セージの画像

セージの育て方

  • シソ科
  • サルビア属

セージの基本情報

ジャンル

ハーブ

形態

多年草

学名

Salvia officinalis

別名

コモンセージ,ガーデンセージ,サルビアオフィシナリス

原産地

地中海沿岸

セージの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

普通

耐暑性

やや弱い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

収穫

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
セージの育て方の画像

セージの育て方

歯肉炎や口内炎などの症状を和らげるといった、抗菌作用が高いハーブの1種セージ。

私の私生活でも大いに役立ってくれているハーブは風水といった観点からも非常に高く評価されています。

今回はそんなセージについて、育て方を中心に簡単にご紹介します。

基礎情報

日当たり

セージは日当たりの良い場所を好む傾向にあります。けれども真夏の直射日光は大敵です。

庭植えで管理をしようとお考えの方は、夏の間はヨシズなどを用いて半日陰を作るように心がけてください。

なお日当たりの悪い場所で育ててしまうと、茎と葉がヒョロヒョロとし、花つきもよくない脆弱なものに育ってしまいます。

 

置き場所

セージは真夏の直射日光を嫌うとともに、高温多湿も大の苦手としています。

したがって日本の梅雨時期の多湿にやられ、夏には強すぎる日差しに当たってしまうと完全に参ってしまう可能性は高いです。

そのため、夏場は特に強い直射日光が当たらない、西日もあたらない、風通しの良い場所を選ぶようにしてください。

そして葉が増えすぎた場合には、適宜剪定などをして蒸れを防ぎましょう。

一方、寒さには比較的強いのですが、日本の冬の寒さと寒風に当たってしまうと、葉が傷み、出て来る葉が小さくて弱々しくなってしまいます。

鉢植えはベランダなどには置かず、霜よけなどを行って、霜対策は徹底してください。

 

水やり

乾燥に強く、多湿に弱いのがセージの特徴です。そのため過剰な水やりは控えましょう。

土の表面が乾いたら水を与える程度の頻度で行うといいでしょう。

ただし夏は根の生育が旺盛となって、根が非常に乾きやすくなるので、水切れに注意してください。

毎朝夕のチェックを怠らなければ、おそらく問題はないでしょう。

日本の寒さにはある程度しか耐性のないセージなので、霜ができないように配慮して水やりを行ってください。

また、冬の生育はスローペースなので、水やりの回数は春夏秋よりは減らすように心がけるのがベストでしょう。

常に土が湿っているような状態になってしまうと、ほぼ間違いなく根が傷み、株が駄目になってしまうので、乾く前に与えるのだけは絶対に避けてください。

 

肥料・追肥

セージへの肥料は、生育期にたっぷりと与えるといいでしょう。

特に夏までに丈夫な状態に持ち込んでおくことで、暑さにもまけない元気な株として育ってくれます。

肥料を与えるタイミングは、まずは苗や株を植え付ける段階で、植え付ける先の用土にたっぷりと緩効性の肥料を混ぜておきましょう。

そのうえで春(4月:芽が出る時期〜6月:花が咲き終わる頃)に固形肥料を1回、育ち具合を判断しつつ秋(9月)には同様の肥料を1回与えましょう。

主に葉を食用等に利用することになるかと思うので、茎はの生長によく効くチッ素の植物は非常に役立つといえるでしょう。

同様に生長期である夏は高温多湿でバテ気味となることもあるので、肥料は与えない方が無難です。

弱っている時期に肥料を与えても無駄となってしまいます。

冬はそもそも生長時期ではないので、肥料が役に立たないので控えておきましょう。

 

用土

用土は多湿を嫌う性質から分かるように、水はけのよい、そして少しばかり水持ちもいい土壌が適しています。

もし配合土を使うのならば、赤玉土5・腐葉土3・バーミキュライト2の割合で混ぜた土を使いましょう。

もしも庭植えをしている場合は、事前に苦土石灰を混ぜ込んで土の性質を中和状態にしておきましょう。

水はけが悪い場合には、川砂か赤玉土も混ぜて水はけをよくし、さらに腐葉土を混ぜておくと肥沃でセージが育ちやすい場所となるでしょう。

 

植え替え・植え付け・種蒔

セージは、根の生育が非常に旺盛なため、鉢植えは1~2年に1度を目安としてください。

植え替える鉢は、これまで使っていたものよりも一回り大きな鉢を選び、そこに鉢から抜いた株を、まわりの土を1/3程度落として軽く根をほぐしたうえで、新しい用土を敷いて植えます。

植え替えの適期はとしては、初夏もしくは秋でしょう。

 

増やし方

セージの増やすのは、挿し木、取り木、種蒔きで可能となっています。

セージは年数を重ねるうちに大きな株となると、茎が木の枝のように変化するため折れやすくなっています。

結果徐々に株も生長しにくくなってくるので、長生きさせ続けたい場合には事前に挿し木等で処理しておきましょう。

特に挿し木は手っ取り早く増やすことが可能です。

春秋のうちに茎から15センチくらいの長さで枝を切り取り、下方に付いている葉を取り除いて水の中に付けましょう。

そして1時間ほど水を吸わせた上で用土にさしください。根が出てくるまでは、直射日光は避けてください。

成功すれば、約3週間前後で効果が見られるでしょう。

取り木の場合は、適当な茎を地面に寝かせて、半分ほど土で覆いましょう。

根が出てきたら1ヶ月ほど、その状態を維持しておき、その後切り離して植え付けてください。

種蒔きは3〜4月、9〜10月に行うようにしましょう。

 

病気・害虫

基本セージには、その香り等が理由となって害虫が寄りづらくなっています。

ただ多湿となると弱ってしまい、虫がよってくる可能性はあります。

例えば、用土が多湿となった場合に根腐れを起こした結果センチュウが来る可能性や、過剰な水やりや肥料を生育期に与えなかった場合に株が軟弱に育ってしまったらダニ類が付くといったことが起こりえます。

未然に防ぐには、適当な水やり、適切な時期の肥料、良い日当たりと風通しを守ることとなるでしょう。

 

薬用や用途

セージはドイツの植物学者によって「セージは医者にも、料理人にも、台所や地下室といった場所も、貧富も問わずに役立つハーブだ」と言わしめるほどに薬効に富んだハーブとされてきました。

ローズマリーとともに他のスパイスよりも際立って、抗酸化作用をもつとされています。

研究によって、喉の痛みや毛中コレステロール、気分、記憶などに効果が示されると指摘されています。

ただその効果は低いとされ、現代では料理で使われることがほとんどで、薬用に広く用いられていたのは古代エジプトやローマ、ギリシャの医学ででした。

なお料理の材料としては、肉や魚料理の臭みを消しすっきりと仕上げてくれるとして重宝されています。

乳製品とも相性がいいため、バターソースやクリームソースなどに用いて、豊かな風味を醸し出します。

生の葉として用いて、オイルやビネガーに漬けて香りを移すなど、香りの楽しみ方はさまざまです。

 

利用部分

料理などでは主に葉が用いられていますが、株全体に独特の香りをまとっているため、セージはその全てを用いることができると考えられます。

なお観賞用や他の植物のための虫除けなどで用いられることもあります。

花にミツバチが好んで集まることが多く、セージから鉢がとった蜜は、セルビアやモンテネグロといった東南ヨーロッパでは輸出品の1つとなっています。

 

管理温度

セージは夏の暑さには比較的耐性が高いとはいえません。

ただ寒さには多少耐えられ、屋外のマイナス10℃ならば耐え抜くことはできます。

ただし生長が一挙に鈍くなり弱々しく育ってしまう可能性が高いので、管理温度としては春秋温度が適切です。

 

収穫

セージの葉の収穫時期としては適切なのは、開花直前、直後でしょう。

葉が多く育ち密集しすぎると、全体が蒸れて葉が黒っぽくなります。

したがって、風通しを図ることも目的として、葉を適宜間引くように収穫するのがベストです。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

セージは種類ごとに花の形や色が変化しますが、いずれも鮮やかに見える色調のものばかりです。

例えば、コモンセージはピンク、サルビア・ファリナセアは発色の良いパープル、チェリーセージは曼珠沙華に劣らないほどの鮮烈な赤、パープルセージはラベンダー色など、全ての種をまとめて育てるのも楽しくなりそうなほどです。

 

トリビア

風水

風水的に強力のな浄化作用を持っていると期待されているのが、ホワイト・セージです。

かつてアメリカン・インディアンの間でも儀式等の際に用いられていたようで、お香のように焚くことで浄化の効果が広範囲で期待できるとされています。

かなり癖の強い香りなので、苦手だと感じる方は飾るだけでもいいでしょう。

 

花言葉

セージの花言葉は家族を中心としたワードが多く揃っています。

尊敬」「知恵」「幸せな家庭」「家族愛」などです。また種類ごとにも異なる場合もあり、チェリーセージならば「燃える思い」、

パイナップルセージならば「家庭的」です。独特の香りを残したままのドライフラワーとしてプレゼントするのもいいいでしょう。

 

由来伝承

セージは、ヨーロッパにおいて古くから「健康」や「家庭の幸せ」の象徴として重宝されてきました。

特にイギリスでは、「長い生きしたければ5月にセージを食べよ」といった言葉が残り、また「セージが育つ家には死人が出ない」といったことわざが残るのほどに、セージは人々の生活に深く根ざしていたようです。

なお日本に伝わったのは江戸時代で、現代ではハーブとして広く認知されています。

まとめ

今回は世界的に役に立ってきたハーブの1種セージについて簡単にご紹介しました。

割合丈夫な植物なので、料理の材料として頻繁に使おうかとお考えの方は、是非ご自分で育ててみてください。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『セージの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

ハーブの新着コラム

ハーブの新着投稿画像

ハーブの種類

パイナップルミント

半日陰が最適ですが、日向や日陰でも育てることが出来ます。 パイナップルミントの育て方へ

アシタバ

アシタバの食べる部分は新芽です。新芽が出てきたら、2本は必ず残して収穫してください。全部摘むと枯れる... アシタバの育て方へ

チェリーセージ

日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光は若干苦手なので風通しの良い半日陰で育てます。 チェリーセージの育て方へ

ラムズイヤー

風通し、水はけのよい場所、日なたを好みます。ただし、高温多湿は苦手なので、真夏は木陰(半日陰)の涼し... ラムズイヤーの育て方へ

レモンタイム

日当たり、風通しがよく、乾燥した場所を好みます。 レモンタイムの育て方へ

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。 ローズマリーの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料