シレネの画像

シレネの育て方

  • ナデシコ科
  • シレネ属

シレネの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Silene

別名

原産地

欧州、北米、南米、アフリカ

シレネの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

やや弱い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
シレネの育て方の画像

シレネの育て方

シレネは種類によって、一年で枯れてしまうものや毎年咲いているもの、生長して小さな木のようになるものなど、

種類によってさまざまな顔を持つ植物です。

今回はそんなシレネの育て方について解説していきます。

基礎情報

日当たり

シレネは日なたを好みます。

ですが、種類によっては高温多湿に弱い種もあるので、鉢植えで育てる場合、夏は明るい日陰で育てるのが好ましいです。

花壇などで育てる場合は、日の当たる場所で育ててあげましょう。

 

置き場所

シレネは太陽の光を好みますが、高温多湿な環境を好みません。

ですので、夏などにベランダなどで放っておくのはやめましょう。

鉢などで育てる場合は、明るい日陰で保管します。

花壇の場合は、日なたでも大丈夫です。

また、寒さに強く、冬は氷点下になっても枯れないという長所があります。

 

水やり

シレネは他の植物よりも、乾燥している状態を好みます。

土が乾いたらたくさん水を掛けてあげましょう。

あげすぎると、根元が腐ってしまうので月に数回程度でとどめておきましょう。

花壇で育てる場合は、水やりは必要ありません。

また、土の排水性を高めるために植える前に鉢底石を置くなどしてあげるとよいです。

 

 

シレネは夏に開花し、冬に枯れてしまう植物です。

 

 

肥料・追肥

花壇で育てる場合は肥料をあげる必要はありません。

むしろあげすぎてしまうと、根が痛んでしまいます。

鉢植えで育てる場合でも、肥料をあげるのは月2回程度に止めておきましょう。

 

 

用土

シレネは水はけのよい、弱アルカリ性の土を使うようにしましょう。

 

 

植え替え・植え付け・種蒔

シレネを植える適期は春頃か秋頃になります。

多年草のタイプは数年に一度、植え替えも兼ねて株分けをするようにしましょう。

植えたまま放置しておくと、根も古くなり枯れやすくなります。

 

 

増やし方

シレネを増やしたいときは、種をまき直すか、挿し芽、または株分けをすることで増やすことができます。

 

病気・害虫

シレネは病気にかかりにくい花ですが、春や秋にはアブラムシが発生しやすくなります。定期的に葉の裏側を見て、アブラムシが付着しているようなら取り除いてあげましょう。

 

 

管理温度

シレネは耐寒性が強く、氷点下になっても枯れないという強みがあります。

しかし高温多湿を嫌うので、夏場などは注意です。

鉢植えで育てる場合は明るい日陰で育ててあげるようにしましょう。

 

 

種類・品種

シレネは、世界で約300種もの仲間が確認されている、多種多様な花です。

大抵の種はヨーロッパや北半球に咲いていますが、南アフリカや南アメリカなどでも自生していることが確認されています。

シレネは大きく2つに分けて、アルメリア種ペンデュラ種の2つに分類することができます。

アルメリアは種は、花弁の下側が細長い管のようになっていて、先端は5つに分かれています。

直径1センチほどの濃い赤色や桃色、白い花を咲かせます。

小さな花弁がたくさん集まって咲いているので、まとまった大きな花のように見えるのが特徴です。

ペンデュラ種はアルメリア種よりも品種改良が盛んに行われています。

一重に咲いたり半八重咲きなど、咲き方は様々です。

花の直径は2センチくらいで、白色やピンク色の花を咲かせます。

がくが袋のように膨らみ、次第に大きくなるところから「フクロナデシコ」や、花の形が桜に似ているため、

サクラマンテマ」「サクラギソウ」などとも呼ばれています。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

アルメリア種のシレネだと、花の長さは直径1センチ程度。

開花しても花弁の下部はつぼみのようにすぼんでいますが、

先端は5つに別れ、濃い赤色やピンク、白色の花を咲かせます。

一つ一つは小さな花ですが、その花たちが集まって咲くと、大輪の花のように見えます。

ペンデュラ種のシレネは品種改良が様々で、決まった形はありません。

代表的な品種改良種は、「ユニフローラ」です。

がくがぷっくりと膨らみ、花弁が垂れ下がるように育つのが特徴です。

花の色はおもにピンクと白で、ときには八重咲きで咲く品種もあります。

 

トリビア

花言葉

シレネの花言葉は、「偽りの愛」「未練」「しつこさ」「罠」「誘惑」などです。

あまり気持ちいいの言葉ではないですよね。これは、シレネの一種である「ムシトリナデシコ」の特徴から来ているものです。

ムシトリナデシコは、茎の上部から粘着質な液体を出します。これが「虫を取るためだ」と思われたことから、

ムシトリナデシコという呼び方になりました。

その粘液を出す特徴から、「粘着質」や「罠」「誘惑」などのトラップを連想させる花言葉になりました。

しかし、ここで注意しておくべきなのは、シレネは食虫植物ではないということです。

 

由来伝承

シレネの「しつこさ」という花言葉にもあるように、シレネの花は粘着性のある液体を出す品種が多いです。

その点を他のものに例えた説は古くからあり、

太古の昔、酒の神バッカスの養父・シレネが酔い潰れて口から泡を吹いていたことから、

ギリシャ語で唾を意味する「シアロン」と養父の名前をかけ合わせて、「シレネ」と呼ばれるようになりました。

 

 

まとめ

今回はナデシコ科のシレネについてご紹介しました。

シレネの大きな特徴は、茎から出る粘着質な液体です。

この液体から「しつこさ」や「罠」などの花言葉が作られるなんて、面白い花ですよね。

「しつこい」というと聞こえが悪いかもしれませんが、それは裏を返せば神経が図太く、諦めにくいということです。

シレネは耐寒性があり、寒さに強いという一面も持っています。

粘着質なだけでなく、実は我慢強い植物でもあるのです。

そしてシレネは小さな花が集まって、大きな花ように見えます。

マイナスの花言葉だからと、贈るのやめずに、

「小さな努力が開花しますように」という願いを込めて贈られてみてはいかががでしょうか。

 

 

※トップ画像はPhoto by AKIさん@GreenSnap

FLORA

FLORA

1985年生まれ。 お花もグリーンも生活の一部。 休日はもっぱらグリーンのあるカフェ巡り。

『シレネの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

ボケ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ボケの育て方へ

ハツユキカズラ

明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てます。 ハツユキカズラの育て方へ

エリカ

エリカ属にはおよそ740種があり、日本では50品種程度あると言われています。開花期は、種類によりそれ... エリカの育て方へ

イベリス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。 イベリスの育て方へ

トキワマンサク

明るい日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。 トキワマンサクの育て方へ

ブルーサルビア

日当たりを好み、水はけがよく、しかも乾燥しないところが適地です。 ブルーサルビアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料