ヒイラギの画像

ヒイラギ

  • コラム: 0記事
  • 投稿画像: 138枚

『用心深さ』『保護』。甘い香りを放ちますが、葉っぱにトゲがあることから「用心深さ」という花言葉がつけられました。「保護」はトゲが魔除けになるといわれていることに由来します。

GreenSnapには、みんなのお家のヒイラギの画像が 138枚投稿されています。ヒイラギのコラムも 0記事あるので、育て方や増やし方、飾り方やアレンジテクニックまで様々な情報を調べることができます。

ヒイラギの新着投稿画像

店長大作戦

28

この青々しく! そして、小さくカワイイ!! この『ヒイラギ』が!!お値段、 Σ298円!! !!!!!!!!!!!!!!! Σ買ってしまうやろおおおおおっ!! ということで、 ベランダ...

miyu

151

Gardenのグリーンだけで Xmasリース。 デコレーション 要るかなぁ〜?

のりっち

121

Xmasぽく寄せ植え🎄 赤が足りなかったので娘から折り紙のツリー折って貰いサンタさんも🤶プラス(*'▽'*)

daigotty

17

一部枯れてしまったので、ラベンダーを付け足してみました。 これも枯れるとは思うけど、ドライでも使える素材だからいいのかな? 来年のために、使える素材を実験のつもりで試します。

ちゃみまる

45

かわいー子発見♡

花子

38

高尾山ケーブルの駅舎の近くに咲いていました。 今の季節だとヒイラギモクセイかなと見ていましたが柊葉でない様子。 これってギンモクセイなのでしょうか?

SAkUTOMO

142

藤つるリースのその後③ 強風後のお散歩で拾ったメタセコイアの雄花 ビーズの様でリボンの様で気に入ってます💓 ただドライにしたらポロポロ落ちる‼ 他は自家製(*´ω`* 雪ダルマらしき...

SAkUTOMO

122

この間picした自家製の藤つるリース こんなんになってます♪ これは使った花材、全て自家製~

よっちゃん

152

昨年、作ったリース ベランダから葉っぱを摘み クリスマスリースしてみました🎄

kawokawo

44

花が咲いたのを見たことないよ…咲かないヒイラギ?

daigotty

27

フレッシュリース第二弾 野性味溢れる、山の恵みのリース。 友人宅の裏山にて採取した山の素材のみで作成しました。 土台はまだ水分を含んでいて、どっしり重く、枯れるとどうなるかもわからない、名前もわか...

やんやん

32

昨日の大掃除の途中で漬けたすだち酒。年明けの楽しみに。 最近帰ってきた時にいい匂いして何かな〜ノボタンでもないし他に香る大きい花ないしでよく見たら柊の花! めっちゃいいかほり(* ॑꒳ ॑* )⋆*...

ヒイラギの基本情報

ジャンル

庭木・花木

形態

高木

学名

Osmanthus heterophyllus

別名

原産地

日本〜台湾

ヒイラギの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

花の種類

ユーフォルビア・マーチニー

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ユーフォルビア・マーチニーの育て方へ

キララ

開花期間が長くオステオスペルマムとは思えないほど多くの花穂があふれるように咲きます。花の中心までクリ... キララの育て方へ

ハマナス

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ハマナスの育て方へ

アスター

暑さに少し弱く、寒さに強い草花です。日当たりのいい場所で育てます。 アスターの育て方へ

ヤブコウジ

真夏の直射日光の当たらない半日陰か明るい日陰で管理します。 ヤブコウジの育て方へ

チコリ

白菜のような結球を持ち、夏には花茎を伸ばし、青色の花を咲かせます。野菜としても栽培されており、ヨーロ... チコリの育て方へ

ソテツ

風通しがよく、日当たりのよい場所を好みます。 ソテツの育て方へ

ホトトギス

風通しの良い、明るい日陰で育ててください。 ホトトギスの育て方へ

レウコフィルム

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は-5℃まで耐えます。... レウコフィルムの育て方へ

セラギネラ

日陰でも生育します。強い日光を避ければ、ある程度の日当たりでよく育ちます。 セラギネラの育て方へ

ハナミズキ

土の表面が乾いたら、たっぷりと水を与えてください。地植えの場合は、よほど乾燥しない限り水やりの必要は... ハナミズキの育て方へ

トレニア

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないと... トレニアの育て方へ

カラー

カラーは大きく分けて、乾燥地域で育つ「畑地性」と湿地地帯で育つ「湿地性」の2タイプがあります。 カラーの育て方へ

サフラン

日当たりと風通しのよい場所で育てます。水耕栽培も可能です。 サフランの育て方へ

オキザリス・デッペイ

日当たりと水はけのよい場所が適します オキザリス・デッペイの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料