紅彩閣の画像

紅彩閣の育て方

  • トウダイグサ科
  • ユーフォルビア属

紅彩閣の基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Euphorbia enopla

別名

紅彩閣

原産地

南アフリカ

紅彩閣の性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
紅彩閣の育て方の画像

紅彩閣の育て方

紅彩閣はサボテンのようにトゲトゲとした見た目が特徴的ですが、実は多肉植物のユーフォルビア属の仲間なんです。

そんな個性的な紅彩閣の育て方について一緒に見ていきましょう。

基礎情報

日当たり

紅彩閣は日当たりの良い場所を好みます。

また、夏場の直射日光にも耐えることが出来る、暑さにも強い植物なので日当たりのいい日向で元気に育ててあげましょう。

逆に日当たりが弱かったり日陰で育ててしまうと、「徒長(とちょう)」といってヒョロヒョロとやせ細った形に育ってしまいます。紅彩閣を強く美しく育てるためにも、気をつけてあげましょう。

 

置き場所

日当たりのいい場所を好むため、基本的に日当たりのいい場所に置きましょう。

夏場は屋外に置きますが、雨の当たらない風通しの良い場所に置いて根や葉が腐ってしまうのを防ぎます

気温が5℃を下回ったら、室内に取り込みます。

室内の暖かい場所に置いて管理します。

室内に置く場合はエアコンの近くより、日当たりの良い窓際などで育てるのが好ましいです。

気温が暖かくなってくる5月頃まで室内で育てましょう。

 

水やり

紅彩閣は多湿な環境を嫌うので、やや乾燥気味に水やりをします。

水やりをする時は必ず土が乾いているかを確認しましょう。

土が乾いていたら鉢底から水が溢れるくらいしっかりめに水をあげましょう。

夏場に水やりをやりすぎてしまうと、気温が高いため植物が根腐れを起こしてしまう可能性があります。

冬場は休眠期に入り、あまり生長せずにエネルギーを使うことも無いため、ほとんど水やりが必要ありません。

紅彩閣は夏型の多肉植物なので断水してしまうか、月に1回程度の水やりで大丈夫です。

9月頃から少しずつ水やりの回数を減らして11月〜12月頃、気温が5℃を下回って室内に取り込むタイミングで断水しましょう。

水やりをする際は昼間の気温が暖かい時にあげると根が傷みにくいです。

 

肥料・追肥

紅彩閣の肥料は、植物がよく成長する生育期の4月〜8月に液体肥料を薄めて月に1回程度の頻度で与えてあげましょう。

冬場の休眠している間は肥料は必要ありません。

また、液体肥料をあげる際には他の肥料と同じで葉にかからないように株元から根に肥料を与える感じで肥料を与えます。

葉に液体肥料がかかってしまうと、水分が蒸発した後に薬品だけが葉に残ってしまい傷んだりシミになったりする恐れがあります。

時々、葉にかかっても問題の無い肥料も販売されているので表記をしっかりと読んでから使用しましょう。

 

用土

紅彩閣に限らず多肉植物のほとんどは水はけの良い土で育てます。

自分で土を配合する場合は赤玉土、鹿沼土、腐葉土の三種類を3:3:4で配合するのが基本的な多肉植物の配合です。

土の水はけが悪いと感じたら必要に応じて、保水性の高い腐葉土を半分程に減らして日向土やバーミキュライトを増やしてみましょう。

多肉植物の土は排水性と保水力のバランスが大切になってくるため、初心者の人や自分で土を配合することが難しいと感じる人は園芸店などで販売されている市販の土を使いましょう。

市販の土を使う場合は、サボテンや多肉植物専用の土を使うと気軽に楽しめますよ。

 

植え替え・植え付け・種蒔

植え替え、植え付け共に生育期の前か始めの頃に行うのが理想的ですが、基本的には4月〜8月の生育期であればいつでも可能です。

また、用土が古くなってきたり植物が育ってきて、植え替えを行う時は、根を傷付けないように気を付けながらひとまわり大きな鉢に移しましょう。

植物が大きく育っているのにも関わらず、植え替えを行わず放置してしまうと、根詰まりを起こしてしまう場合があるので、1年以上放置している株などがあれば注意して見てみましょう。

 

増やし方

挿し木で増やすことが出来ます。挿し木で切り分ける際に紅彩閣は切り口から白い乳液が出ますが、実はこの乳液は有毒です。

そのため手で直接触れるとかぶれる恐れがあるので手に付着した時はすぐに洗い流すように注意して下さい。

挿し木の仕方は他の多肉植物とほとんど一緒で、切り口の乳液を乾かしてから土に挿して育てましょう。

土に挿してからはすぐに水やりをせずに、植え替えから一週間後くらいから水やりをします。

 

病気・害虫

紅彩閣にはカイガラムシが付くことがあります。カイガラムシが付くと、養分を吸い取られてしまい株に元気が無くなってしまいます。

カイガラムシは暗くて狭い場所を好みます。そのため、植物の根本や隙間に隠れているかもしれません。

1mm〜3mm程度の大きさで白い色をしているので少し見つけにくいかもしれませんが、カイガラムシは名前の通り殻に覆われた害虫なのでスプレータイプの殺虫剤などは効きにくいです。

もし見つけた場合はすぐに爪楊枝などを使って植物を傷付けないように慎重に取り除きましょう。

室内に置いている場合はこまめに鉢を回したりしてまんべんなく日が当たるように工夫しても予防になりそうですね。

 

管理温度

紅彩閣は基本的には耐寒性・耐暑性共に強い植物なので夏場の直射日光に当たっても問題無く、冬場も0℃を下回らなければ大丈夫です。

冬場に0℃を下回りそうな場合は室内に取り込んで育てましょう。

 

種類・品種

紅彩閣は多肉植物のトウダイグサ科ユーフォルビア属の植物です。

品種がとても豊富なユーフォルビア属の中でも紅い棘が個性的なのが紅彩閣。

特にユーフォルビア属の品種はサボテンの様にトゲトゲとした見た目が特徴です。

ユーフォルビア属は、この個性的な見た目が人気のポイントでもあります。

「オベサ」「ホリダ」など、自分のお気に入りの品種を探してみましょう。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

紅彩閣は紅い棘が特徴的な多肉植物ですが、実は棘ではなく「花座」というもので、この紅い棘のような花座の先に花を咲かせます。

そして、気温が暖かくなってきた頃に花が咲き始めた頃に黄色く小さなとっても可愛らしい花を咲かせます。

緑に紅い花座、その上に黄色い花が咲くという、見た目にも色とりどりな様子を楽しめる美しい多肉植物です。

 

トリビア

風水

セダムなどの葉の丸い植物とは違いトゲトゲとした見た目の植物は、悪い気の入って来やすいベランダやトイレに置くのが最適です。

また、紅彩閣などの様に上に向かって育つ植物はやる気をアップさせる効果があります。

是非お部屋のインテリアとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

由来伝承

紅彩閣は「こうさいかく」と読みます。

葉に厚みがあり棘がついているのでサボテンかと思われがちですがサボテンの仲間ではありません。

多肉植物の一種で、学名ではEuphorbia enopla(ユーフォルビア・エノプラ)と呼ばれています。

 

まとめ

今回は、トゲトゲとした見た目が特徴的な紅彩閣についてご紹介しました。

緑に映える紅い棘はとても個性的でインテリアとして室内に置いてもモダンで格好いいイメージに仕上がりますが、小さく咲かせる黄色い花も魅力的ですよね。

紅彩閣は耐暑性にも耐寒性にも優れているため、初心者でも比較的育てやすい品種です。

また、力強く個性的な見た目の植物なので、徒長しないようにしっかりと日光に当ててあげましょう。

上手に育てれば紅彩閣は1m程まで大きくなります、是非皆さんも挑戦してみて下さいね。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『紅彩閣の育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

パキフィツム

肉厚で丸みを帯びた葉が特徴の多肉植物です。春秋生育型で、比較的寒さには弱いので室内で越冬してください... パキフィツムの育て方へ

鉄甲丸

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は室内に入れ、日当たり... 鉄甲丸の育て方へ

ミロッティー

銀灰色のうぶ毛が特徴的な多肉植物。 ミロッティーの育て方へ

南十字星

星形の葉っぱが特徴的な多肉植物。 南十字星の育て方へ

ブラックプリンス

綺麗な黒色の品種です。葉先が尖っていて、黒色の葉が珍しいため「黒助」という別名で流通。 ブラックプリンスの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード