アベリアの画像

アベリアの育て方

  • スイカズラ科
  • アベリア属

アベリアの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Abelia 'Edward Goucher'

別名

ハナツクバネウツギ,ツクバネウツギ,ハナゾノウクバネウツギ

原産地

園芸品種

アベリアの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

アベリアの特徴

春〜秋の長い期間、鐘形の小さい花をたくさん咲かせる常緑性の低木。花の香りが豊かで排気ガスに強く、丈夫で育てやすいので街路樹などによく使われます。

アベリアの育て方

育てる場所

水はけがよい場所が適しています。日陰では花が咲きにくくなる為、日向で育てましょう。

水やり

表土が乾いたら、水を与えましょう。

肥料

寒肥を2月~3月に与え、開花中盤の9月中旬に、緩効性化成肥料を与えます。

病害虫

ほぼ発生しません。

用土

水はけ、保水、腐植質に富んだ、赤玉土(細粒)5:鹿沼土(細粒)2:腐葉土3の割合で配合した用土を用います。

植え付け・植え替え

植えつけは、真夏と真冬を避けます。庭植えの場合は、根鉢の2倍の深さと幅の植え穴を掘ります。植え穴の1/3ほど腐葉土を混ぜて植えつけます。根鉢のまわりに十分に水を注ぎながら、上から叩いて根と植え土をなじませます。鉢植えの場合は、根鉢を1/3程度くずし、一回り大きな鉢に植え、たっぷり水を与えます。

増やし方

さし木でふやします。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

アジュガ

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 アジュガの育て方へ

モッコウバラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 モッコウバラの育て方へ

ハイビスカス

日なたを好みますので、できるだけ日光の当たる屋外へ置いてください。真夏は風通しの良い場所が望ましいで... ハイビスカスの育て方へ

チコリ

白菜のような結球を持ち、夏には花茎を伸ばし、青色の花を咲かせます。野菜としても栽培されており、ヨーロ... チコリの育て方へ

アンゲロニア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 アンゲロニアの育て方へ

ブラッククローバー

日当たりの良い場所を好みます。真夏の暑さに弱いので夏は明るい日陰で育てます。 ブラッククローバーの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料