ノアサガオの画像

ノアサガオの育て方

  • ヒルガオ科
  • イポメア属

ノアサガオの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Ipomoea congesta

別名

原産地

熱帯

ノアサガオの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

普通

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ノアサガオの特徴

一年草のアサガオとは違い、比較的寒さにも強いため、関東以西では冬を越すことができます。流通量が多いのは、オーシャン・ブルーです。花は10cm程度で、房咲き性です。種はほぼできないため、挿し木や茎伏せで繁殖します。

ノアサガオの育て方

育てる場所

日中は日当たりがよく風通しの良い場所で育てます。真夏の西日、夜間の照明が当たらないような場所に移動させましょう。

水やり

咲き始めたら乾かないように十分に水を与えます。夏には朝夕の水やりが必要です。土の中に十分に染み込むまで時間をかけて水やりをします。

肥料

緩効性肥料を元肥として用土に混ぜておきます。2〜3週間毎に化成肥料を置肥し、肥料が切れないように注意します。

病害虫

オンシツコナジラミ、ヨトウムシ

用土

一般的な草花用培養土で十分に育ちます。

植え付け・植え替え

庭への植え付けが好ましいですが、大型のプランターでも育てることができます。

増やし方

5〜6月、8月〜9月につるを切って、挿し木をするか茎伏せします。鉢上げも可能です。

手入れ

咲き終わった花は毎日摘み取ります。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

セラギネラ

日陰でも生育します。強い日光を避ければ、ある程度の日当たりでよく育ちます。 セラギネラの育て方へ

イワダレソウ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 イワダレソウの育て方へ

ギボウシ

明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てましょう。 ギボウシの育て方へ

ハナショウブ

日当たりを好みます。極端に乾燥しない所であれば、あまり場所も選びません。水辺に近いところから、一般の... ハナショウブの育て方へ

エンゼルランプ

赤いランプの様な釣り鐘状の花を咲かす品種。 エンゼルランプの育て方へ

マツバボタン

6月~9月まで咲き続けます。花色も多く、一重咲き、八重咲き、万重咲きがあり、場所によってはタネがこぼ... マツバボタンの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料