アシタバの画像

アシタバの育て方

  • セリ科
  • シシウド属

アシタバの基本情報

ジャンル

ハーブ

形態

多年草

学名

Angelica keiskei

別名

明日葉,八丈草,明日草,明日穂

原産地

日本

アシタバの性質

栽培難易度

普通

耐寒性

強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

アシタバの特徴

アシタバの食べる部分は新芽です。新芽が出てきたら、2本は必ず残して収穫してください。全部摘むと枯れることもあります。

アシタバの育て方

育てる場所

半日蔭が適しています。 真夏に一日中日当たりに居ると株が弱り枯れることがあります。雪・霜には弱く、霜に当たると地上部が枯れますが、根まで死んでいなければ春にはまた芽を出して収穫が出来ます。

水やり

用土が乾いたら朝か夕方に十分に水を与えます。

肥料

緩効性の固形肥料もしくは、鶏糞や油粕を少量与えます。液体肥料は、根が肥料負けをして生育不良を起こすことがあります。

病害虫

ヨトウムシ、アブラムシ、アオムシ

用土

師範の培養土を使います。

植え付け・植え替え

植え付けは暖かい時期に行います。鉢植えの場合は、太い根が深くまで伸びるので深さが30センチ以上の鉢に植え付けます。

増やし方

こぼれダネで増えます。

ハーブの新着コラム

ハーブの新着投稿画像

ハーブの種類

ローズマリー

風通しのよい場所で育てます。 ローズマリーの育て方へ

チャービル

葉を料理の風味付けなどに利用するハーブ。草丈は30cm~60cm、葉は羽根状に細かく切れ込んでシダに... チャービルの育て方へ

イタリアンパセリ

パセリと異なり、葉が平たく縮れておらず、やや大型の細長く避けた葉が特徴です。 イタリアンパセリの育て方へ

ニオイスミレ

花だけでなく葉にも香りがあり、香水の原料となります。ニオイスミレの種と根には毒が含まれており、非常に... ニオイスミレの育て方へ

キャットミント

日当たり、風通しがよく、水はけのよい場所を好みます。 キャットミントの育て方へ

アメジストセージ

日当たりが良い場所で育てます。半日陰でも育てることが出来ますが、花つきが悪くなります。 アメジストセージの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード