コキアの画像

コキアの育て方

  • ヒユ科
  • ホウキギ属

コキアの基本情報

ジャンル

草花

形態

一年草

学名

Kochia scoparia

別名

ホウキギ

原産地

アジア

コキアの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
コキアの育て方の画像

コキアの育て方

水中で生きている丸いまりものようなモジャモジャの葉を生やすコキアの育て方についてご紹介します。

コキアは秋に紅葉する庭木として親しまれています。花の形態にも特徴があるのでそちらにも注目してみてください。

基礎情報

日当たり

日の当たる場所で育てるのが良いでしょう。夏場は直射日光に当たらない場所で管理してください。

鉢植えで育てている場合は、半日陰に移動するようにしてください。

葉の出る冬のあいだはたっぷりと日のあたるとことに置いて下さい。

葉が変色したりしても、刈り取ったりせずに、そのままにして置いて下さい。

 

置き場所

夏は日差しの強い場所で育てていると水やりを行った際に蒸発して水切れが起こしやすくなります。

寒さにも弱く当たると枯れてしまいます。元々コキアは一年草なので枯れてしまいます。

 

水やり

夏場は水切れに注意して育てていきましょう。水やりのタイミングは土が乾いていからしっかりと与えます。

コキアは乾燥した土を好むため庭植えの場合は水やりはさほど必要ありません。

だからといって夏に水やりをしっかり与えていないと元気がなくなってしまいますので朝と夕に水を与えてあげましょう。

水不足になると生長不良になります。特に鉢植えは水切れを起こしやすいので毎日観察してください。

ほとんど枯れてしまって育ちが見られないかもしれませんが、朝に土が乾いていたらたっぷり与えておきましょう。

 

肥料・追肥

種蒔を行う際に、庭植え、鉢植えのどちらの植え方でも緩効性化成肥料を土に混ぜ込んでおきましょう。

コキアの肥料を与える時期には、6月〜7月の間に与えるようになっていますが生育に順応するように液体肥料を追肥します。

チッ素分の多い肥料は草姿が乱れてしまいますのでよく確認してから施しましょう。

 

用土

コキアの用土には「水はけ」と「水もち」の良い土を選択します。この2つの特徴をバランスよく備わった用土を好みます。

庭植えで育てるのであれば、植える場所で掘り起こした土に腐葉土または堆肥を3割混ぜておきましょう。

すぐに使うのではなく1週間程度は寝かせておいてください。

鉢植えにする場合は、小粒の赤玉土と腐葉土を7:3で割った配合土を作りましょう。

 

植え替え・植え付け・種蒔

コキアには春に種蒔を行うと秋の終わりには枯れてしまう一年草です。そのため植え替えることはまずありません。

コキアは移植を嫌うのでどうしても植え替えを行うのであれば小さな苗のうちにしましょう。

種蒔について詳しく説明していきましょう。種を蒔く時期は4月の半ば〜5月辺りに行います。

コキアの発芽温度には、15度が必要です。またコキアの種は非常に小粒で直播きしてその蒔いた部分に少量の土を被せましょう。

土を被せる理由は、乾燥させないためです。何枚か葉っぱが生えてきたら生きの良い株を残して間引きします。

発芽率が悪い原因は「水不足」考えられます。コキアは園芸店などで苗も販売しています。

初心者の方は苗を購入すると無難に育てることができます。

ただし、苗購入では、出来るだけ早めに植えるようにしてください。

ポットのまま長期間置いていると根詰まりを起こして苗自体に老化が始まってしまいます。

勿体無いことにならないよう購入後はすぐに植え替えするようにしましょう。

 

増やし方

コキアは種蒔から増やします。種蒔きのときに注意してほしいことは、直に蒔いて育てるほうが発芽しやすいです。

一度ビニールポットで育ててある程度苗が育ってから植え替えを行うこともできますが、そのときはポットに入っている土を崩さないように慎重に植え替えてください。

最も成功しやすいのは、室内で芽を出してから植え替えるとスムーズに生長します。

また自然発芽でも増やすことができます。冬場は種が落ちます。

落ちた種は春になれば発芽しますのでそのまま置いておきましょう。

 

