カランコエ・プミラの画像

カランコエ・プミラの育て方

  • ベンケイソウ科
  • カランコエ属

カランコエ・プミラの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Kalanchoe pumila

別名

白銀の舞,シロガネノマイ

原産地

マダガスカル

カランコエ・プミラの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや弱い

耐暑性

やや強い

耐陰性

時期

植え付け・植え替え

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

肥料

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12

開花

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
カランコエ・プミラの育て方の画像

カランコエ・プミラの育て方

春になるとピンク色の花弁が反り返って咲く、カランコエの仲間があります。カランコエ・プミラと言われる多肉植物です。

ピンクの花に、女性らしい可愛さがあります。女性におすすめのカランコエ・プミラの育て方についてご紹介します。

カランコエ・プミラの基礎情報

カランコエ・プミラの日当たり

原産地でも、日の光をたくさん浴びる場所に自生しているので「日光」が好きな植物です。

真夏になると日差しがきついため、直射日光は避けてあげましょう。

カーテンのレースを挟んで、日の光に当たるようにしてあげるのがベストです。

冬になると室内に取り込んでもいいですが、午前中などは日光浴させてあげましょう。

完全に光を遮断するのではなく、たまには太陽の下に出してあげてくださいね。

 

カランコエ・プミラの置き場所

一年を通して、風通しの良い場所で管理するようにしてましょう。

高温多湿が苦手なので、湿気が多かったり気温が高い季節のときは特に注意が必要です。

水やりを行った後にも、換気することが大事ですので、「風」のよく通る場所に置いてあげましょう。

風がないと根腐れの原因になり枯れてしまいます。

 

カランコエ・プミラの水やり

カランコエ・プミラは多肉植物で、乾燥に強い特徴があります。

夏の水やりは控えめにし、乾燥気味になるようにしてください。

特に夏は日中が最も気温が高く、土の中の水が蒸発しやすいので、朝や昼の水やりは避けておきましょう。

冬場になると、水やりの目安としては1か月に2回ですが、土の状態を見ながら与えてください。

冬場でも乾燥気味に管理します。水のやり過ぎは根腐れの元になりますので、その点ご注意下さい。

 

カランコエ・プミラの肥料・追肥

肥料は開花中は必要ありませんが、「春」と「秋」にゆっくり効く肥料を施してください。

カランコエ属の花を長く楽しむために、リン酸の成分が多く入った肥料を与えても良いでしょう。

 

カランコエ・プミラの用土

多肉植物用の土を購入するか、サイズが小粒の赤玉土と腐葉土を7割と3割で配合させて作って使います。

水はけの良い土にしておいてください。多肉植物の土は、100円均一ショップなどでも販売されているのでお手頃です。

どれを使えば良いのかわからないときは、「多肉植物・サボテン用の培養土」を使うと簡単ですよ。

園芸店に行けば店員さんの知識が豊富ですので足を運んでみてください。

多肉植物は「草花用の土」を用いても育てることができるのですが、土の中に余分な肥料や保水性に優れすぎていたりします。

多肉植物にとっては少々生きづらい用土ですので、多肉植物用の土を使ってみてください。

 

カランコエ・プミラの植え替え・植え付け・種蒔

カランコエ・プミラの植え替えは、花が咲き終わった後に行います。

時期的には、6月が多いです。また、鉢の中が根でいっぱいになっている場合は、植え替えてあげてください。

そのままにしていると水はけが悪くなり、根腐れになる可能性があります。植え替えの際は、全体を半分ぐらいに切り戻します。

切り戻しとは、株の大きさを整えたり、養分を花や新しい芽に送るためなどに行います。

鉢は元の大きさよりもワンランク大きくなった鉢を選んでください。

植え替えた後は、水を十分に与えてやや乾かし気味に管理します。

1週間ぐらいは明るい日陰に配置してください。カランコエ・プミラの葉っぱには、白い粉が付いているように見えます。

これは白い毛で覆われているためです。

植え替え・植え付けのときですが、白い粉に触れると手や腕に付着しますので、気を付けて作業を行ってください。

 

カランコエ・プミラの増やし方

カランコエは挿し芽で増やします。葉っぱを4枚残した状態で茎を切断しましょう。

バーミキュライトなどの土に挿しておくだけで、1か月すれば根が出てきます。

 

