ハボタンの画像

ハボタンの育て方

  • アブラナ科
  • アブラナ属

ハボタンの基本情報

ジャンル

草花

形態

多年草

学名

Brassica oleracea var. acephala

別名

葉牡丹

原産地

地中海沿岸

ハボタンの性質

栽培難易度

易しい

耐寒性

普通

耐暑性

強い

耐陰性

時期

種まき

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ハボタンの育て方

育てる場所

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。

水やり

鉢植えの場合、表面が乾いたら鉢底から水が流れるくらいたっぷりと水を与えます。庭植えの場合、乾燥が続かない限り水やりは不要です。

肥料

植え付け時に緩効性肥料を混ぜ込んでおきます。その後は様子を見て必要があれば追肥しますが、10月以降に肥料を与えると、色づきが悪くなってしまうので、控えます。

病害虫

黒腐病、アブラムシ、ハスモンヨトウ、コナガ、アオムシ

用土

水はけのよい用土で植えます。赤玉土7、腐葉土3の割合で混ぜ合わせた土を使用します。

増やし方

種まきで増やすことができます。

手入れ

大きくなりすぎたり、痛んだ下葉は取り除き整えてあげます。

花の新着コラム

花の新着投稿画像

花の種類

モミジ

日当たりの良い場所を好みます。 モミジの育て方へ

シモツケ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 シモツケの育て方へ

エゴノキ

湿り気のある土壌で、適度に剪定をしていくことが、美しく育てるコツです。 エゴノキの育て方へ

テンナンショウ

直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところ... テンナンショウの育て方へ

モクレン

日当たりの良い場所を好みます。大きく成長する為、基本的には鉢植えは行いません。 モクレンの育て方へ

フクジュソウ

基本的には日なたで良いですが、庭植えの場合は木陰、鉢植えであれば半日陰で管理します。 フクジュソウの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料

アプリならサクサク快適!

GreenSnapの公式アプリなら、
60万枚の植物とお花が見放題!

GreenSnapiPhoneアプリ 今すぐ無料ダウンロード