ピレアの画像

ピレアの育て方

  • イラクサ科
  • ピレア属

ピレアの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Pilea

別名

原産地

世界の熱帯地域、亜熱帯地域

ピレアの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

普通

耐暑性

強い

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
ピレアの育て方の画像

ピレアの育て方

世界でも熱帯地方や、亜熱帯地方に約600種以上もの種類が生息するピレア。

葉の形はタマゴ型をしていて、縦方向に走った3本の葉脈が美しく、その姿から観葉植物としても人気が高い植物です。

そんなピレアの育て方を詳しくご紹介します。

基礎情報

日当たり

ピレアは日当たりのよい場所よりも、半日陰を好みます。

耐陰性があるため、日陰でも育ちますが、日照不足になると、徒長を起こしてひょろひょろとした不格好な姿になってしまいます。

一日のうちでも、数時間だけ日の当たることが、ベストな日当たりの条件になります。

しかし西日は避けたほうがいいでしょう。

西日が当たると乾燥しやすくなるので、湿り気を好むピレアにはあまり良いとはいえません。

例えば、朝の訪れとともに光が差し込む、家の東側で育てるなどの工夫をしてあげると、ピレアはそのみずみずしい美しさを保ってくれます。

 

置き場所

ピレアは明るい日差しの入る、半日陰の屋外に置いてあげるのがベストです。

春~秋にかけては、屋外でも風通しのよい場所で育ててあげ、なるべく強い日射しが当たらないように工夫を凝らしてあげましょう。

特に太陽がギラギラと輝く真夏の時期は、葉の温度が急激に上昇して、

葉の組織細胞が壊死してしまう「葉焼け」が起こりやすい原因にもなるので、強い直射日光は避けるようにしてあげましょう。

ピレアは基本的に丈夫といわれる植物であり、寒さに強い「カディエレイ」という種類のピレアもあります。

しかし、寒さに弱いところがあるので、冬場は室内に置いてあげましょう。

耐寒温度は5℃以上といわれています。室内でも窓際などの明るい場所で育てますが、

夜間は冷えやすくなるので、余裕があるなら昼間は窓際に置いてあげ、

夜間は室内でも温かいところに置いてあげると、育て上手といえます。

また、室内の窓際でも同じ場所に置いておくと、葉は太陽の方向に向かっていくので、不格好に偏った茎や葉を茂らせます。

時々は鉢を180度回転させてあげることで、きれいな見栄えになります。

 

水やり

原産地が熱帯地方や亜熱帯に多く生息するため、ピレアは高温多湿の環境を好みます。

土がある程度湿っている状態を、常に保ってあげることがいいでしょう。

夏場の水やりは、土が少し乾いてきたなっと思ったら、その都度あげましょう。

この時期は水やりだけでなく、霧吹きなどで葉っぱも湿らせてあげるとピレアは喜びます。

夏場の水やりのポイントは、乾ききる前に水をあげていくことです。

 

植物には季節によって活発に生長する時期としない時期があります。

ピレアは冬に生長がスローダウンするので、冬場の時期の水やりは控えましょう。

水を与えすぎても、活動が鈍くなるので、水を吸収しきれなくなります。

そうなると、今度は根腐れが起こる原因になり、枯れてしまうこともあります。

夏の活発な時期にたっぷり水やりをやっていれば、冬は乾かし気味で大丈夫です。

土の表面が乾いてきたらすぐに水をあげず、そこから数日おいてから水を与えるようにしましょう。

乾かし気味であることが、冬場の水やりのポイントになります。

 

 

肥料・追肥

春から秋の生長する時期に、速効性の液体肥料を月に3回以上与えてもよいでしょう。

また緩効性肥料ならば初夏の時期に1回与えておくとよいでしょう。

植え替えるときに予め、緩行性の肥料を土に混ぜておくとをおすすめします。

冬場は与えないでください。

 

用土

高温多湿を好むピレアですが、用土は腐植質で水はけのよいものを選んであげてください。

土にこだわるのであれば、小粒の赤玉土を7、腐葉土を3の割合で混ぜたオリジナルを作ってみてもよいでしょう。

面倒であるなら、ホームセンターや植木屋で売っている市販の観葉植物の培養土を使用しても事足ります。

 

 

植え替え・植え付け・種蒔

生育が早いので1年に1回の頻度で、4〜9月の間に植え替えをしてあげてください。

根詰まりをおこすと、下の葉が散っていくので、そうなる前に行うことが大切です。

植え替えの際に、傷んだ根をハサミで切り落とし、葉が落ちてしまった茎や、弱々しくしおれた茎も、根元から5センチくらいを残して切り落とします。

新しい大きめの鉢に用土をいれて、しっかり土をかぶせたら植え替え完了です。

 

 

増やし方

ピレアの増やし方として、種蒔と挿し木があります。

植え替えや仕立て直した際に、切り落とした茎を利用して新しく増やすことが可能です。

まず、新芽のついた茎を切り落とします。長さは5〜7センチを目安にしましょう。

それから、下葉をとり除きます。

パーライトや湿らした土に、茎の1/2程度をさしておきましょう。

明るい日陰で管理して、さし床を湿らせておくようにすれば、2~3週間で新しい根が生えてきます。

根が生えてきてから、新しく鉢上げしてあげましょう。

 

病気・害虫

ピレアに害虫がつくことは少ないですが、葉や茎に白いへばりついたものがあれば、それはカイガラムシになります。

カイガラムシは成虫になれば薬剤が効かない場合があるので、見つけ次第歯ブラシでこすり落とすか、

あまりにも数が多い場合ならば、その葉をちぎって捨てましょう。

病気で気をつけてほしいことは、春から秋に葉枯病や炭そ病にかかることがあります。

新葉が黒くなって枯れる葉枯れ病に、炭そ病は、葉に約3ミリ〜2センチの褐色で円形の病斑が現れます。

下葉が散ってきたら、病気も考えられますが、根詰まり、乾燥もありうるので、よく観察してあげましょう。

 

 

管理温度

ピレアの管理温度としては、大体20℃前後を保つのがいいでしょう。

冬の時期に弱いため、最低でも冬は5℃以上の室温で管理してあげることが大切です。

 

種類・品種

ピレアはイラクサ科に分類される多年草です。

カディエレイ、クラッシフォリア、ヌンムラリフォリアというものがあります。

カディエレイの中でも有名なのが、白い模様の入ったミニマです。

クラッシフォリオでは、ムーンバレーという、凸凹したちりめんのような感触の葉がをしたものがあります。

ヌンムラリフォリアでは、シルバーツリーという銀白色の班が大きく入った葉のものが鮮やかで、どれもこれも魅力的なものばかりです。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

ピレアは夏の時期に花を咲かせます。

種類によって色は薄いピンクや半透明な白など、さまざまに色づきます。

いずれも、小さな蕾と小さな花が特徴的です。

ピレアは花を咲かせない植物なのだと一般的には認識が強いので、きれいに咲かせて周りを驚かせてみましょう。

 

 

トリビア

風水

小さな葉っぱのムーンリバーなどの品種は、財政を司る西の方角においてみると、金運がアップするかもしれません。

また植物を部屋の四隅に置くことで、気の流れが淀みやす場所の浄化をしてくれます。

 

花言葉

ピレアは10月20日の誕生花とされ、「少女の恥じらい」や「救われる人々」という花言葉があります。

小さな花の蕾をつけることから、「少女の恥じらい」という意味が込められたそうですが、

ちょっと艶めかしい想像が膨らみそうな名前ですね。

 

 

由来伝承

ピレアはラテン語であるピロスpileus(=ローマ時代のフエルト製帽子)が名前の由来になっているとされています。

ピレアは別名アルミプラントとも呼ばれ、

これらは葉にアルミニウムの粉をまぶしたような姿から、異名としても呼ばれることもあります。

 

 

まとめ

今回は観葉植物でも人気のあるピレアの育て方を詳しく紹介していきました。

アルミをまぶした姿に似ていることからアルミプラントと呼ばれ、フレッシュな気持ちにさせてくれる植物です。

半日陰で育て、冬の寒さに弱いため、こまめに環境を整えてあげてください。

植物の特徴を知ることで、お世話の仕方も変わってきます。

おすすめは、ムーンバレーです。

ぜひとも、部屋のインテリアとして置いてみてください。

 

 

※トップ画像はPhoto by tsukaさん@GreenSnap

松本光男

松本光男

旅行と食べることが好きです。カフェめぐりや雑貨屋巡りも趣味です。 勉強しながら執筆させていただきます。幅広い内容を発信していきまたいと思います。

『ピレアの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

コーヒーの木

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬場は10℃より下回る場合は室内に入れ、日... コーヒーの木の育て方へ

マダガスカルジャスミン

真夏の直射日光は避けますが、日当たりのよい場所で育てます。冬は室内に取り込んでください。 マダガスカルジャスミンの育て方へ

アガベ

日当たりと風通しのよい場所で育てます。多くの種類は低温に強いです。 アガベの育て方へ

ワイヤープランツ

風通しがよく、日当たりのよい場所を好みます。 ワイヤープランツの育て方へ

シュロチク

一年を通して室内で育てることができます。明るい日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育て... シュロチクの育て方へ

カラテア

年間を通して明るい日陰で育てます。寒さには弱いので12度を下回る地域の場合は、冬場は室内の暖かいとこ... カラテアの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料