エケベリア・シャビアナの画像

エケベリア・シャビアナの育て方

  • ベンケイソウ科
  • エケベリア属

エケベリア・シャビアナの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Echeveria shaviana

別名

祇園の舞

原産地

メキシコ

エケベリア・シャビアナの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

弱い

耐暑性

強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
エケベリア・シャビアナの育て方の画像

エケベリア・シャビアナの育て方

鮮やかな色をした葉が重なって、まるでバラの花びらのように咲く多肉植物のエケベリア。

その中でも、葉先がサニーレタスのようにふりふりとしているのがシャビアナの特徴です。エケベリア・シャビアナを育ててみましょう。

基礎情報

日当たり

日なたを好みます。直射日光が当たる日なたに置いていても大丈夫です。

ただし真夏のきつい直射日光には弱いので、夏場は半日陰になる場所で夏越しさせましょう。

 

置き場所

エケベリア・シャビアナを育てるには、日当たりがよく、風通しの良い場所が一番良いです。

庭植えするよりも鉢植えの方が管理しやすいので、鉢植えで育てましょう。

耐寒温度はマイナス1度から3度まで耐えられるので、冬の間も戸外に置いて大丈夫です。

霜にも強い耐性があるので、霜対策をせずに出しっぱなしでも、特に問題はありません。

反対に気をつけるのが、夏の時期になります。

シャビアナはメキシコなどの熱帯地方に生息する植物ですが、高温多湿を嫌うため、長雨が続く梅雨と真夏のうだるような暑さがある日本では、この時期に注意しなければいけません。

メキシコなどは熱帯であっても気候が安定しているので、季節によって気候が変わる日本の土地には少々不慣れな場合があります。

なので、春秋と冬は戸外の日当たりがよく風通しの良い場所で育てて、夏場はきつい直射日光を避けるために半日陰となるような場所へ移動させると良いでしょう。

半日陰であっても、午前中の柔らかい光が当たるような場所ならなお良しです。

室内で育てるなら日の差し込む窓辺か、あるいは外に出して一日4時間以上は陽光を当てるようにしましょう。

日照不足になると、ひょろひょろと徒長して草姿が不格好になります。

また耐寒性があるとはいえ冬の時期が気になるようでしたら、春まで室内に取り込んでいても構いません。

ただその場合、春になってから日光浴をさせると、太陽の光がきつすぎて葉焼けする原因になるので、徐々に日光に慣れさせるようにするか、冬場もできるだけ外に出して太陽を当てるように心がけましょう。

 

水やり

一般的に多肉植物といわれる種類は、植物体内に水を蓄える機能が発達しているので、水をあまり必要としません。

なので基本的に土が乾燥したら水をたっぷり与えるといった頻度の水やりで良いでしょう。

ただし、シャビアナは加湿を嫌うので、土は乾燥気味で問題ありません。

たくさんあげすぎると土が乾きにくくなり、根腐れを起こしてしまう原因となります。

土の表面を触ってみて乾いていたら、そこですぐにあげずに数日経ってからあげましょう。

また土の表面は乾いていても、中は湿っていることがあるので指を土につっこむか、割り箸を刺して土の中の湿り気具合を確かめてから判断してもよいでしょう。

半月に一回たっぷりと水を与えることを目処にすれば、加湿になりやすい夏場はよいかもしれません。

断水気味にしおいて、葉が萎えてきたら土の表面がサラッと濡れるほど与えるという水やりの方法も、また一つの基準です。

夏場の長雨に当たらないように心がけましょう。

また、水やりの仕方ですが、エケベリアのようなロゼット状に広がる植物は葉に水がたまりやすいので、できるかぎり底面給水で葉が濡れないようにしましょう。

水が葉の間に溜まると、溜まった部分が傷んでくるので注意が必要です。

夏場と一緒で、乾燥気味に育てることが大切です。

もし大きく育てたいというのであれば、春と秋の時期に水やりを多くしてください。

この時期は水をやればやるほど育つので、シャビアナを大きく育てたいのであれば、春秋の時期に水やりを多めにすることで望む大きさまで生長させることができます。

 

肥料・追肥

生長期になる春と秋の時期に、緩効性の化成肥料か即効性の液体肥料を少量施します。

また、シャビアナは秋の時期に紅葉しますが、肥料を与えると艶がなくなるため秋先は早めに施すことを心がけます。

鉢植えなど、植え替えをする時は予め堆肥しておくと、有機性に富むので育ちやすくなります。

 

用土

水はけがよく、通気性のあるものがよいです。

市販されている多肉植物用の土や、サボテン用土が適しているので、それらを使うといいでしょう。

またミックスさせるなら、赤玉土、鹿沼土、ピートモス、川砂、燻炭らをそれぞれ2割ずつ混ぜ込んだ土が有機質に富んでいて、育成に適しています。

 

植え替え・植え付け・種蒔

シャビアナに限らず、多肉植物は多年草なので植え替えが重要になってきます。

大きく生長して、根詰まりを起こしたのなら一回り大きな鉢へと植え替えましょう。

根詰まりを放っておくと、だんだん勢いがなくなって枯れていきます。

株をリフレッシュさせるという意味も込めて、根詰まりを起こしていない場合以外、植え替えは二年に一回の頻度で実施しましょう。

適切な時期は生育期となる4月か5月、9月か10月になります。真夏や真冬は極力避けましょう。

この時に株分けすることで、後々増やしていくことが可能になります。植え替えの時に、黒くなった根を剪定すると良いです。

剪定用のハサミやナイフは、消毒してから使用することで、切口から細菌が侵入することを防げます。

植え替えが終わったらすぐに水をやらず、一週間から10日ほど経った後にしましょう。

植え付けの時期も同じになります。ほぼ苗で買ってくることが多いので、種まきする必要はありません。

 

増やし方

シャビアナの増やし方として株分け、挿し木、葉挿し、種まきとありますが、種まきで増やすことはあまり一般的でないのでおすすめしません。

株分けは植え替え時に株を切り取っておくと便利です。いずれも適期は3月から6月か、秋の9月から10月です。

【株分け】

株分け用の鉢を用意します。鉢には予め鉢底ネットや鉢底石などをいれておくと、水はけがよくなります。

バーミキュライトを8分ほど入れ、そこに分けた株を植えます。

根が隠れるように土を被せ、直射日光の当たらない日陰で管理します。

水はすぐにやらず、土が馴染んできた5日後にあげましょう。

【挿し木】

葉を剪定した時に切り取ったものを使うといいでしょう。切り取った茎の切り口を、日陰で1週間乾かします。

鉢を用意して、バーミキュライトを8割いれます。指で土へ穴を開け、その穴に茎を挿します。

この時挿しやすいように、差口に近い部分に生えた葉は切り落としておきましょう。日陰で水やりをせず管理します。

2、3週間の後に根が生えてきたら水やりをしましょう。

【葉挿し】

葉挿しは簡単にできます。自然に落ちた葉(枯れていないことが条件)や、もいだ葉で増やしていけます。

まず葉っぱを付け根からもぎます。トレイを用意して、そこにバーミキュライトを敷き詰めます。

もいだシャビアナの葉を土の上に置きます。複数あるなら、等間隔に置いていくといいでしょう。

水をやらずに、日陰で管理します。新しい芽がでて、発根したら根をバーミキュライトへ埋めます。ここでたっぷりと水をやります。

苗が十分な大きさに育ってきたら、それぞれ鉢へと植えけましょう。

多肉の面白さは簡単に増やせることですが、寄せ植えができることも面白いです。

他の種類の多肉植物を同じ鉢に寄せ植えて、自分だけのオリジナルの鉢を作るのも楽しみの一つです。

 

病気・害虫

アブラムシやカイガラムシ、ハダニ、アザミウマ、ネジラミなど害虫の被害が多くあります。

そのため、浸透移行性の殺虫剤を季節の変わり目に撒いておくと有効的です。

特に冬から春になるまでに対策としてまいておけば、害虫が増える春先に被害に遭わなくて済みます。

病気としては、黒斑病が起こる可能性があるので、常に風通しのよい場所に置いて予防しましょう。

 

管理温度

シャビアナの原産国はメキシコや中米になるので、亜熱帯の、気温が高い気候が適していると、推測なさるかも知れません。

しかし、原産国は赤道に近くとも海抜何百メートルもある高山に生息しているので、育てるのは涼感ある気候がもっとも適しています。

そのため、日本のうだるような真夏の暑さと、梅雨の長雨に弱いです。

またジメジメとした湿気にも弱いため、梅雨から夏場にかけて管理温度には気をつけましょう。

大体の人間が涼しいと体感する、18度から25度までがシャビアナの適正温度になります。

 

種類・品種

ベンケイソウ科、エケベリア属の中でもシャビアナと呼ばれる品種になります。

シャビアナは葉の先がフリルのように波打って、赤紫のエキゾチックな色合いが魅力的です。

エケベリアには多くの種類があり、そのうちの一つがシャビアナです。

ピンクフリルズ」と呼ばれる種類は、全体的にピンク色に染まり、スカートのフリルのように見えます。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

エケベリアは、草姿の中心からにょきにょきと長い花茎を伸ばし、赤や橙色の鮮やかな花を咲かせます。

開花期間は2月から8月の間となります。花が咲き終わると、花茎は必要なくなるので、切り取ってしまいます。

すると以前の綺麗な姿に戻ります。

 

トリビア

花言葉

エケベリア・シャビアナの花言葉は、「優美な」と「風雅な」です。あと、ちょっと変わった「たくましい」という言葉もあります。

見た目から分かるように、エケベリアはバラのように見えます。その花姿から優美や風雅といった、花言葉がつけられました。

育てていくと、横にも大きくなっていきます。まさに大輪のバラに見えますね。

そんなシャビアナは、葉挿しで簡単に増やしていけることを前述しました。

このように、葉挿しなどで簡単に増やせることから「たくましい」という花言葉がつけられたのです。

小さな葉からまた新しい芽が生えてくる姿は感動ものです。

 

由来伝承

エケベリア・シャビアナは和名で「祇園の舞」とも呼ばれています。

また属名であるエケベリアの由来はメキシコの植物画家であるA.エチェベリアにちなんでいるといわれています。

 

まとめ

エケベリア女子の間でも人気のある、ピンク色が特徴的なシャビアナの育て方をご紹介しました。

寄せ植えに使うとインパクトがでるので、好きなオリジナル寄せ植え鉢をインテリアとして飾りましょう。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『エケベリア・シャビアナの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

銘月

秋に濃い黄色に紅葉する多肉植物。 銘月の育て方へ

赤鬼城

美しい紅葉が特徴的な多肉植物。 赤鬼城の育て方へ

小米星

星形の葉っぱが特徴的な多肉植物。品種によっては変異が大きく、それに応じて別名が沢山ある。 小米星の育て方へ

千代田の松

風通しと日当たりの良い場所で育てます。 千代田の松の育て方へ

センペルビウム

葉がロゼット状につく春秋生育型の多肉植物です。株元からランナーを出して子株をつけ、群生します。花を咲... センペルビウムの育て方へ

夕映え

アエオニウムの中でもこの種は、強い光を浴びると葉が緑から紅桃色や紫色になります。ロゼットの大きさは1... 夕映えの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料