ディフェンバキアの画像

ディフェンバキアの育て方

  • サトイモ科
  • ディフェンバキア属

ディフェンバキアの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Dieffenbachia spp.

別名

原産地

熱帯アメリカ

ディフェンバキアの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ディフェンバキアの育て方の画像

ディフェンバキアの育て方

ディフェンバキアはアメリカに30種類もの仲間が存在し、葉に白い模様が入っているのが特徴のサトイモ科の植物です。

今回は、観葉植物としても親しまれているディフェンバキアの育て方について紹介します。

ディフェンバキアの基礎情報

ディフェンバキアの日当たり

ディフェンバキアは、葉が白い模様があることが特徴ということもあり、直射日光は避けるようにしましょう。

直射日光に当たることで、葉焼けし、白ではなく茶色になってしまいます。

そのため、半日陰などで管理すると良いです。

全く日光が当たらないのもよくないので、適度に日光が当てることを意識しましょう。

 

ディフェンバキアの置き場所

ディフェンバキアの置き場所は、基本的に、日当たりを意識して考えるようにしましょう。

そして、先程紹介したように、置き場所は直射日光を避けて、半日陰に管理するようにしてください。

室内で育てる場合は、日当たりの良い場所に置いてあげると良いです。

また、冬場に関しては、ディフェンバキアは寒さを苦手としているので、室内のなかでも温かい場所で管理してあげるようにしましょう。

目安としては10度を下回るようになったら室内に移動させます

5度までは冬越は可能ですが、10度を目安に室内への移動するのが賢明です。

 

ディフェンバキアの水やり

ディフェンバキアの水やりは、一般的な植物と同様で、乾燥気味にするようにします。

土が乾いてから水をたっぷりあげるようにします。

湿った状態が長く続くと根腐れの原因となるので、何度も繰り返し水やりをするのを避けるようにしましょう。

ただし、乾燥気味にしたいのは土であって、葉の部分は湿った状態を好みます。

そのため空気中の湿気が高い方が良いということです。

湿度が低い場合は、霧吹きなどを利用して、葉っぱを濡らすようにしましょう。

冬場の水やりは、控えめにしましょう。基本的に、考え方は夏場と同じで、土は乾燥気味で、葉は湿った状態にするのが良いです。

そのため冬場も乾燥してから水やりをします。

しかし冬は、夏とは違い、水分が蒸発しにくく、すぐに乾燥しないので、土の表面が乾いた程度で水やりをしてしまうと、湿った状況が続いてしまうので、根腐れを起こす危険性が出てきます。

そのため、冬場の水やりは、土が乾いてから2、3日経過してから水やりをしてください。

また、夏場でも紹介した葉っぱへの霧吹きに関しては、冬場も続けておこなうようにしましょう。

 

ディフェンバキアの肥料・追肥

ディフェンバキアに対しての肥料は、春から秋にかけて必要になります。

肥料が少ないと葉を大きくすることができません。また、耐寒性なども落ちてしまいます。

そのため、月に1度のペースでゆっくりと効く緩行性の錠剤型の置き肥をしてあげるようにしましょう。

それに加えて10日に1度のペースで液体肥料も与えます。

冬の時期は、生育の時期も過ぎているので、基本的に肥料は不要です。

 

ディフェンバキアの用土

ディフェンバキアは、先程から何度も紹介していますが、乾燥気味の土を好みます。

そのため、ディフェンバキアに用いる用土には、水はけの良いものを選択しましょう。

冬場は室内で育てることを想定すると、腐葉土よりはピートモスを使用する方がカビの発生を少なくできます。

匂いの面でも腐葉土は相応しくありません。

また、土を配合したい場合は、赤玉土を5、ピートモスを3、バーミキュライトを2の割合で配合したものを使用しましょう。

 

ディフェンバキアの植え替え・植え付け・種蒔

ディフェンバキアは、生育すると段々と大きくなるので、鉢で育ててる場合は、定期的に植え替えをしなければならないことを念頭に入れておきましょう。

だいたい、鉢のなかで、根がいっぱいになってしまうと、十分に養分や水分を吸収することができなくなり、下の方から葉が落ちていくようになり、生育もストップしてしまいます。

そして、その状態を確認するためのチェックポイントは、鉢底です。

鉢底から根が出ている状態は、鉢の中で根が渋滞を起こしてることの証です。

また、水やりをしてもなかなか水を吸ってくれないというのも同じ状況です。

そういったことを確認できたら植え替えにするようにしましょう。

1年に1回が基本だと思っている方もいると思いますが、目安は2年に1回程度で十分です。

また、植え替えの時期としては5月〜8月にかけてが適しています。

植え替えの際は、植えていた時の土はしっかりと落とし、植え替えの時は新しい土に入れて変えるようにしてください。

 

ディフェンバキアの増やし方

ディフェンバキアを増やすには、挿し木あるいは、とり木で行うのが一般的です。

挿し木をする場合は、仕立て直しなどで剪定した茎を有効活用しましょう。

一般的な手順通りに挿し木を行えば、だいたい3週間ほどで根が生えてきます。

その根は十分に伸びたことを確認して、鉢に移していきます。次に、とり木についてご説明します。

とり木は、ガーデニングをしている人でもあまり聞きなれないかもしれません。

この方法では、通常に伸びている茎の途中部分の皮を剥ぎ、そこを水苔を撒き、ビニールを巻くことで、根が生やさせます。挿し木と同様で、だいたい2〜3週間ほどで、根が生えてきます。

そして、こちらも十分に根が伸びるのを待ってから、茎を切り落とし鉢に移動させることで増やすことができます。

 

ディフェンバキアの病気・害虫

ディフェンバキアの害虫や病気についてですが、まず注意すべきなのはハダニです。

ディフェンバキアは乾燥した土を好みますが、ハダニも乾燥した場所を好み、乾燥しているとハダニが発生しやすくなります。

ハダニは、葉の裏についていることも多いでの、ハダニを探す時は、葉の裏もしっかりと確認するようにしましょう。

また、葉に水は吹きかけるだけでも予防になります。

ディフェンバキアの葉に関しては湿気を好むので、霧吹きで満遍なく水を吹きかけてあげることで、ハダニの発生を簡単に防ぐことが可能です。

ハダニが発生した場合は、薬剤を散布することで駆除しましょう。

他にもカイガラムシも発生します。

カイガラムシは、アブラムシのように吸汁することで、葉の養分を奪い、植物の生育を止め、最終的には枯らしてしまいます。

そのため、見つけた時は、すぐに薬剤などで駆除するようにしてください。

病気に関しては、炭そ病があります。

この病気は、葉に斑点ができ、最終的にそれが広がり、株ごと枯らせてしまう病気です。

風通しの悪い場所で管理していると発症しやすい病気です。

この病気は、治療することができないので、病気にかかったらすぐに、病気にかかっている部分を切り取りましょう。そうすることで被害の拡大を防ぐことができます。

 

ディフェンバキアの管理温度

ディフェンバキアは夏に育つ植物なので、基本的に暑さに強い植物です。

逆に冬の寒さを苦手としています。日本での冬越しは、厳しいと言えるでしょう。

ディフェンバキアの冬越しには、最低でも5度以上である必要があります。

もし、元気良く育てたいのであれば、気温が10度以下になるのであれば、室内に移動させるようにしましょう。

冬場の育て方は、人と同じ環境化で育てて問題がありません。

ただし、暖房の風に当たらないように気をつけましょう。

暖房の風に当たることで、水分が蒸発しやすくなるので、葉がカピカピになってしまいます。

冬越後は、気温が13度以上になれば、戸外に移して育てることができます。

 

ディフェンバキアの種類・品種

ディフェンバキアの品種は、熱帯アメリカにおよそ30種類も存在しており、種類によって葉の白い部分の模様が異なったりします。

アンナ」はディフェンバキアの品種のなかでは、小型で、葉の色が濃く緑で、その内側には乳白色の覆輪班に薄めの緑色の斑点が入っており、色鮮やかに感じられる品種です。

カミーラ」も小型の品種で、この品種は、他の品種と比べて白色の斑の部分が大きく、緑色の葉に、淡黄色から乳白色の斑が大きく入っています。

見るからにディフェンバキアの仲間だと感じさせくれます。

他にも「ホワイト・ドリーム」や「トロピック・スノー」、「トロピック・スノー・コンパクタ」などがあります。

 

ディフェンバキアの花の形態(どんな花を咲かせるのか)

ディフェンバキアと言えば、どちらかというと花よりも葉がメインの植物です。

なぜならば、ディフェンバキアの花は白から黄緑白色の間の色をしており、葉に比べて非常に目立ちにくいです。

また、ディフェンバキアの花は肉穂花序と呼ばれ、花単体ではなく、花の集合体であり、棒状になっています。

またこの棒状を包み込むように仏炎苞(フツエンホウ)と呼ばれる苞(ホウ)が付いているので、花が咲いていることにさえ気づきにくくなっています。

 

ディフェンバキアのトリビア

ディフェンバキアの花言葉

ディフェンバキアの花言葉は「危険な恋」です。

花言葉というよりは、葉言葉かもしれませんが、熱帯を思わせるような葉の姿から由来していると言われています。

 

ディフェンバキアの由来伝承

ディフェンバキアは、サトイモ科に分類される植物です。

葉が特徴的で、その姿は人を魅了し観葉植物にも人気の高い植物です。

しかし、ディフェンバキアの葉や茎には、シュウ酸カルシウムと呼ばれる物質が含まれており、これは、触るだけでもかぶれたりする毒性の強いものです。

そのためペットや子どもがいる場合は、あまり栽培がオススメできない植物です。

そのため、英語では「口がきけなくなる植物」を表す「ダムプラント」という名前が付いています。

 

まとめ

今回は、ディフェンバキアの育て方について紹介しました。葉の色は緑と白のコントラストで、観葉植物としても魅力的でオススメです。

しかし、今回紹介したように、実は、ディフェンバキアには毒性のある物質が含まれているということを忘れてはいけません。

もちろん観葉植物としては、見栄えも良いですが、育て方をしっかり注意してする必要があります。

特に子どもなどは、知らず知らずのうちに触ってしまうということもあるので、自宅で育てる場合は、細心の注意を払ったうえで育てるようにしましょう。

また、害虫のハダニを探す際は、葉の裏までしっかりと見る必要もあるので、そういった時に葉を触ってしまうこともあります。

魅力的ではある反面、危険な植物であるディフェンバキアは、「危険な恋」と花言葉が付けられる意味がわかるような気がしますね。

皆さんも育てる際は細心の注意を払ってください。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『ディフェンバキアの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

アレカヤシ

一年を通して室内で育てることができます。明るい日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育て... アレカヤシの育て方へ

ソフォラ

日当たりを好みますが、暑さには弱いので夏は半日陰で育てます。寒さには強いですが、冬場は0℃より下回る... ソフォラの育て方へ

フィカス・ウンベラータ

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... フィカス・ウンベラータの育て方へ

ミルクブッシュ

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当... ミルクブッシュの育て方へ

リュウビンタイ

直射日光を嫌うので、明るい日陰で育ててください。 リュウビンタイの育て方へ

ガジュマル

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... ガジュマルの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料