カランコエ・プミラの病気・害虫

カランコエ・プミラは、うどんこ病や灰カビ病にかかりやすいです。

うどんこ病は、春と秋の季節に発生しやすく、葉っぱに白い粉のような斑点が付きます。

元々カランコエ・プミラには、葉っぱ全体に白っぽい毛が付着していますが、これとは別です。

薬剤で処置することもできますが、風通しの良い所で管理することが無難でしょう。

灰カビ病は、気温が低い季節に多湿になっている環境で生じます。

灰色のカビが葉っぱに付いて、次第に枯れてしまいます。病気にかかった部分は取り除いて、殺菌剤を撒いておきましょう。

そして、害虫のアブラムシ、ときにはカイガラムシが発生することがあります。

アブラムシもカイガラムシも殺虫剤を散布して駆除しましょう。

アブラムシの場合は、てんとう虫を植物に付けておくと退治してくれますよ。

 

カランコエ・プミラの管理温度

耐寒性も耐暑性もそれほど良くも悪くもないという普通のステータスの持ち主です。

ただ、寒さに関してのポイントは、「凍らない」場所での管理を行いましょう。

カランコエ・プミラは5度以上をキープして冬を越してください。暑い時期では、「風通し」を良くすることが必要です。

 

カランコエ・プミラの種類・品種

カランコエ・プミラは、ベンケイソウ科カランコエ属(リュウキュウベンケイ属)に分類される葉っぱに特徴のある多肉植物です。

原産地は、マダガスカルを中心にアフリカ各地域です。栽培も簡単で、初心者にも人気があります。

白銀の舞」という名で販売されていることもあります。葉っぱが白っぽく、粉がまぶしてあるようにも見えます。

白っぽい粉には、白い細かな毛がついていますので、シルバーグレイの色に見えて美しい姿となっています。

草丈も15cm〜60cmとまちまちです。ピンクの花が咲くと、葉がより際立って、キレイに見えます。

 

カランコエ・プミラの花の形態(どんな花を咲かせるのか)

カランコエ・プミラは、1月〜2月にかけて花びらを反らせて、ピンク色に染まった花を咲かせます。

葉っぱが白いため花がより際立ちますが、どちらかというとリーフを楽しむように誕生した品種です。

可愛らしい花を咲かせるので女性をイメージされます。花のサイズも小さいので、咲くのが楽しみでもあります。

 

カランコエ・プミラのトリビア

カランコエ・プミラの風水

カランコエ・プミラは、花がきれいに咲くカランコエの仲間です。

カランコエの風水上の効果としては、子宝運を上昇させる効果があるとされています。

家の北側や北東、そして南西に配置してみましょう。妊活をしている友達や、娘さんなんかにも贈ってあげるのもいいですね。

ピンク色など暖色の花が、「女性の心」と「前向きな気持ち」にさせてくれます。

 

カランコエ・プミラの花言葉

カランコエ・プミラには、「あなたを守る」「おおらかな心」という花言葉があります。

この花言葉は、カランコエ全般に言えることで、日本での解釈として知られています。

ピンクの花が女性らしさを印象づけるところから、おおらかな心と名付けられたようです。

その他にもカランコエの花言葉があり、「幸福を告げる」や「たくさんの小さな思い出」という意味も含まれています。

 

カランコエ・プミラの由来伝承

カランコエ・プミラには、「白銀の舞(シロガネノマイ)」という別名があります。

これには、リーフ全体に白い粉で覆われている姿を表現しています。

学名は、Kalanchoe pumilaとなっています。カランコエとは、中国名の「加籃菜」から由来しています。

命名した人物は、フランスの植物学者であったミッシェル・アンダーソンです。

プミラという名前には、他の植物にも利用されているありふれた名前です。

 

まとめ

カランコエ属のカランコエ・プミラの育て方についてご紹介しました。

カランコエ・プミラは花というよりも葉っぱの鑑賞を楽しむために作られた多肉植物となっています。

花言葉にも「あなたを守る」という意味があり、結婚を控えている結婚相手に贈ると良いですね。

女性の心を持った植物にパワーを貰って自分自身も美しく穏やかな女性を目指してみてください。

 

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『カランコエ・プミラの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

アロエ・ディコトマ

日当たりがよく、乾燥している環境を好みます。 アロエ・ディコトマの育て方へ

ベンケイソウ

基本的には日当たりの良い場所で育て、夏場は半日陰育てます。 ベンケイソウの育て方へ

ムスコーサ

細長い姿がユニークな多肉植物。 ムスコーサの育て方へ

火祭り

水と肥料を控えめにして、日に当てつつ低温にあてると真っ赤に紅葉する品種。 火祭りの育て方へ

マキギヌ

寒さにたいへん強い、春秋生育型のロゼットタイプの多肉植物です。国内では山野草としても流通します。葉先... マキギヌの育て方へ

胡蝶の舞

茎の先端に釣り鐘状の花を咲かす多肉植物。 胡蝶の舞の育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料