フィカス・ウンベラータの画像

フィカス・ウンベラータの育て方

  • クワ科
  • フィクス属

フィカス・ウンベラータの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

高木

学名

Ficus umbellata

別名

原産地

熱帯アフリカ

フィカス・ウンベラータの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

やや強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
フィカス・ウンベラータの育て方の画像

フィカス・ウンベラータの育て方

15年ほど前からインテリアグリーンとして美容院や雑貨店などで飾られるようになった観葉植物があります。

フィカス・ウンベラータといい、大きな葉っぱをを付けるのが特徴です。

今回は、フィカス・ウンベラータの育て方についてご紹介します。

フィカス・ウンベラータの基礎情報

フィカス・ウンベラータの日当たり

耐陰性のある室内でも育てられる観葉植物です。しかし、基本は日の光が当たる環境が好ましいです。

室内で管理すると言っても、窓際やベランダなどの「明るい日陰」で管理するようにしてください。

日光浴させることが重要です。ただ真夏になると日差しが強いので、直射日光には当たらないように注意してください。

特に西日に当たると葉焼けを起こしやすくなり、きれいな葉っぱが台無しになってしまいます。

 

フィカス・ウンベラータの置き場所

冬場になるとできるだけ気温の高い温かい場所に移動させましょう。

日が沈むとともに窓際では気温が下がってしまいますので、離して管理しましょう。

 

フィカス・ウンベラータの水やり

夏を含めて春から秋にかけては、鉢の底から水が流れ出てくるぐらいに与えてください。

真夏であれば、土の表面を見て乾き始めていたらそのタイミングで水やりを行います。

夏の間は水やりを毎日する習慣をつけておきましょう。

冬は、鉢土の表面が乾いてからすぐに与えるのではなく、数日後にたっぷりと与えます。

目安として、葉っぱが下向きに萎れてくるときも水を欲しているサインです。

さらに、冬だけではないのですが一年を通して葉水を行うようにしましょう。葉が大きいため蒸散をよく行います。

するとより乾燥しやすくなりますので、霧吹きでの水かけも忘れないようにしてください。

 

フィカス・ウンベラータの肥料・追肥

5月〜10月にかけて緩効性化成肥料を与えてください。

2ヶ月に1度施すのが良いでしょう。または液体肥料でも十分に効き目があります。

液体肥料を施すのであれば、10日〜14日に1度与えましょう。

鉢植えを購入したときに土に肥料が入っているときは、施す必要はありません。

 

フィカス・ウンベラータの用土

手っ取り早いのは、「観葉植物用の培養土」です。

観葉植物用の培養土はホームセンターなどでも手軽に購入することができるので、初心者の方でも分かりやすいでしょう。

自分で作った土を用いるのであれば、小粒サイズの赤玉土と腐葉土を6:4の割合で配合するのがおすすめです。

 

フィカス・ウンベラータの植え替え・植え付け・種蒔

フィカス・ウンベラータの植え替えは、2年か3年に1回は行うようにしてください。植え替えには5月〜6月が適期です。

植え替えるタイミングの見分け方としては、鉢の底を覗いて根が鉢から出てきていたときです。

この場合、鉢の中では根がたくさん伸びていて生長できる場所がなくなっています。

そのままにしてしまうと根詰まりなどを起こして枯れます。

植え替えに必要なものとして、一回り大きいサイズの鉢・用土・鉢底石と鉢底ネット・スコップです。

必要であれば手袋やガーデニング用の帽子なども用意しておいてください。

炎天下の中での作業は熱中症になる恐れがありますので帽子は準備しておきましょう。

作業を行うにあたって動きやすい服装で汚れてもいい服を着るようにしましょう。

水やりの必需品と言えば「じょうろ」です。じょうろは100円ショップでも販売しています。

準備が整ったらいざ植え替えを始めましょう。

まず、植え替えを行うのであれば、事前に水やりを控えて鉢の中を乾燥させておきます。

新しい鉢(一回り大きいサイズの鉢)に鉢底ネットを敷いて鉢底石も置いていきます。

その上から3分の1ほど用土を入れていきます。

植えていた鉢からきれいに取り出して、根の土を揉みながら落としていってください。

そこで出てきた根が黒くなっていたら、はさみなどを用いて取り除いてください。

鉢の中心にフィカス・ウンベラータの苗を配置して、周りに用土を敷き詰めていきます。

苗は倒れないように植えていきましょう。水を施して土の中と根を固定させたら植え替え完了です。

1週間は涼しい日陰となる場所で管理し、肥料もやめておきましょう。

植え替えには元から植えていた鉢と同じサイズの鉢でも可能です。その場合は、根を3分の1カットしてから植え替えてください。

 

フィカス・ウンベラータの増やし方

フィカス・ウンベラータの植え替えには、挿し木取り木の方法があります。

どちらの方法でも5月・6月に行うのが良いでしょう。挿し木には、清潔な土と新しく植える容器が必要です。

まず、プランターや鉢などに土を注いでいきます。枝を7cm〜10cmほど切って水をかけて土を湿らします。

切った枝を挿して根が生えてくるまでの間は、土を乾燥させないように水を与え続けます。

管理場所は涼しい場所で日の光が当たらない場所にしてください。

3週間以内には発根しますので、確認できたら土が乾いてから水やりをするようにしましょう

新芽が生えてきたときが植え替えをする時期です。用土には、赤玉土やバーミキュライトなどを使用してください。

挿し木の成功率をアップさせるには、切り口を斜めに切り表面積を広げることです。

大きければ大きいほど水を吸収する力が強くなります。

フィカス・ウンベラータの取り木は、水苔・ビニール・ゴムを用意します。手順としては、根を出させたい茎を決めます。

決めた茎を環状剥皮を行います。水苔を拳より一回り大きくしたものを湿らせて、皮を剥いだ部分に水苔を巻いていきます。

ビニールを用いて密封状態にし、ゴムでしっかり固定していきましょう。

上下にゴムをはめておいてください。ビニールは少し穴を開けて霧吹きができるようにしてきます。

水苔が乾いてきたら水を吹きかけてあげましょう。

外観から見ても根が育っていることが分かるまではそのまま生長させます。

生長したら、ビニールを取り外して根の下をカットします。新しい鉢に植え替えたら完了です。

 

フィカス・ウンベラータの病気・害虫

フィカス・ウンベラータは、害虫がつきやすく葉っぱが枯れてしまうことがあります。

特にハダニやカイガラムシが多く、日照不足や根腐れを引き起こしているときは要注意です。

薬剤として殺ダニ剤や殺虫殺菌剤を撒いておきましょう。捕殺するのも一つの手ですが、手作業なので時間もかかります。

ただ、捕殺は被害を拡大させないということにも繋がります。

さらに、フィカス・ウンベラータには、うどんこ病という白い病斑が葉っぱに出る病気があります。

うどんこ病を初期に発見したときは、被害にあっている葉っぱをちぎって防いだり、重曹などを水に薄めてかける方法もあります。

重曹水を用いるのであれば、重曹1gに対して水を500cc〜1000ccで割ってください。

重曹は食用のものでも可能ですが、重曹の濃度が高すぎるとフィカス・ウンベラータが変形したり、硬直してしまったりすることがあります。

まずはテストしてから、利用できるか判断をしてください。

テストを行って、部分的に吹きかけて負担がないと分かったら安心して使えます。

この方法は初期段階で自然治癒させるための方法です。むやみやたらに使用するのは避けていてください。

 

フィカス・ウンベラータの管理温度

耐暑性に優れており、5度以上の環境で管理します。寒さには若干弱いということです。

5度以下になると葉が落ちて元気が無くなってしまいます。

生育適正温度には12度が最低必要で、18度〜30度が適しています。

 

フィカス・ウンベラータの種類・品種

フィカス・ウンベラータは、クワ科のフィカス属(イチジク属)に分類される観葉植物です。

観葉植物の定番品種でもあり、お店や会社さらには一般家庭でもよく育てられる植物です。

その葉っぱの大きさとハート型からより多くの人に利用されています。

原産地は熱帯アフリカとしています。樹の高さが日本でも5mにも生長する大型種です。

小さいサイズであれば室内でも問題ありませんが、ある程度大きくなると室外で育てることになります。

フィカス・ウンベラータはゴムの木の仲間です。フィカス属には、ベンジャミンやガジュマルといった品種も存在します。

 

フィカス・ウンベラータの花の形態(どんな花を咲かせるのか)

フィカス・ウンベラータは花を咲かせることはありませんが、実をつけることがあります。

梨のような形をしており小さい実になります。

 

フィカス・ウンベラータのトリビア

フィカス・ウンベラータの風水

フィカス・ウンベラータには、「恋愛運上昇」と「リラックス効果」が期待できます。

葉っぱが大きく生えハートの形をしているので「愛」の象徴として恋愛の運気を高めてくれるとされています。

葉っぱが丸いというのは「陰」の気を放出することで「落ち着き」「リラックス」という効果もあります。

誰にでも取り入れられやすい効果のフィカス・ウンベラータは、「南」から「南東」または「西」の方角に飾るのがおすすめです。

風水効果を維持させるためにも、明るい日陰で20度の気温がある場所で管理するように心がけましょう。

 

フィカス・ウンベラータの花言葉

フィカス・ウンベラータには、「永久の幸せ」「すこやか」「夫婦愛」という花言葉があります。

フィカス・ウンベラータは室内で季節を問わず育てることができるという生命力の強さから、「すこやか」という花言葉になっています。

そのため、誕生日のお祝いや母の日、開店祝いなどのお祝い事に贈られる植物でも有名です。

さらに、「永久の幸せ」には葉っぱがハート型をしていることに因みます。

ハートは「愛」を象徴するものですが、調和をもたらしてくれるという効果もあり、オフィスや寝室など様々なシチュエーションで楽しめる植物となっています。

 

フィカス・ウンベラータの由来伝承

フィカス・ウンベラータは学名にすると「Ficus umbellata」となり、Ficusはラテン語でいちじくを表す語となっています。

umbellataは同じくラテン語の「日傘」という意味のumbellaから由来しています。

フィカスはゴムノキの一種であることを表し、ウンベラータは葉っぱの姿が、まるで傘のように見えることから由来しています。

 

まとめ

多くの場所で用いられ親しみのあるフィカス・ウンベラータの育て方についてご紹介しました。

花が咲くことはありませんが、葉っぱのインパクトが強いので十分楽しめるのではないでしょうか。

耐陰性にも優れているので、初心者でも育てやすいです。

恋愛がうまくいっていない人や恋人募集中の人は部屋に飾ってみてはいかがでしょうか。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『フィカス・ウンベラータの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

ストレリチア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ストレリチアの育て方へ

イポメア

よく栽培されるのは、さつまいも(Ipomoea batatas)の園芸種です。夏の暑さにも強く、沖縄... イポメアの育て方へ

オリヅルラン

日当たりの良い場所に置きますが、日陰でも育ちます。寒さが厳しい地域では室内で管理します。 オリヅルランの育て方へ

コウモリラン

樹木に着生しているシダの仲間 コウモリランの育て方へ

ハートカズラ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光もあまり問題ありません。耐陰性もあるので明る... ハートカズラの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料