カランコエの画像

カランコエの育て方

  • ベンケイソウ科
  • カランコエ属

カランコエの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Kalanchoe blossfeldiana

別名

紅弁慶,ベニベンケイ,ブロスフェルディアナ

原産地

マダガスカル

カランコエの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
カランコエの育て方の画像

カランコエの育て方

カランコエは、ベンケイソウ科の一種で多年草の植物です。カランコエは光周性のある短日植物です。

ひとつひとつのつぼみから咲く花が可愛らしい、カランコエの育て方についてご紹介します。

基礎情報

日当たり

カランコエは、日当たりの良い場所で管理します。真夏は直射日光を避けて育てましょう。

強い直射日光に浴びせてしまうと葉焼けを起こしてしまいます。

夏は明るい日陰の場所に移してあげましょう。

 

置き場所

春から秋の季節は戸外の雨の掛からない場所に移しましょう。

カランコエは高温多湿に弱いので風の通る環境に配置してあげます。

風通しが悪いと蒸れて腐る原因になります。冬場の寒さには弱いため室内管理にしましょう。

 

水やり

カランコエは葉にたくさんの水を蓄える多肉植物の一種です。多肉植物は全般的に乾燥に強い植物です。

夏の季節も含む5〜9月には、土の表面が乾いてきたらたっぷりと水やりをします。

カランコエの葉はぷっくりしていますが、根は細いので根腐れを引き起こしやすいです。

水をやりすぎないよう注意しましょう。葉肉のカランコエは水やりをするときに葉に水がかからないようにします。

葉に水がかかってしまうとぐったりと傷んでしまいますので、水やりを行うときは気をつけてください。

 

冬は乾燥気味に育てていきます。土の表面が乾いてから2・3日後に水やりを行うようにしましょう。

水はけの良い土であれば、鉢底から水が流出してくるまで与えても構いません。

室内管理をする時期であるため暖房の風が当たります。

乾燥には強いのですが、暖房の風には負けて、しわしわになってしまいます。

極力暖房の場所は避けましょう。どうしても当たってしまう場合は、葉水をしてあげてください。

 

肥料・追肥

カランコエの肥料には、春と秋に液体肥料を与えます。2週間に1度のペースで、薄めてあげましょう。

夏は気温が上昇で根腐れを引き起こしやすいので控えましょう。冬も生長する時期ではないので与えないようにしてください。

花を長期間楽しむのであればリン酸の成分を多く含んでいる肥料を与えましょう。

 

用土

カランコエには水はけの良い土を選ぶことです。初心者であれば、多肉植物専用の土やサボテン専用の土を購入しましょう。

配合土を作る場合は、小粒か中粒の赤玉土と川砂とピートモスを5:3:2の割合で作りましょう。

赤玉土を4割にして、腐葉土と川砂を4:2の割合で混ぜてもOKです。

カランコエの挿し木を行うのであれば挿し木用の用土を使うかパーライトとピートモスを7:3で配合した土を作ります。

 

植え替え・植え付け・種蒔

植え替えのタイミングは、鉢植えであれば根がいっぱいになったときです。

そのままにして育てていくと水はけが悪くなり生長しません。花が咲き終わった後枝全体から半分に切り戻しを行います。

以前の鉢より一回り大きい鉢に植え替えし1週間は「明るい日陰」での管理をしましょう。

また、植え替えの後すぐにたっぷりと水やりをした後は、やや乾燥気味になるようにしてその状態を保ちましょう。

 

増やし方

挿し木を行うことで簡単に増やすことが出来ます。

4枚の葉になっている部分の茎を切り取り、挿し木用の用土またはバーミキュライトに挿します。

1か月ほどすると根が誕生します。挿し穂には芽先が付いていても無くても行うことが出来ます。

挿し木を行うと徒長しやすくなる可能性があります。地上部と比較して根が少ないことが解消されると、徒長しなくなります。

 

病気・害虫

葉や花が枯れていて放置していると、灰色かび病になる恐れがあります。

枯れた葉や花がら(花がしぼんでいる状態)を見つけたら、摘み取って被害を抑えましょう。

カランコエは、オンシツコナジラミやアブラムシにも食べられやすい多肉植物です。

アブラムシが発生したときは、早急に薬剤を撒いて退治します。

コナジラミは葉の裏にくっついて液汁を吸い取る、生育に悪影響を及ぼす害虫です。見つけ次第薬剤を散布して駆除しましょう。

 

管理温度

10度以下になると花の付き具合が大いに悪くなってしまいます。

5度近くになると生長が停止しますので5度をきる戸外であれば室内に移動させましょう。花

芽には11度以上15度以下の低温に当ててあげることが大切です。

 

種類・品種

カランコエは、アフリカやマダガスカル、そして東アフリカなどの熱帯の地域を原産地としています。

アジア圏でも自生しており、約100種類も存在しています。

分布している領域が広いのですが主にマダガスカルと東アフリカが多いです。

品種によって容姿が異なる、バリエーション豊かな植物です。

カランコエとは、ブロスフェルディアナ種から品種改良されたものを指します。ミニ鉢植えとしても栽培されているものもあります。

ドイツでの改良からオランダやアメリカにも広がりました。

草丈が20cm以下の低い植物と30cm〜50cmに伸びる品種の2タイプがあります。

カランコエの品種名には、冬に紅葉する「朱蓮」という品種があります。

別名カランコエ・ロンギフローラ・ユッキネアとも呼ばれています。「ハカラメ」という葉から芽が出る品種もあります。

 

花の形態(どんな花を咲かせるのか)

カランコエの花は10月から年を越して5月の間に咲かせます。

カランコエなどの「短日植物」には、開花にも日照時間が大きく影響してきます。

カランコエは日照時間が12時間以下であれば花が咲きます。

日が暮れることが早くなり、夜の時間が長くなる時期の秋以降に咲くようになっています。

カランコエを室内で管理している場合、蛍光灯の光を遮断する必要があります。

暗い環境が必要なカランコエには欠かせない作業です。用意するものとしてカランコエを覆えるほどのダンボールです。

ダンボールをカランコエにかぶせて暗所を作ります。

これを短日処理と言い、30〜40日間繰り返すことで開花させることができます。

この作業を行えば開花時期であればいつでも花を鑑賞することができます。

花の色には、紅色やピンクが多いですがオレンジや白、クリーム色などもありカラーバリエーション豊かな花です。

花が際立つのでインテリとしてもフラワーアレンジなどにも活用されています。

 

トリビア

風水

カランコエは、一枚の葉から小さい芽を多数生やすことから、子孫繁栄の象徴である植物とされています。

カランコエは多肉植物でありながら子宝草の一つでもあります。

生命力に富んでいる植物であるため子宝運を上昇させてくれる効果が期待できます。

妊活中の人によく贈られています。子宝草を育てて出産した人から子宝草を受け取ると開運効果がさらにアップするそうです。

 

花言葉

カランコエの花言葉には、日本と西洋で意味が異なっていきます。

日本の花言葉では、幸福を告げる・たくさんの小さな思い出・おおらかな心・あなたを守るという意味になります。

西洋では、人気や人望という意味になります。

たくさんの小さな思い出という花言葉には、カランコエが星の形をした花を無数に集合して咲かせることに由来しています。

そしてカランコエの花には釣鐘状の形で咲く品種もあり幸せの知らせを運んでくるベルに見えることから、「幸福を告げる」と付けられています。

 

由来伝承

カランコエには学名で「Kalanchoe」と綴られ英語ではカランチョーと発音されます。

カランコエは「ベニベンケイ(紅弁慶)」という別名でも呼ばれていて、流通量の多い品種名です。

中国では「加籃菜」として当て字にされていました。その発音が「カランコエ」になったというのが有力説です。

その他にも古代インドで赤さびという意味であるKalankaもしくは照りという意味のChayaから付けられたという説もあります。

 

まとめ

子宝に恵まれるようにという花言葉があるカランコエの育て方についてご紹介しました。

母親の様な、強く美しい多肉植物は古くから親しまれています。今回を機にカランコエを育ててみてはいかがでしょうか。

 

このコラムが気に入ったらいいね

0
takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『カランコエの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

ユーフォルビア・スザンナエ

年間を通して日当たりのよい場所で育てます。真夏の直射日光も問題ありません。冬場は室内に入れ、日当たり... ユーフォルビア・スザンナエの育て方へ

アロエ・ディコトマ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 アロエ・ディコトマの育て方へ

口紅アロエ

風通しがよく、日当たりのよい場所を好みます。 口紅アロエの育て方へ

銀揃

筒状の形の葉っぱを持つ。葉にうぶ毛が生えているユニークな多肉植物。 銀揃の育て方へ

キリンソウ

風通しがよく、日当たりの良い場所で育てます。 キリンソウの育て方へ

ミセバヤ

一年を通して日当たりがよく風通しの良い場所で育てます。 ミセバヤの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料

アプリならサクサク快適!

GreenSnapの公式アプリなら、
60万枚の植物とお花が見放題!

GreenSnapiPhoneアプリ 今すぐ無料ダウンロード