キララの画像

キララの育て方

  • キク科
  • オステオスペルマム属

キララの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

-

別名

原産地

南アフリカ

キララの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
キララの育て方の画像

キララの育て方

初心者向けの園芸品種で、オステオスペルマム属と育て方が同じの、キララと呼ばれる観葉植物が人気を集めています。

黄色の大きな花を咲かせる華麗な植物です。

今回は、オステオスペルマムの育て方に基づいてキララについてご紹介します。

基礎情報

日当たり

日光を好む植物ですので、真夏と真冬以外は日当たりのよい場所で管理して下さい。

直射日光でも耐えられる性質ですので、戸外でも気にしないで育てられます。

1日の中で半分の時間は日に当てられるようにしておきましょう。

キララが分類されているオステオスペルマム属は、高温多湿に弱いです。

梅雨時や真夏の直射日光には当たらないようにし、風通しが良く涼しい日陰に移動させるのが無難です。

冬は、霜が当らない日当たりの良いところに飾ります。

 

置き場所

高温と多湿の環境は苦手ですので、雨ざらしにしないように注意しましょう。

体も凍えるほどの季節になったら、軒下などに移動させ、霜に当てないようにします。室内に取り込んで置くことをお勧めします。

キララは、一年草や二年草の植物であることが多いです。夏越しができたとしても株自体は徐々に枯れてしまいます。

夏越し出来たら長持ちしたなぐらいの気持ちで観察しておきましょう。

 

水やり

オステオスペルマムは、鉢底から水が滲み出るほどの量を与えます。季節問わず行います

生長が鈍る時期に差し掛かっても、水を与えるペースを乱すこと無くあげましょう。

土の表面が乾いていたら、水やりをするタイミングです。水量も変わらず、鉢底から水が出てくるぐらいたっぷりと与えましょう。

この作業を行うことで、土中にある雑菌などを一緒に流してくれる効果があります。

真冬になっても、水やりは土の表面が乾いていたら鉢の底から水がしみ出てくるぐらいしっかりと流し込んであげましょう。

土の表面が乾いている状態というのは、土の上を手で触ってみて乾いていたときのことを表します。

真冬の時に注意してほしいことが、土の表面が乾燥していても土の中は湿っていることがあります。

この状態で水を加算してしまうと、根腐れを起こしてやがて枯れてしまいます。

割りばしを使って土の中を確認してから水やりをしましょう。

 

肥料・追肥

キララを植え付けるときに「元肥」として緩効性化成肥料を施しておきましょう。

生長期には、「追肥」で固形肥料と液体肥料を施肥します。

固形肥料は1か月に1回で、液体肥料には、1週間に1回のペースにしてください。

キララの生長期は、9月から11月と3月から6月です。肥料は花を咲き続けさせるためにも必要なことです。

ただし、真夏と真冬は避けておきましょう。

活動が鈍っている時期で、この時期に肥料が加わると吸収力が無いので土全体の肥料成分が濃くなります。

濃度が高くなると「肥料やけ」、「根腐れ」の原因になります。植え込みの後すぐも危険です。

 

用土

一般的には市販の「花と野菜の培養土」を用います。キララには、水はけの良い有機質に富んだ用土が必要です。

自分で作る場合は、赤玉土と腐葉土を6:4の割合で混ぜ合わせてください。

古い土を使い続けていると菌が繁殖して病気になりやすかったり、害虫に浸食されてしまいますので、新しい土に植え替えることも忘れないでおきましょう。

 

植え替え・植え付け・種蒔

育てられるときは、育苗ポットに入った苗を購入すると思われますが、植え付けのときに苗から取り出したら土を取らずにそのまま植え付けてください。

長期間ポットに植えられていた苗は、取り外した際に根が伸びてグルグル巻いていることがあります。

この場合は、手でほぐしてから植え付けるようにします。オステオスペルマムの植え替えは、2年が目安とされています。

キララも2年ごとに植え替えを行ってあげると良いでしょう。

植え付けのときに、培養土を使って作業するときは元肥は必要ありません。

培養土の中には肥料も含まれていますので、濃度が濃くなってしまいます。

 

増やし方

挿し芽で増やすことが可能です。6月か9月に行うと上手く出来ます。

挿し穂の切り口に発根促進剤をつけてから挿すと元気に育ち失敗も少ないでしょう。

 

病気・害虫

キララなどのオステオスペルマムが、被害に遭いやすい病気には「灰カビ病」があります。

害虫では、「アブラムシ」「アザミウマ」「オンシツコナジラミ」です。灰カビ病は、春~冬にかけて起こりやすいです。

害虫は特に春~秋に発生しやすくなります。殺虫剤や殺菌剤などを散布して駆除と予防をしておきましょう。

日常的には風の良く通る場所で育てることが予防に繋がります。

 

管理温度

日光不足になると、花付きが悪くなり咲く花の数も減少してしまいます。

出来るだけ日当たりが良く通風しがある場所で管理しましょう。

キララは耐寒性が高く、マイナス5度になっても耐えることが出来ます。

マイナス5度よりも気温が下がる地域では、軒下に移動させましょう。

冬が越せたら暖かくなる時期の、3・4月辺りから日光に浴びさせるようにしていきましょう。

 

種類・品種

冒頭でも書いたように、キララはオステオスペルマム属の園芸品種でキク科の仲間になります。

キララは南アフリカを原産とした開花の長い品種です。

日本では、オステオスペルマムは多年草とされていますが、そのほとんどは一年草か二年草で長持ちはしません。

オステオスペルマムの品種には、フルティコサムやバーべリエなどを交配させて作られました。

シリーズものでは、ピクニックやシンフォニーが出回っています。

春に花が咲いて上手く夏越しが出来れば、秋にも開花させることが出来ます。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

オステオスペルマムでは、白・ピンク・紫の花色が多いですが、キララは黄色の花を咲かせる園芸品種です。

黄色の品種は同科のディモルフォセカとの交配で誕生しました。黄色の他に白色もあります。

花の形状はマーガレットの様に、花びらを全開にして咲きます。

開花時期は3月~6月の間と、9月~11月の間です。花は次々と咲いてくるので、花がら摘みを行います。

花がらを摘み取ることで、次に花が咲きやすくなります。

冬に差し掛かる10月に、摘心という作業をすることで花がよりきれいにたくさん咲きます。

キララは暑さに耐性が付いていますが、蒸れを防ぐためにも切り戻しを行っておくと良いでしょう。

6月辺りで1度行いましょう。

 

トリビア

風水

キクには、土と金の気が豊富とされています。菊は「聞く」という意味も持ち合わせています。

土の気は安定感・変化運に効果があるとされています。金は金運効果が得られるようです。

成果や金運に繋がる情報が舞い込んでくるかも知れません。食卓や玄関に取り入れると良いとされています。

 

花言葉

キララの花言葉には、「輝く未来へ」という意味があります。

名前からも花の姿からも想像できる良い花言葉ですね。

 

由来伝承

キララは清涼飲料水の会社でも有名な「サントリー」が開発した改良品種です。

サントリーフラワーズが手掛けた品種で人気となっています。

オステオスペルマムの品種の中でも暑さに強く、6月以降になっても花が満開に咲くという特徴があります。

寄せ植えにもオススメとされています。

 

まとめ

今回は、サントリーが改良して作ったキララの育て方についてご紹介しました。

春~秋にかけて目に映りこんでくるような黄色い花を咲かせ魅了します。

夏の暑さにも負けずに開花させるので初心者や夏の時期も花を楽しみたい方に注目していただきたいです。

キラキラとたくさん満開にさせるキララをぜひ育ててみてください。明るい未来が待っているかもしれません。

 

このコラムが気に入ったらいいね

0
takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『キララの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

オトメギキョウ

カンパニュラの鉢物の最も代表的な物。 オトメギキョウの育て方へ

マンデビラ

日当たりと水はけの良い場所を好みます。 マンデビラの育て方へ

アゲラータム

日当たりと水はけのよいところに植え付ける。。 アゲラータムの育て方へ

クコ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 クコの育て方へ

レウコフィルム

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は-5℃まで耐えます。... レウコフィルムの育て方へ

ジュズサンゴ

半日陰で育ててください。 ジュズサンゴの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料