に気をつけて管理しましょう。

 

種類・品種

サントリナは通称「コットンラベンダー」と言われます。

ラベンダーに似たコンパニオンハーブの性質があり、見た目もフリンジラベンダーに似ています。

しかし、同種ではありません。サントリナはキク科になり、ラベンダーはシソ科です。デイジーの仲間になります。

ヨーロッパではその銀色の葉色が美しいことから、グランドカバーとして庭のアクセントに利用されています。

草丈の短い可愛らしい「ナナ」や、爽やかなイメージのする黄色の「レモンクイーン」、「レモンライム」などの品種があります。

グリーンサントリナ」は鮮やかなグイーン色の葉をつけることから寄せ植えや、花壇のボーダーとして利用されています。

 

収穫

サントリナは年中葉を収穫することができます。

花は二年目から収穫できるので、乾燥させてポプリに使ってみてもいいでしょう。

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

たんぽぽに似た花を咲かせます。

キク科のワタスギギク属に分類され、葉の表面に産毛のような細かい葉が生えており、それが銀色に見えます。

サンゴの形に近い葉姿です。ボタン型の黄色い花を咲かせるので、観賞用として育ててもいいかもしれません。

トリビア

花言葉

花言葉は「さりげない魅力」と「悪を遠ざける」、そして「移り気な人」と3つの意味があります。

前の2つは気取らない魅力と誘惑に負けない強さを感じますが、最後の移り気な人と聞くと、どうしても浮気性な人を連想してしまいますね。

良い意味で捉えにくいですが、旅人のように放浪する自由な心の持ち主だと思えば、少しは名誉挽回できますでしょうか。

独特な香りのため、虫を遠ざける効果があり、そこから転じて悪を遠ざけると花言葉が生まれました。

草丈は小さくとも、香りがあり花は小さくとも鮮やかです。存在感をさりげなくアピールしていますね。

サントリナは見た目の美しさよりも、さりげなく人を褒めることに使えるプレゼントになります。

 

由来伝承

サントリナは和名「綿杉菊」と漢字で書き、綿毛が生えたような葉が杉の葉に似ているため、そこから命名されました。

学名はラテン語の「聖なる」という「Sanctum」 と、「亜麻」の意味である 「Linum」 が語源になります。

16世紀にフランスのユグノー教徒がイギリスに持ち込んだことから、イギリスではメジャーなガーデン植物になりました。

 

まとめ

サントリーと名前を聞き間違えそうな、ハーブであるサントリナの育て方をご紹介しました。

防虫効果が期待されるので、オーガニック志向の方にぜひとも育てていただきたいハーブです。

ほのかに服についた香りで、さりげない魅力を演出できます。

お気に入りの服とあなたの人生に悪い虫がつかないよう、サントリナをライフスタイルに取り込みましょう。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『サントリナの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

モッコウバラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 モッコウバラの育て方へ

エリゲロン

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 エリゲロンの育て方へ

マーガレット

古くから恋占いに使われてきた マーガレットの育て方へ

ボンザマーガレット

1株で鉢いっぱいに花が咲き広がります。美しいドーム状にまとまり花付きもバツグン。世界でも有数の多彩・... ボンザマーガレットの育て方へ

スイートアリッサム

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 スイートアリッサムの育て方へ

チューリップ

日当たりの良い場所で育ててください。 チューリップの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料