ヘゴの画像

ヘゴの育て方

  • ヘゴ科
  • ヘゴ属

ヘゴの基本情報

ジャンル

観葉植物

形態

多年草

学名

Cyathea spinulosa

別名

原産地

東南アジア

ヘゴの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

弱い

耐暑性

普通

耐陰性

あり

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

ヘゴの特徴

ヘゴは熱帯から亜熱帯に分布する、根茎が直立する木性シダのことです。茎の先に葉をつけ、 茎の周りはたくさんの不定根が分厚く覆っています。日本では九州南部や沖縄地方に自生しています。ヘゴ属には種類が多いですが、ヒカゲヘゴのみ日なたを好みます。(日陰で育つのではなく、日陰を作るため、この名前がついた。)乾燥に弱く、茎が乾いてもれてしまうので注意が必要です。

ヘゴの育て方

育てる場所

ヒカゲヘゴは日なたを好みます。それ以外は直接日光の当たらない明るい場所を好みます。冬場は5℃より下回る場合は室内に入れ、日当たりの良い場所に置いた方が無難です。高湿度を保つようにしましょう。

水やり

幹の先端部から株全体をぬらすように水をかけながら、鉢土と幹を乾燥させないよう、たっぷりと水やりをします。冬は鉢土の表面が乾き始めたら水を与えますが、葉や幹にはこまめに霧吹きをしてください。

肥料

5〜9月は肥料の三要素(チッ素、リン酸、カリ)を等量か、リン酸が多めの肥料を施してください。

病害虫

カイガラムシ

用土

赤玉土小粒7、腐葉土3の配合で混ぜた土を使用します。

植え付け・植え替え

5〜7月に行いましょう。

手入れ

枯れてしまった葉は、早めに摘み取りましょう。

観葉植物の新着コラム

観葉植物の新着投稿画像

観葉植物の種類

リュウビンタイ

直射日光を嫌うので、明るい日陰で育ててください。 リュウビンタイの育て方へ

ディスキディア

基本的には明るい状態を好むので直射光で育てますが、真夏はやや明るい半日陰程度にするのが無難です。 ディスキディアの育て方へ

タマシダ

春~秋は明るい日陰に置き、冬は室内のガラス越しの日光が当たる場所で管理します。 タマシダの育て方へ

パキラ

日当たりのよい場所で育てます。耐陰性がありますので、あまり日が入らないところでも育てることができます... パキラの育て方へ

ストレリチア

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。 ストレリチアの育て方へ

ニューサイラン

日陰でも育ちますが、できるだけ日当たりの良い場所で育ててください。 ニューサイランの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料

アプリならサクサク快適!

GreenSnapの公式アプリなら、
60万枚の植物とお花が見放題!

GreenSnapiPhoneアプリ 今すぐ無料ダウンロード