ティーツリーの画像

ティーツリーの育て方

  • フトモモ科
  • メラレウカ属

ティーツリーの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

低木

学名

Melaleuca alternifolia

別名

メラレウカ・アルテルニフォリア,メラリウカ・アルテリニフォリア,メラレウカ

原産地

オーストラリア

ティーツリーの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ティーツリーの特徴

樹高は6m程度で、2.5cm程の線形の葉を多数着け、夏には5cm程のブラシ状の白い花が咲きます。別名はメラレウカ。ティーツリーの由来はキャプテン・クックがこの葉をお茶として飲んだからです。葉色が美しい種やブラシのような花を咲かせる種がありますが、中でもメラレウカ・アルテルニフォリアは、さわやかな柑橘系の香りがするため、広く好まれています。ほかにも低温に当たって紅葉する品種もあります。葉には殺菌力および抗感染力があり、古くからオーストラリアの先住民「アボリジニ」が使用しています。現在も精油が幅広く使用されますが、産地によって成分が異なるため、オーストラリアには品質規格があります。

ティーツリーの育て方

育てる場所

年間を通して日当たりのよく、水はけの良い場所で育てます。。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。

水やり

鉢植えの場合は春から秋は乾いたら水を与え、冬は乾かし気味に管理します。

肥料

新芽が伸び出す3〜成長期の5月頃まで、緩効性肥料を施してください。

用土

水はけのよい用土で植えます。草花用培養土を使用するか、自分で配合する場合、赤玉土小粒6、腐葉土3、軽石やパーライト1の配合で混ぜた土を使用します。

植え付け・植え替え

3〜6月に植え付け、植え替えをしましょう。

増やし方

4、9月に茎を7cm程で切り、土か水に挿し木します。1ヶ月程は水切れしないように注意してください。

手入れ

5〜7月に剪定を行います。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

デージー

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 デージーの育て方へ

セキショウ

以前はサトイモ科に属していたものの、性質が違うことから、現在はショウブ科に属しています。川の岸辺など... セキショウの育て方へ

マンゴー

濃厚な甘みで人気のトロピカルフルーツ。市販された果実の中にある種をまくと発芽し、育てることができます... マンゴーの育て方へ

カタクリ

秋から春にかけては日当たりの良い場所で育ててください。夏場は明るい日陰で育ててください。 カタクリの育て方へ

ヒヤシンス

日当たりと水はけの良い場所を好みます。 ヒヤシンスの育て方へ

ナギ

日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。 ナギの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード