シャクヤクの画像

シャクヤクの育て方

  • ボタン科
  • ボタン属

シャクヤクの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Paeonia lactiflora

別名

芍薬

原産地

中国、シベリア

シャクヤクの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

普通

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

シャクヤクの育て方

育てる場所

日当たりの良い場所が適しています。ただし半日陰でも育てる事ができます。

水やり

乾燥を避けて、土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。庭植えの場合、水やりはほとんど不要です。

肥料

植え付けの時に緩効性化成肥料、3月、6月、9月〜10月に草花用化成肥料を与えてます。

病害虫

うどんこ病、灰色かび病、葉枯れ病、アブラムシ、ヨトウムシ、ネコブセンチュウ、コウモリガの幼虫

用土

腐葉土を混ぜた土が適しています。赤玉土中粒4、鹿沼土4、腐葉土2の割合で配合した土を使用します。

植え付け・植え替え

鉢植えの場合は2〜3年に一回植え替えを行います。

増やし方

株分けで増やす事ができます。9月に行うのが最適です。

手入れ

一本の茎に複数の蕾がつくので、蕾を一つだけ残して他の蕾は摘みます。開花後は早めに花がらを取り除きます。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

オシロイバナ

日当たりが良ければ場所を選ばない。丈夫で栽培しやすい花です。 オシロイバナの育て方へ

ガザニア

日当たりと風通しのよいところで育てます。 ガザニアの育て方へ

ガーデニア

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないと... ガーデニアの育て方へ

セネッティ

艶やかな花色、満開の豪華さが特徴です。一般のサイネリアに比べ、花茎がのびのびと長く、星を ちりばめた... セネッティの育て方へ

オダマキ

午前中は日が当たる場所、午後は日が当たらない半日陰で育てます。 オダマキの育て方へ

ハナカイドウ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ハナカイドウの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード