ネオレゲリアの画像

ネオレゲリアの育て方

  • パイナップル科
  • ネオレゲリア属

ネオレゲリアの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Neoregelia

別名

原産地

南米

ネオレゲリアの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ネオレゲリアの育て方の画像

ネオレゲリアの育て方

常夏のフルーツにふさわしいパイナップルの仲間であるネオレゲリアは、熱帯性の爬虫類のビバリウムレイアウトとして好まれます。

血のような赤黒い独特の花を咲かせ、不思議な魅力に惹かれた愛好家も多いことです。

ネオレゲリアの育生に挑戦してみましょう。

基礎情報

日当たり

ネオレゲリアはパイナップルの仲間になります。

トロピカルなイメージが強く、生息地が赤道に近い熱帯アメリカになるので、

日当たりは年間を通して、日光がよく当たる野外で育ててください。

ネオレゲリアの品種でも赤色系のものは、日光によく当てることで、葉色が鮮やかに、より鮮明な色になります。

直射日光に十分当てさせて大丈夫ですが、何事もやりすぎは毒になります。

猛暑が続く真夏日や日照りがきつすぎる日などは、葉焼けをおこして色が抜けたように変色してしまう場合があります。

またコンクリートやビルに囲まれたところでは、日光が地面に吸収されずに、

照り返しで、通常の倍以上の光量を浴びている可能性があります。

植物の様子をよく観察し、日照りがきついようであれば明るい日陰に避難させ、日光の量を調節してください。

冬場は室内に置き、日当たりのよい窓際で管理することをおすすめします。

 

置き場所

ネオレゲリアは熱帯性の植物なので、年間を通じて日光のよく当たる場所に置いてあげてください。

高温多湿な場所を好みます。

理想は年間を通じて20℃〜30℃の温度が保たれる適度に湿気のある場所です。

日本では四季があるため、この条件は中々厳しいものがあります。

また、耐寒性は5℃と熱帯植物にしては強い方です。

野外であっても、越冬できる強さはあります。

工夫として、スーパーでもらうビニール袋を一枚被せるなどすると、

冬の厳しい寒風が防がれて、それだけで温度が保つことができます。

野外に置きっぱなしにするならば、そういった工夫を加えてみてもいいでしょう。

なるべくビニールに小さな空気穴を開けておいた方が、ネオレゲリアの呼吸が楽になります。

といっても、熱帯性植物に変わりはないので、冬の時期は温かい室内に置くことをおすすめします。

直接エアコンの暖風が当たらない、温かい場所で過ごすと、来年も元気な姿をみせてくれます。

 

水やり

ネオレゲリアは着生植物です。

着生植物とは、土壌に直接と根を下ろさずに、木の上や、岩盤などにくっついて生活する植物全般のことを指します。

寄生植物とは違い、他の植物から養分を吸っているわけでなく、木や岩の表面にただへばりついているといったところです。

そのため土から水を吸い上げるといった、根の持つ本来の機能が退化しています。

根は植物を支えるだけで、おもに水分を吸収するのは葉の部分です。

水やりは葉の部分に与えます。

春から秋頃までは、ロゼット状に広がった葉の筒状の根本に水が溜まっている状態にします。

溜められる量が決まっているので、多くの水やりを必要とすることはありませんが、

常に少量の水が溜まっておく状態を保ちましょう。

特に夏場は暑いので、水が溜まっているかいないか、注意を払っておきましょう。

 

 

冬場は育生しないので、断水させます。

冬に水を与えると、今度は水を吸収しないので、葉っぱに溜まった水が腐ってネオレゲリアが枯れてしまう場合があります。

秋から徐々に水を減らしていき、冬が到来したら、

葉の生え際に溜まっている水はティッシュで拭き取って、霧吹きなどの葉水に変えます。

葉の表面を湿らす程度の吹付けで大丈夫です。

乾燥気味に管理しますが、しっとり潤っている状態を保つため、エアコンの風に注意しましょう。

 

 

肥料・追肥

春から秋の生育期に2ヶ月に一回程度、肥料を与えます。

固形の粒状タイプの肥料を株元にあげるか、液体タイプを2週間に一回程度与えます。

粒状タイプならば、株式会社住友化学園芸の登録商品である「マイガーデン」という肥料がおすすめになります。

アースカラーで追肥しても目立ちにくく、植物全般に使えるものがあるため、初心者の方でも使いやすい肥料になります。

 

 

用土

根が退化してるため、ネオレゲリアは土から栄養を吸収しません。

そのため、洋ランでお馴染みの水ごけ用土や、ヤシ殻用土をおすすめします。

根は土に固定する程度の埋め方です。

細かい砕石などを周りに加えてみると、ネオレゲリアの自生姿に近づくことでしょう。

 

 

植え替え・植え付け・種蒔

植え替えとしては、根詰まりを起こした時に大きな鉢へと植え替えします。

鉢の底から根が出ている状態は、鉢いっぱいに根が広がっているので、放っておくと株自体が枯れる原因になります。

大きく育てたいのであれば、今使用しているものより、一回り大きな鉢へと植え替えることをおすすめします。

 

 

増やし方

ネオレゲリアは種まきで増やすよりも、子株を切り取る株分けで増やしていく植物です。

初夏の5月頃から9月上旬の温かい時期が適期になります。

子株が小さいうちから親株から切り離してしまうと、あまり生長が望ましくありません。

最低でも、子株の葉が5、6枚ほど開いてきてから、親株から外してあげるのがベストです。

根は無くても構いませんが、切り取る際の注意として、基部の固い部分をつけた状態で、

親株から離れたところを切り取ってください。

親株に近いところを切り離すと、活着しない場合があります。

切り離したら、その後は水ごけの用土で活着させて増やしていきます。

 

病気・害虫

ネオレゲリアは害虫発生の心配があります。

葉の裏に寄生する、ハダニやカイガラムシです。

ハダニは養分を吸汁し、葉の葉緑体がすくなくなって透かした色に変わっていきます。

カイガラムシも葉から養分を吸汁するので、葉が茶色く変色していたら、そこにカイガラムシがいる可能性があります。

葉の裏にひっついていないか、裏をめくって確認しましょう。

初期段階で発見すれば、それほど植物への影響は大きくありません。

日々の管理が大切になります。

 

 

管理温度

高温多湿の熱帯地方の植物なので、年間を通じて20℃から30℃ほどの気温で管理することをこころがけます。

冬の寒さ対策として、保温するため、室内で管理してください。

 

種類・品種

ネオレゲリアは北アメリカの亜熱帯や熱帯気候の地域に分布し、

他に南アメリカのメキシコやエクアドル、ボリビアやブラジルなど赤道に近い熱帯アメリカの地域に多く生息しています。

種類は約100種ほどですが、品種改良したものを加えるとおよそ4000近い品種があるとされています。

放射状のロゼット型に葉を方方に広げ、葉縁にとげがあります。

代表的なものに、「Neoregelia carolinae:ネオレゲリア カロライナ」です。

カロライナでも黄白の縦模様がはいった「Tricolor:トリカラー」や、

黄白の葉に開花時は赤く色づく「Frandria:フランドル」といった種類が大変人気があり、

部屋のインテリアや、トロピカルな演出を出したいときにとても印象を強めてくれます。

また日本ではツマベニアナナスの和名がある「Spectabilis:スペクタビリス」は小型種で、「爪紅(ツマベニ)」の名の通り、

葉先が丸く爪のような形をしています。

ネオレゲリアの中でも「Fireball:ファイアーボール」の異名を持つ種類は特に人気があり、

ネオレゲリアの特徴である鮮やかな赤でもまた違った、光沢のあるワインレッドの葉色が、

冷静と情熱に揺らめく炎のように、静かなクールさを物語ります。

どの種類のものが部屋の雰囲気に合うか、吟味してみると楽しくなりますね。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

ネオレゲリアは株の中央に花を咲かせます。

ロゼッタ中央部分にある葉が赤く色づくと、剣山状の花が筒状の葉の内側に咲きます。

また咲いた花は、筒状部の上までは伸び出さずに、こじんまりと小さく咲き誇ります。

開花すると、長期に渡って花の観賞を楽しむことができます。

しかし、ネオレゲリアは一度花が咲くと、その株は二度と開花しません。

何度も咲かせたいのであれば、子株を株分けして咲かせましょう。

ネオレゲリアの生息地の一つであるアマゾンといえば、多種多様な生物が生息する野生の楽園として有名です。

テレビやネットで、一度は目にしたことのあるだろう黄色や青や赤といった、

鮮やかな色をしたヤドクガエルは、一目で毒があると危機を感じます。

このヤドクガエルが繁殖期になると、ネオレゲリアの葉や花の内側に産卵します。

花の上にジェリー状のものがあれば、それはヤドクガエルの卵でしょう。

日本ではヤドクガエルに滅多にお目にかかることはありませんが、ビバリウムレイアウトの植物としても人気があるので、

家の中でプチジャングルを作り、ネオレゲリアの花を咲かせてみることをおすすめします。

 

トリビア

風水

ネオレゲリアを風水で活かすには、まず何と言ってもその特徴的な赤い色を活かしてみましょう。

火の方角である南は美人、人気、知性などを司る方角です。

火の代表色である赤や、他に紫が方角に合った色とされます。

赤いネオレゲリアを南に置くことで、内側に宿る感性が刺激され、魅力的な人間になることでしょう。

 

 

花言葉

驚いたことに、ネオレゲリアの全体的な花言葉はありません。

これだけ見た目に特徴があって、独特で不気味な色をした花を咲かせることから、

何か一つは意味がつけられそうですが、全体にはありません。

唯一、個別に「ネオレゲリア・カロライナ」だけは花言葉があり、その意味は「博愛」だそうです。

ネオレゲリアは、それだけ一般的な植物ではなく、プレゼントとして贈られることが少ない植物といえそうです。

 

由来伝承

ネオレゲリアがなぜネオレゲリアと呼ばれるようになったか、由来は定かではありません。

ただ、ネオレゲリアはアナナス(パイナップル科)に属するため、アナナスの語源は諸説あります。

一番有力なのが、ネイティブアメリカンの原語で、「すぐれた果実の意」を意味することから、

パイナップルをアナナスと呼んだそうです。

アナナスは一般的な名前でなく、主に学名として呼称されて使用されます。

あくまではっきりとした事実ではなく諸説なので、参考程度にとどめておいてください。

 

まとめ

ネオレゲリアという帯植物の育て方を紹介しました。

変わった赤いロゼット状の花を咲かせ、ビバリウムのレイアウトとしても独特な雰囲気で人気が高い植物です。

爬虫類カフェが浸透してきたように、爬虫類の変わった魅力にはまる人が多くなりました。

ペットとしてトカゲやカエルが飼われています。

ぜひとも、ビバリウムレイアウトに、ネオレゲリアを育ててみてください。

松本光男

松本光男

旅行と食べることが好きです。カフェめぐりや雑貨屋巡りも趣味です。 勉強しながら執筆させていただきます。幅広い内容を発信していきまたいと思います。

『ネオレゲリアの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

オリヅルラン

日当たりの良い場所に置きますが、日陰でも育ちます。寒さが厳しい地域では室内で管理します。 オリヅルランの育て方へ

シンゴニウム

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 シンゴニウムの育て方へ

ディフェンバキア

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。 ディフェンバキアの育て方へ

ポトス

年間を通して直射日光は避け、明るい日陰で育てます。冬場は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いて育てま... ポトスの育て方へ

フィカス・ウンベラータ

年間を通して日当たりがよい場所に置きます。気温が5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に... フィカス・ウンベラータの育て方へ

ワイヤープランツ

風通しがよく、日当たりのよい場所を好みます。 ワイヤープランツの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料