ケイトウの画像

ケイトウの育て方

  • ヒユ科
  • ケイトウ属

ケイトウの基本情報

ジャンル

草花

形態

一年草

学名

Celosia argentea var. cristata

別名

原産地

熱帯地方

ケイトウの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ケイトウの特徴

鮮やかな花色で、夏から秋にかけて開花します。日本では奈良時代頃から親しまれている花です。古名は韓藍(カラアイ)。花房の先端が平たく帯状や扇状に大きく広がり、ニワトリのトサカに似ていることから「鶏頭」と書かれます。トサカの形だけでなく、形状によっていくつかのグループに分類されます。

ケイトウの育て方

育てる場所

日当たりと水はけが良い所で育てます。肥よくな土地よりも少しやせた土の方が小さくまとまり、見栄えよく育てることができます。

水やり

極端に乾かないように水を十分に上げてください。特に種まき〜苗が小さい時期には、乾燥に注意が必要です。

肥料

鉢植えの場合は、本葉が出てから蕾が出るまで、液体肥料を月に3回程度使用してくだい。

病害虫

立枯病、灰色かび病、連作障害、アブラムシ、ヨトウムシ、ハダニ

用土

草花用培養土を使用するか、自分で配合する場合は赤玉土7、腐葉土3の割合で混ぜ合わせた土を使用します。

植え付け・植え替え

花壇や鉢に直接種をまくか、ポットで育苗したものを根鉢を崩さないように注意して植え付けます。種は光を嫌うため、軽く覆土し、発芽まで新聞紙などをかぶせておきます。

増やし方

4~8月に種をまきます。

手入れ

直接種をまき、発芽してきたら間引きは株間10~20cmくらい、分枝の多い大型種では30~40cmくらいの間隔で行います。草丈の高い品種は倒れることもあるので、蕾が出始めるころに支柱を立てるか、株元に土寄せを行いましょう。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

アンゲロニア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 アンゲロニアの育て方へ

ユーカリ・グニー

苗が若い時の葉は卵形で、成長につれて5〜8cmの楕円形になります。葉が小さくて姿がよいので、切り花に... ユーカリ・グニーの育て方へ

アゲラータム

日当たりと水はけのよいところに植え付ける。。 アゲラータムの育て方へ

白雪姫

短日植物で、日が短くなリはじめる9月以降に花芽が出来ます。全世界(特に亜熱帯)に広く広がっており、1... 白雪姫の育て方へ

コシアブラ

新芽は山菜として天ぷらなどに、木材は割箸や工芸品にも使われる。 コシアブラの育て方へ

シロタエギク(ケンタウレア)

きれいなシルバーリーフを持つ常緑多年草です。初夏には黄色の小さな花を咲かせますが、銀色の葉の方が重宝... シロタエギク(ケンタウレア)の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料