ストレリチアの画像

ストレリチアの育て方

  • ゴクラクチョウカ科
  • ストレリチア属

ストレリチアの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Strelitzia reginae

別名

ゴクラクチョウカ,極楽鳥花

原産地

南アフリカ

ストレリチアの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

剪定

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ストレリチアの育て方の画像

ストレリチアの育て方

すらっと真っ直ぐに伸びたは葉っぱと特徴的な花を身につけるストレリチアは、品種によってがらりと特徴を変える植物です。

花を楽しむもの、観葉植物として葉っぱを楽しむものなど様々です。

そんなストレリチアの育て方と特徴を見ていきます。

ストレリチアの基礎情報

ストレリチアの日当たり

南アフリカの暖かい場所が原産のストレリチアは、お日さまが好みな植物ですが、耐陰性があり、観葉植物として年中室内に置いていても大丈夫なのが特徴の1つです。

しかし、日光に当たらないとほとんど花を咲かせません。

花つきを良くするためには窓辺や戸外に置いて、日光によく当てる必要があります。

日向から半日陰の場所まで様々な環境で育てることができます。

 

ストレリチアの置き場所

室内で育てる場合には、直射日光の当たるように室内の窓辺で育ててあげるのが良いでしょう。

外で育てる場合は、春から秋の気温が高くなる時期には、なるべく日当たりと水はけがよい場所での育成が望ましいです。

温暖な南アフリカが原産国の植物ですが、耐寒性自体は低くはなく、2℃から3℃ぐらいの気温の保てる場所で霜が当たらないようであれば越冬することが可能です。

海沿いで霜が降らないような暖かい地方では戸外で冬越しをするのも珍しくないです。

 

ストレリチアの水やり

多肉質で、根に水を貯め込むことができるストレリチアは、乾燥に強い植物です。

そのため、水を与えるのは表面の土が乾いてきたと感じられたタイミングです。

生育期に入る4月から10月には、たっぷりと与えるようにします。ですがあまり与えすぎるのは禁物です。

庭植えで育てている場合には、根付いた後はよほど極端に乾燥する日が続かない限りは水を与える必要はありません。

冬場はストレリチアの生育が止まる季節です。

特にこの時期に水を与えすぎるのは禁物で、根から水を吸いきることができず、根腐れを起こしてしまう原因となってしまいます。

やや乾かし気味にして、水やりの回数をできるだけ減らします。

乾燥が気になるときは、葉っぱの表面部分に霧吹きを使って水を吹きかける葉水をすることで、色とツヤを保つことができます。

 

ストレリチアの肥料・追肥

4月から10月の生育が盛んになる時期には、ストレリチアは新しい葉っぱをどんどん生やして大きくなっていきます。

そのため、肥料を与えることで生育をサポートする必要があります。

窒素、リン酸、カリウムの3要素が棟梁入ったものかリン酸がやや多めに入っている肥料を置き肥するか、液体タイプの肥料を水やり代わりに与えます。

置き肥の場合は緩行性のあるものを2ヶ月に1回程度、液体タイプのものは2週間に1度程度のペースで与えるのが望ましいです。

一方で冬場の時期ですが、生育が緩やかになるためこの時期に肥料を与える必要はありません。

 

ストレリチアの用土

原産地が荒地ということもあり、ストレリチアに好ましい用土は水はけがよいものです。

観葉植物用の培養土を使うか、もしくは自分で配合したものであれば赤玉土を5、パーライトを3、腐葉土を2、もしくは小粒の赤玉土を7、腐葉土を3の割合で混ぜたものを使用します。

 

ストレリチアの植え替え・植え付け・種蒔

ストレリチアは毎年新しい葉っぱをどんどんと生やして、横へと広がっていきます。

それに伴って、根もどんどんと広がっていきます。

根が鉢いっぱいに広がりすぎると、鉢を壊してしまったり、根詰まりを起こして生育が衰えてしまう原因となります。

その結果として、立ち枯れや花つきが悪くなりやすいです。

また、根が太くなりますので、ずっと放っておいたストレリチアの根をほぐすのにも苦労します。

1年か少なくとも2年に1度、植え替えて上げる必要があります。

適期は5月から9月までの間で、庭植えで育てているものを掘り上げる時はなるべく10月中までに済ませる必要があります。

植え替えをする時の手順ですが、まず水やりをなるべく控えて土を乾燥させます。

乾燥させることで土がほぐれやすくなります。

次に、新しく植え替える1回り大きめな鉢の底穴にネット、鉢底石を順番に敷いていきます。

鉢の1/3ほど土を入れたら、ストレリチアを植え替えます。

引き抜いたストレリチアから古くなった土を取り払い、黒ずんだ根っこは切り取ります。

新しい鉢にストレリチアを置いたら、縁の下から2、3cmほどのところまで土を入れて馴染ませます。

終わった後は水をたっぷりを与えます。大きさが気になる場合には、植え替えと同時に株分けをしてしまいます。

 

ストレリチアの増やし方

ストレリチアは一度葉っぱを切り落としてしまうと、そこから新しい葉っぱが生えてこないという性質があります。

そのため、ふやす増やすためには根っこごと切り分ける株分けの方法が望ましいです。

先ほども触れましたが、ストレリチアが育ちすぎて気になる場合にも株分けをします。

株分けをした後ですが、根が傷んでしまっているので明るめの日陰で1ヶ月ほど管理します。

またストレリチアは種子を身につけるようで、そこから育てて実生させる方法もあります。

 

ストレリチアの病気・害虫

ストレリチアにつきやすい害虫ですが、硬い殻をかぶったカイガラムシが一般的に挙げられます。

特に日当たりや風通しが悪い場所で育てているとつきやすく、栄養を吸い取ってしまいます。

薬を散布して避けたいですが、殻が邪魔となって効きづらいです。

数が少ない段階でブラシを直接こすりつけて落としてしまいます。

気温が高くなってきたり、乾燥し始めてきたら要注意です。

また、ナメクジやヤトウムシも比較的付きやすい害虫です。

すぐさま枯れるなどのダメージにはなりませんが、葉っぱが痛む原因となります。

定期的に見守って駆除したり、防虫剤をあらかじめまいて防ぐ必要があります。

病気についてですが、比較的かかりにくい植物です。

それでも注意が必要なのは根腐れで、とくに水はけの悪い状態であったり、水の過度な上げすぎで起こってしまいます。

 

ストレリチアの薬用や用途

観葉植物として人気のあるストレリチアですが、注意が必要なのは種類によって花が咲きにくいものもあることです。

オーガスタと呼ばれる種類は、育て方は同じですが、花が身につきにくく、室内生育で花は咲かないものと考えて育てるのが良さそうです。

 

ストレリチアの管理温度

南アフリカの比較的暖かい地方が原産のストレリチアは、耐暑性があるのはもちろんですが、耐寒性もそこそこ持ち合わせているのが特徴です。

冬場の管理の目安としては2℃から3℃、低くても0℃までの場所で管理するのがおすすめです。

また、霜にあたってしまうと枯れてしまう可能性があるので、屋外で冬越しさせる場合は比較的温暖な地方がいいでしょう。

耐暑性についても目安となるのは40℃で、これ以上高い気温だと葉っぱが丸まってしまったり、苗の方にダメージが及んで枯れてしまいます。

 

ストレリチアの種類・品種

南アフリカが原産国のゴクラクチョウ科(バショウ科)に属しているストレリチアですが、8種類の原種にノンリーフといった園芸種を合わせるとおよそ10の品種があります。

中でも代表的なのが極楽鳥花と呼ばれるストレリチア・レギネ(レギナエ)という品種で、1つのつぼみから花を何度も咲かせ、切り花として人気があります。

ストレチア・レギネはカリフォルニア州のロサンゼルスの市花ともなってます。高さは1mから2mほとど小柄です。

ストレリチア・ニコライと呼ばれる品種は別名オーガスタという流通名で呼ばれ、バナナのように伸びた葉っぱが特徴的で、南国の雰囲気を醸し出します。

大型種で、高さ4mから10mにまで育ちます。

生長が比較的早くて育てやすいものの、3mほどまで育てないと白い花を咲かせません。

オーガスタとして観葉植物として出回っているのは草丈が60cmから180cmほどのものです。

そのため花を楽しむ品種というよりは、観葉植物として葉っぱを楽しむのが一般的です。

ストレリチア・ノンリーフは園芸品種で、生長していくに連れて、葉っぱがだんだんと小さくなっていきます。

まるで茎だけがそびえ立っているように見えることから、ノンリーフと名称が付きました。

インテリアプランツとして主に親しまれています。生育用途、シーン、雰囲気に合わせて種類を選ぶことができます。

 

ストレリチアの花の形態(どんな花を咲かせるのか)

品種によって花の形・色は異なります。

そのため、極楽鳥花とも呼ばれる代表的なストレリチア・レギネについてご紹介します。

オレンジに尖って広がった萼の中から、青色の伸びた花弁をつけ、その姿はまるで派手な鳥のようです。

花持ちの長さは2週間ほどと長めですが、1つのつぼみからは5回程度の花を咲かせます。開花時期は5月から10月です。

 

ストレリチアのトリビア

ストレリチアの風水

丸く伸びる葉っぱはリラックス効果があり、また葉っぱが上に伸びることから、風水上では「陽」の性質を持っているとされます。

リビングなどといった人のいる部屋に置くのがおすすめで、運気を高める効果が期待できます。

 

ストレリチアの花言葉

ストレリチアの花言葉には、「輝かしい未来」、「寛容」、「恋の伊達者」、「気取った恋」というものがあります。

中でも代表的なのが「気取った恋」で、これはストレリチアが咲かせる美しい花を見た人々の、浮かれて喜んでいる姿が由来となったとされています。

 

ストレリチアの由来伝承

属名、学名となっているストレリチアですが、イギリス王ジョージ3世の王妃であったシャーロットの出身家(Mecklenburg-Strelitz 、メクレンブルク・シュトレーリッツ)にちなんでいます。

和名となっている極楽鳥花は、ニューギニア島に生息している風鳥にその花の姿が似ていることに由来します。

極楽鳥の英名は「Bird of paradise」(天国の鳥)ですが、ストレリチアも同様です。

南アフリカが原産の植物ですが、日本に輸入されたのは 1872年以前とされています。

 

まとめ

凛々しく真っ直ぐに伸びた葉っぱが特徴的なストレリチアですが、1つのつぼみから何度も花を咲かせるストレリチア・レギネ、主に葉っぱを鑑賞目的とする花をあまり咲かせないストレリチア・ニコライなど様々な品種があります。

育て方はほとんど同じなため、この記事を参考にしながら用途・雰囲気にあった品種を育ててみてください。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『ストレリチアの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

コルジリネ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当... コルジリネの育て方へ

ネオレゲリア

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないと... ネオレゲリアの育て方へ

エバーフレッシュ

耐陰性がありますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。寒さに弱いので冬は室内の日当たりの... エバーフレッシュの育て方へ

ミリオンバンブー

明るい日陰、または午後は日陰になる場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良... ミリオンバンブーの育て方へ

カンノンチク

一年を通して室内で育てることができます。明るい日陰で育ててください。 カンノンチクの育て方へ

オリヅルラン

日当たりの良い場所に置きますが、日陰でも育ちます。寒さが厳しい地域では室内で管理します。 オリヅルランの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料