アグラオネマの画像

アグラオネマの育て方

  • サトイモ科
  • アグラオネマ属

アグラオネマの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Aglaonema

別名

原産地

東南アジアなど

アグラオネマの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
アグラオネマの育て方の画像

アグラオネマの育て方

アグラオネマは緑と白が交互に入り交じった観葉植物です。

名前は初耳でも、病院や公共施設などで、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

実はこのアグラオネマ、里芋の親戚なんです。

今回はそんなアグラオネマの育て方について解説していきます。

基礎情報

日当たり

アグラオネマは、日の光が苦手です。

長時間直射日光の下にいると、緑色だった葉っぱが黄色くなりはじめ、やがて弱って枯れ果ててしまいます。

一度、色を失った葉は再生しません。

アグラオネマは、窓の陰など明るい日陰にいることで健やかに育つ観葉植物です。

 

置き場所

アグラオネマは観葉植物なので、屋内で育てるようにしましょう。

日なたにいると、葉の色が落ちてしまいます。

生長期の初夏から初秋頃にかけては、屋外の日陰に出してあげましょう。

こうすることで、アグラオネマの生命力がより強くなります。

このとき、アグラオネマが日なたに出ないように注意しましょう。

 

水やり

アグラオネマは明るい日陰や高温多湿な環境を好む植物です。

そのため気温が上がり始める頃には、土がきちんと乾いたらたくさんお水をあげるようにしてください。

梅雨から真夏にかけては、土が乾ききる前に水やりをしなければなりません。

アグラオネマは湿った環境を好みますから、カラカラの乾ききった状態に長時間に耐えられる植物ではないのです。

水やりに加えて、霧吹きなどを毎日1回ずつかけてあげて土の潤った環境をととえてあげるようにしましょう。

 

気温が低下する秋から冬にかけてのアグラオネマは、水やりをだんだんと控えていくことが大切です。

冬は土が乾いて数日経ってから水やりを行うサイクルでも大丈夫です。

冬は特に、暖房の使用頻度が増える季節です。

ジャングルで育ったアグラオネマは寒さに弱いので、当然室温が低下するとその株自体が弱くなります。

さらにエアコンの風は、アグラオネマを乾燥させてしまうので、湿潤だった状態でも乾燥していると誤解する恐れがあります。

もし、過度に水をあげ過ぎてしまうと、根ごとだめになってしまいます。

アグラオネマに限らず、暖房をつけた状態で栽培するときは、

葉や土の状態、水やりのタイミングなどをよく把握しておくようにしましょう。

 

 

肥料・追肥

肥料はアグラオネマの生長期である初夏から初秋にかけて、1ヶ月と半日、または2ヶ月おきに行うようにしましょう。

アグラオネマには緩行性の肥料が向いています。

冬はアグラオネマの育ちが悪くなるため、あげなくても問題はありません。

むしろあげすぎると、根元が傷んでしまいます。

 

 

用土

土は水はけがよく、保水性の高いものを使うようにしましょう。

市販で売っている観葉植物の培養土で問題ありません。

 

植え替え・植え付け・種蒔

葉の中がアグラオネマの根でぎゅうぎゅうになってしまうと、株そのものが弱ります。

葉が落ちたり、育たなくなったりするので、2年に1度のサイクルで植え替えるようにしましょう。

適期は夏頃です。まず傷んだ根を取り除いて、大きな鉢に株を植え替えましょう。

ここで注意すべきは、新しい鉢を大きくしすぎないことです。

大きすぎると、鉢の中の水をアグラオネマが吸収できなくなってしまいます。

新しい鉢には排水性をあげるために軽石を敷くこと忘れないでくださいね。

用土も水はけのよいものを使います。

土は鉢の3、4センチ下まで土が浸かるように入れましょう。

アグラオネマの根隙間まで土がかぶさるようにして、盛っていきます。

植え替えたあとは、水やりをして土となじませます。

植え替えを行う際は、株分けも同時にやっておくと効率的です。

株分けの時期でなくも、葉が色あせて枯れていたり傷んだりしていたら、茎の根元から葉を取り除いていきましょう。

 

増やし方

アグラオネマは挿し木で株を増やします。

梅雨から夏頃にかけて行うのがベストです。

天気予報などをチェックして、晴れが続く日を見計らって行うようにしましょう。

まず鉢からアグラオネマを抜いて、土を落とします。

次に10センチ程度先端を切り、土に刺さる部分の葉も摘み取っておきましょう。

日陰に1ヶ月程置いておくと、根が出てきます。

葉が落ちて見栄えが悪くなった株は、整え直しながら挿し木を行うようにしましょう。

葉の落ちた上あたりで茎を切り取り、大きく成長した葉は半分程の大きさに切って土を入れた植木鉢に差し込みます。

 

病気・害虫

アグラオネマの天敵はカイガラムシやハダニです。

これらの害虫はアグラオネマの樹液を吸汁し、元気を奪ってしまいます。

弱った植物には、他の害虫たちも寄り付くので負の連鎖が止まりません。

ハダニは水に弱いので、霧吹き等で水をかけることでハダニを減少させることができます。

見つけたら早めに取り除いてしまいましょう。

そして、アグラオネマがかかりやすい病気の一つに「灰色かび病」があります。

灰色かび病にかかると、茎や葉が腐りやすくなり、文字通り、灰色のかびで覆われてしまう病気です。

低温多湿な室内で発生しやすい病気です。

アグラオネマを栽培するときは、なるべき風通しのいい窓際の日陰などで育てるようにしましょう。

そして、害虫がくっつかないように定期的に葉の裏を見てあげるようにするとよいです。

 

 

管理温度

高温多湿を好むアグラオネマは、夏は日陰で保管しておけば問題ないですが、弱点の一つに耐寒性の低さがあります。

何の対策もなしに冬をこすのは厳しいでしょう。

かといって、暖房に当ててもいけません。

冬でも室温が約10℃以上であれば構わないのですが、

難しい場合、夜間は布やダンボール、新聞紙などを掛けてあげて保温に努めましょう。

さらに、乾燥防止のために霧吹きで水をあげることも忘れずに。

きちんと防寒対策をしてあげると、アグラオネマは冬を越します。

 

 

種類・品種

一口にアグラオネマといっても、さまざな種類がありますが、

白と緑のしま模様を持っているのは、全種に共通して言えることです。

ただ一つだけ、他のアグラオネマとは明らかに違う品種があります。

アグラオネマ・ピクタム・トリカラーです。

アグラオネマ・ピクタム・トリカラーは、白と深い緑、そして黄緑に近い3色の色が混じり合った、

まるで迷彩ような模様をした葉っぱが特徴的です。

他には葉型が長いアグラオネマ・クリスプムやアグラオネマ・コンムタツム

葉が丸くて短いアグラオネマ・モデスタムアグラオネマ・カーティシーなど種類や形、模様は多岐に渡ります。

また、アグラオネマ・シルバーキングや、アグラオネマ・シルバークイーンといった、夫婦のような名前を持った品種もあります。

名前の「シルバー」というのは、葉っぱの白い部分が銀色に見えることからつけられた名前です。

シルバーキングシルバークイーンの違いは、シルバークイーンの方がシルバーキングより、やや葉っぱが大きくなるところです。

アグラオネマを買うときは、葉の色が鮮やかで白いまだら模様もきれいに入っている品種を選びましょう。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

アグラオネマの花の開花時期は夏です。

アグラオネマの花は、まるで白い稲穂のような子房をしているのが特徴です。

その子房をまるで赤ちゃんの産着のような形で花弁に包まれています。

 

 

トリビア

風水

アグラオネマは、空気をきれいにする効果があることが研究で解明されています。

アグラオネマはシックハウス症候群の原因ともなる細菌「ホルムアルデヒド」や「ベンゼン」などを除外してくれたりまします。

これは家電量販店などで売っている、市販の空気清浄機では浄化しきれない有害物質なのです。

大切に育てたアグラオネマは、最先端科学にも勝ってしまうこともあるのです。

よく病院などにアグラオネマを飾ってあるのは、ただの飾りではなく、こういった作用を狙ってのこともあるのではないでしょうか。

 

花言葉

アグラオネマの花言葉は「青春の輝き」や「スマート」といった意味があります。

これは部屋に飾ってもそん色のない、アグラオネマの高いインテリア性から来ています。

タイなどでは「アグラオネマは飾ると幸運が訪れる」という言い伝えがあり、富裕層などに高く支持されています。

日本でも、縁起のいい花として贈答用に多く用いられています。

 

 

由来伝承

アグラオネマの由来は、ギリシャ語で「輝く」を意味する「アグオス」と「糸」を意味する「ネーマ」からきていて、

直訳すると「輝く糸」という意味になります。

これはアグラオネマが持つ光沢のある雄しべが、光り輝く糸に見えたことからきています。

タイではアグラオネマは「幸運を呼ぶ植物」として、昔から重宝されています。

そんな信仰深いタイ人が作った、アグラオネマ・ジュエリーという品種もあります。

こちらは、白と緑のまだらが多いアグラオネマの中でも、異彩を放つ品種です。

葉っぱが緑と赤色なのです。

アグラオネマジュエリーもまた、街や雑貨などで見かけることの多い品種であり、

目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。

日本でも、リュック・ベンソン監督の映画「LEON(レオン)」の中で、

ジャン・レノ扮する主人公のレオンが自宅で育てていたシーンから、アグラオネマは一躍有名になるきっかけとなりました。

映画では葉が縦に伸びるタイプでしたが、斜め方向や横に伸びるタイプの品種もあります。

 

まとめ

今回は街や施設のインテリアなどとして、よく目にするアグラオネマをご紹介しました。

アグラオネマは窓の陰など、明るい日陰で元気になる植物です。

アグラオネマは日なたなどでは葉っぱが黄色くなり、弱って枯れていくということに留意すれば、栽培の難しい植物ではありません。

また、アグラオネマは緑と白のしま模様をしているという点では共通していますが、

葉っぱの形や模様のつき方は、種類ごと個体ごとに違います。

みなさんもお気に入りのアグラオネマを見つけてインテリアとして、ご自宅で育てられてみてはいかがでしょうか。

日陰などで毎日霧吹きで水をあげれば、健康を保っていてくれるアグラオネマ。

その恩返しは、空気清浄としてあなたに報いてくれるくれることでしょう。

このコラムが気に入ったらいいね

0
松本光男

松本光男

旅行と食べることが好きです。カフェめぐりや雑貨屋巡りも趣味です。 勉強しながら執筆させていただきます。幅広い内容を発信していきまたいと思います。

『アグラオネマの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

モンステラ

強い直射日光を嫌いますので、年間を通して半日陰で育てます。 モンステラの育て方へ

ディフェンバキア

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 ディフェンバキアの育て方へ

インドボダイジュ

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置きましょう。 インドボダイジュの育て方へ

ツタ

樹木や壁等に張りついて成長する性質があり、フェンスや建物に這って成長していく姿をイメージできるかと思... ツタの育て方へ

ヒポエステス

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。寒さには弱いので10度を下回る地域の場合は... ヒポエステスの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料