病気・害虫

コキアは基本的に病害虫の心配のない植物です。ただし、ジメジメした土で育てているとうどんこ病になりやすいです。

さらに、種を蒔いた後に種子をダンゴムシに食べられてしまうことがあります。

アリも巣に持ち帰るために運んでいってしまうので守るようにしておきましょう。

だからといって土を被せすぎると逆に発芽しなくなるので調節しましょう。

葉っぱが生えてきても小さいうちはダンゴムシそしてナメクジに食い荒らされる危険があります。

さらにアブラムシやシロオビメイガという害虫も発生します。

アブラムシは春頃になると発生が多くなる害虫です。

シロオビメイガは蛾の一種でその幼虫が葉っぱに付いて食べられて被害を受けます。

アブラムシを発見したけど農薬で駆除はしたくないときに便利なグッズがあります。

セロハンテープなど粘着力のあるテープです。または使って捨てるときが来た歯ブラシも有効に削ぎ落とすことができます。

 

管理温度

種蒔を行うときに発芽温度が重要になってきます。コキアの発芽には15度前後の気温が必要です。

生育には20度以上の気温が入り用になってきます。

 

種類・品種

コキアの基本的に春の種をまくと6月頃から鑑賞することができ、10月〜11月には紅葉が見られるので育てている間楽しむことができます。

紅葉が終わると枯れてしまう一年草です。植物の中でも目立たない花を咲かせるので葉っぱの印象が強くなるでしょう。

アカザ科の一種でアジアを中心に原産地としています。

畑のキャビアで知られている秋田県の「とんぶり」はコキアの果実を加工して作られた特産品です。

コキアには2タイプの形状に分かれています。

放置していても丸い形に生長するタイプと葉が上を向いて伸びていくタイプがあります。

コキアには何種類かありあますが、主に観賞用に栽培されている品種に「トリコフィラやハナホウキギ」と呼ばれているものがあります。

その他にはシルバーリーフと呼ばれる白色の葉になる「ダイヤモンドダスト」という名前の品種も存在しています。

クリスマスシーズンによく利用されている品種です。草丈が50cm〜1m程度なのでどこでも育てることができます。

コンテナや鉢などに寄せ植えして育てられていることが多いです。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

花は主に8月ごろに咲きますが、花びらがないためあまり目立った花が咲きません。

花を鑑賞するというよりも葉っぱを鑑賞することを目的として育てることが多いです。

そんなコキアの花は葉の付け根に小花を穂状に薄い緑色の花を咲かせます。

 

トリビア

花言葉

コキアの花言葉には、「恵まれた生活」、「あなたに全て打ち明けます」、「夫婦円満」という意味があります。

コキアは放棄の材料にも使われていたことがあり、紅葉を楽しめる植物です。

さらに、畑のキャビアとも言われる種を食べることができることから「恵まれた生活」と言われるようになりました。

最初は緑の葉を生やしますが、秋に近づきに連れ赤色に紅葉する様子から女性が頬を赤らめるという姿と重なり「あなたに全て打ち明けます」という意味が付けられたとされています。

 

由来伝承

コキアには、「ホウキギ」という和名があり古くは箒の材料として用いられていたことからそのまま付けられました。

その他に、ほうき草やスコーピアという別名があります。また、学名で「Scoparia(スコーバリア)」と名付けられ「ほうき状」という意味に因んでいます。日本には中国を経由して伝えられました。

中国では1000年前から栽培されていたと記録されている歴史のある植物です。

 

まとめ

中国から伝えられたホウキギことコキアの育て方についてご紹介しました。

丸みのあるコキアはどことなくまりものように見えます。

草丈もさほど長く伸びないので玄関先や庭などに植えておしゃれな空間を演出してみましょう。コキアの紅葉も楽しんでくださいね。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『コキアの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

ジギタリス

1株植えるだけでイングリッシュガーデンのような雰囲気になることで人気。 ジギタリスの育て方へ

キンセンカ

花色はオレンジや黄色で、草丈は50cm程度になります。切り花から花壇、鉢植えまで幅広く用いられ、冬の... キンセンカの育て方へ

ラナンキュラス

日当たりのよい場所で育てます。ただし冬場はベランダなどの風が当たらない場所が望ましいです。 ラナンキュラスの育て方へ

エキナセア

日当たりと水はけのよいところで育てます。 エキナセアの育て方へ

ソヨゴ

日当たりの良い場所、または半日陰で育ちます。ただし西日の当たらないところで育ててください。 ソヨゴの育て方へ

ムクゲ

日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ムクゲの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード