ハツユキソウの画像

ハツユキソウの育て方

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属

ハツユキソウの基本情報

ジャンル

草花

形態

一年草

学名

Euphorbia marginata

別名

ユーフォルビア・マルギナタ

原産地

アメリカ

ハツユキソウの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

普通

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ハツユキソウの育て方の画像

ハツユキソウの育て方

漢字では「初雪草」と表記されるハツユキソウは、正式な学名は「ユーフォルビア・マルギナタ」です。

北アメリカが原産地となっていて、トウダイグサ科のユーフォルビア属に分類されているそんなハツユキソウの育て方について、詳しく見ていく事にしましょう。

基礎情報

日当たり

ハツユキソウは、お日様の光を好む性質があります。

名前のイメージから冬の草花であると誤解される方も多いようですが、実は夏の花壇を美しく彩ってくれて良いアクセントにもなるカラーリーフとなっています。

また真夏の暑い時期の直射日光にも負けず、強いのも特徴です。

逆に日光不足になってしまうと株全体がひ弱な感じになってきてしまう為、しっかりと太陽光に当ててあげるのがポイントとなります。

 

置き場所

ハツユキソウは、日当たりが十分に確保できる場所で育てるのが最適です。

ですので室内よりも戸外で管理する方がより向いています。

日照不足は、葉の色や生育自体が鈍ってしまう事がありますので注意が必要です。

またハツユキソウというのは、本来は多年草に分類されていますが、日本の寒さでは冬には枯れてしまう為、一年草として園芸上では扱われています。

 

水やり

ハツユキソウの夏の水やりですが、庭に地植えする場合には、降雨任せでほぼ大丈夫です。

しかし、雨が何日間も降らなかったり、乾燥も長く続いてしまうようならば、水やりを行う必要があります。

プランターや鉢植えの場合には、土の表面が乾いてしまっていたら十分に行うようにしましょう。

乾燥には強いとは言っても、全く水やりが必要無いという訳ではありませんので勘違いしないようにして下さい。

空気があまりに乾燥したままでいると、葉の色や生育に悪影響が出てきてしまいます。

 

肥料・追肥

ハツユキソウの肥料についてですが、庭に地植えする場合には、完熟堆肥や腐葉土を元肥として用土の中にすき込んでおくようにして下さい。

追肥ですが、7〜8月の夏の時期になると葉が色づき始めます。

その頃を見計らって、少量でいいので即効性の化成肥料を施すようにしましょう。

プランターや鉢植えの場合には、本葉が出始めてきたら、これも少量でいいので緩行性の化成肥料を定期的に施すようにして下さい。

いずれの場合であっても、肥料のやり過ぎ(多肥)は、草丈が大きくなってしまい倒れやすくなる原因となってきますので、様子をよく観察しながら適宜調整するようにすると良いでしょう。

 

用土

ハツユキソウには、水はけの良い土が最適です。

園芸店で売られている草花用の培養土を利用してもいいですし、自分で作りたいというような場合には、「赤玉土7:腐葉土3」の割合で配合した土を使うようにします。

 

植え替え・植え付け・種蒔

ハツユキソウの種蒔に適した時期は、4月下旬〜5月頃となっています。

発芽に適した温度は、20〜25℃と高い為、必ず暖かい季節になってから蒔くようにしましょう。

ハツユキソウは、直根性があるので移植を嫌う性質を持っています。

根を傷つけてしますと、その後は根付きにくい為、鉢や庭に直まきにするか、ポットまきで行うようにします。

2〜3粒づつ種蒔をした後は、1cm程度の土を被せます。発芽した後に間引き作業を行います。

そして本葉が6〜8枚くらいになったら、定植を行います。もしくは 苗がまだ小さな間に植え付けを行うようにします。

この場合は、定期的に摘心を行って枝数を増やしていくように管理します。

摘心を行わないと草丈が大きくなり過ぎて、草姿が悪くなる原因となります。

摘心は5〜7月頃に2回くらいを目安に行うようにしましょう。

摘心をしても強風などで傾いてしまった場合には、株元に土を寄せるようにするか、支柱を立ててあげるようにします。

植え替えは、晩秋〜冬には枯れてしまう為、一度植え付けを行った後は植え替えを行う必要はありませんが、どうしても植え替えをしないといけないような時には、土はあまりいじらず、新しい鉢にそっと置き、その上に土を流し込むようにします。

根を崩してしまうと直根性がある為、ダメになってしまう事が多いので注意するようにして下さい。

 

増やし方

ハツユキソウは、種蒔で増やす事ができますが、こぼれ種からでもよく発芽して増えてくれます。

 

病気・害虫

ハツユキソウに発生しやすい病気としては、ウドンコ病が知られています。

ウドンコ病というのは、葉の部分にうどんの粉のような白いものが付きます。これはカビです。

これに覆われてしまうと、弱って枯れてしまいますので、できるだけ早めの対処が必要となります。

殺菌剤をまいて駆除を行うようにして下さい。またハツユキソウには、ハダニが付きやすいです。

ハダニは、気温が高くてかつ乾燥した環境下になると発生しやすくなり、葉の裏側に付いて吸汁する性質があります。

そのまま放っておくと、どんどん被害が拡大してしまいますので、発見次第これも早めに薬剤を使って、駆除を行うようにします。

 

管理温度

種蒔を行う際の適温は、20〜25℃となっていますので、春になってからがベストです。

とにかく発芽させるには、十分な気温が必要となってきます。

多湿には弱い性質がありますので、日当たりの良い場所で、乾燥気味に育てる事が基本とはなりますが、そうは言っても、極端な乾燥も生育には良くありませんので注意を払う必要があります。

 

種類・品種

ハツユキソウの品種でよく知られているのは、「氷河」と「黄河」です。

「氷河」は、葉の部分に白色をした覆輪が入るのが特徴です。

「黄河」は、葉の部分が秋になると黄色から紅色へと変わるのが特徴となっています。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

ハツユキソウの花は、夏の時期になると葉っぱの先端部分に白色の小さな花を付けますが、目立つような花ではありません。

クリスマスの時期に、よく園芸店の店先などに出回るポインセチアと同じ仲間ですので、花や葉の付き方がとてもよく似ています。

ハツユキソウの醍醐味は、花よりも斑入りの美しい葉っぱとなっています。

開花時期になると、頂部の葉には白色の斑が入ってきて、まるで雪が降り積もっているようにも見えます。

暑い夏の花壇に、涼し気な印象を与えてくれるのでとてもおすすめです。

葉の部分は、葉焼けにも強い性質を持っており、美しい姿を見せてくれるので、夏の葉物の中では貴重な存在です。

配植ならばアクセントとして使うのが一般的ですが、群植させると目を引き見事です。

ハツユキソウを切り花として利用する場合の注意点としては、切り口部分から白い乳液のようなものが出てきます。

それによって肌がカブれてしまう事がありますので注意するようにして下さい。

この乳液のようなものは流水で取り除くようにすると、水揚げの具合も良くなりますのでぜひ覚えておくようにしましょう。

 

トリビア

花言葉

ハツユキソウの花言葉は3つあります。それは、「好奇心」「「穏やかな生活」「祝福」です。

「穏やかな生活」や「祝福」という花言葉は、家族や親しい友人のお誕生日や結婚した人に贈るのにピッタリでおすすめです。

花言葉を意識してみると新たな発見があって勉強にもなり楽しいと思います。

ただし、「好奇心」という花言葉は、贈る機会はかなり限られてしまう花言葉となっていますので、贈る際には注意するようにしましょう。

 

由来伝承

ハツユキソウの名前の由来は、葉っぱの部分が白く縁取られている姿が、まるで初雪が積もっているように見える様子から、ハツユキソウ(初雪草)と名付けられたと言われています。

しかし園芸店で流通する時は、このハツユキソウの名前以外に、単に「ユーフォルビア」の名前で出回る事も多いです。

英語では、ハツユキソウは、「snow on the mountain」という「山の雪」を意味する英名を持っています。

正式な学名としては、「ユーフォルビア・マルギナタ」です。

 

まとめ

今回は、夏の花壇に涼し気な雰囲気を与えてくれるハツユキソウの育て方についてご紹介してきました。

夏によく生育し、美しく特徴的な葉姿を楽しませてくれるので、夏のガーデニングや寄せ植えのアクセント、切り花としてもとてもおすすめです。

夏らしい明るい色味のお花も素敵ですが、ハツユキソウもとても存在感がありますので、ぜひ一度この記事を参考にして育ててみて欲しい植物です。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『ハツユキソウの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

ビーダンス

はちみつのような香りと鮮やかな花色が特徴。圧倒的な生育力で鉢植え、花壇植え、グランドカバーなど楽しみ... ビーダンスの育て方へ

ヤブコウジ

真夏の直射日光の当たらない半日陰か明るい日陰で管理します。 ヤブコウジの育て方へ

レウコフィルム

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は-5℃まで耐えます。... レウコフィルムの育て方へ

カルーナ

涼しく、やせた酸性土を好みます。 カルーナの育て方へ

ギョリュウバイ

細い枝に赤、ピンク、白などのウメのような小花を多数咲かせます。尖っており、硬い、小さい葉を持ちます。... ギョリュウバイの育て方へ

ハエマンサス

「冬生育タイプと夏生育タイプがあります。 ハエマンサスの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料