白雪ミセバヤの画像

白雪ミセバヤの育て方

  • ベンケイソウ科
  • セダム属

白雪ミセバヤの基本情報

ジャンル

多肉植物

形態

多年草

学名

Sedum spathulifolium ssp.pruinosum

別名

原産地

中米、アメリカ西部

白雪ミセバヤの性質

栽培難易度

やや易しい

耐寒性

やや強い

耐暑性

やや強い

耐陰性

白雪ミセバヤの育て方の画像

白雪ミセバヤの育て方

白雪ミセバヤは日本ではミセバヤとして流通している多肉植物です。

秋になると葉の先端が紅葉して、いい香りを漂わせます。

ミセバヤと育て方はほど変わりません。そんな白雪ミセバヤについてご紹介していきます。

白雪ミセバヤの基礎情報

白雪ミセバヤの日当たり

半日陰で管理するようにしてください。日光も好みますが真夏の直射日光は避けましょう。

直射日光に当たると葉っぱが焼けて傷みます。

半日陰が用意できないときは、ビニールハウスを作ったり、遮光するようにしてください。

遮光には遮光ネットや遮光カーテンの側、よしずなどありますので調整してみてください。

冬場は日光の当たる場所に移動させておきましょう。夏と冬では育てる環境が違うということがポイントです。

 

白雪ミセバヤの置き場所

雨に当たらないように気を付け、風通しの良い場所で育てるようにしましょう。

風通しの悪い場所で育てていると、腐ってしまう原因となりますので注意してください。

涼しい気温の環境であることも重要です。高山植物ですので、高温多湿が弱点です。

梅雨の時期や夏の暑さには気を付けましょう。その反面冬の寒さには強いので、冬越しも問題なくできるでしょう。

マイナス3度よりも下回る地域であれば、室内などに取り込みます。

 

白雪ミセバヤの水やり

雨に当たらないように気を付け、風通しの良い場所で育てるようにしましょう。

風通しの悪い場所で育てていると、腐ってしまう原因となりますので注意してください。

涼しい気温の環境であることも重要です。高山植物ですので、高温多湿が弱点です。

梅雨の時期や夏の暑さには気を付けましょう。その反面冬の寒さには強いので、冬越しも問題なくできるでしょう。

マイナス3度よりも下回る地域であれば、室内などに取り込みます。

冬場は生育が鈍っており、休眠期に相当する時期です。夏と同じで、水やりを控えるようにしてください。

与えるには、土の表面が乾燥していることを確認してから数日後に与えてください。基本は乾燥しているのが良いです。

 

白雪ミセバヤの肥料・追肥

白雪ミセバヤは肥料を施す必要はありません。

ただ、古い株になってくると栄養が不足して、肥料が必要になる時期がきます。

このときは、鉢植えで育てているのであれば春・秋に、1か月に2度、窒素(N)・リン酸(P)・カリ(K)の三要素が均等に混ぜ込まれている液肥を与えましょう。

地植えしているのでしたら、無理して与える必要はないので用意していなくても問題はありません。

植え替えを行う際に、元肥として肥料を施すとよく育ちます。

 

白雪ミセバヤの用土

白雪ミセバヤは、通気性がよい環境を好み、暑さには弱い植物となっています。

白雪ミセバヤは、多肉植物用の培養土で育てることができます。

さらに、山野草の土も代用できます。また、赤玉土と軽石を同じ量に入れて作るのもありです。

用土は、水はけの良い土にしましょう。それが一番大事です。

 

白雪ミセバヤの植え替え・植え付け・種蒔

鉢植えで育てているのでしたら、鉢の底を見てみて、根が出てきていたら植え替えを行ってあげましょう。

そこから根が出てきているということは、鉢一杯に根が広がって、根詰まりを起こしている可能性があります。

そのままにしていると腐ってしまいますので、すぐに植え替えます。

植え替えから育てている株を取り出して、古くなった土を取り除きます。

根が古くなっているものは、切り落としてしまいましょう。

新しい鉢に多肉植物やサボテン用の土を入れて、株を植えたら終わりです。

植え付けも同じやり方で、3月〜4月か、休眠期に差し掛かる10月の前までが適期です。

 

白雪ミセバヤの増やし方

挿し木と株分けで増やすことが可能です。白雪ミセバヤは、ランナーを伸ばしてくるので茎を切り取って挿すだけで増殖できます。

ランナーを切り取るようにして、下葉を2〜3枚取り除いていきましょう。

そして、倒れさせないように保管して切り口を乾燥させましょう。管理する場所は風のよく通る日陰です。

日が経つと茎の部分から根が生えてきます。発根を確認できたら、各自育てたい鉢や容器に土を入れて植え付けていきます。

きれいに整えたら終わりです。株分けは植え替えのときに同時に行います。

小さくならないように株を分けて、根を多めにつけることが必須です。

切り口が乾燥するまで、日陰で管理しておきます。その後、鉢などに植え替えれば完了です。

1週間ぐらい経ってから、水をあげるようにしてください。

増やす時期も植え替えと同じですので、4月あたりに行うと良いでしょう。

ほとんどの場合、「挿し木」で増やすことが多いので、こちらのやり方がおすすめです。

 

白雪ミセバヤの病気・害虫

メジャーな害虫、カイガラムシやアブラムシが付いていることがあります。

殺虫剤を散布するなどして対策してください。

また、手作業でも取り除くとができますので、薬剤を使いたくない方はピンセットやブラシで取り除きましょう。

風通しを良くすることで、元気で丈夫な株へと育ちます。

 

白雪ミセバヤの管理温度

暑さに若干弱いため、日本の気候には合わないようです。

高温と多湿に弱いので十分注意して育ててください。

その分寒さには耐えやすくマイナス3℃まで持ちこたえてくれます。

 

白雪ミセバヤの種類・品種

白雪ミセバヤはベンケイソウ科で、元々はマンネングサ属の分類されている多肉植物です。

つまりセダム属ということです。「ミセバヤ」と属が異なりますので勘違いしないようにしてください。

原種であるスパッティフォリウムの、園芸種の一つとして流通しています。日本でも輸入されています。

原産地は、アメリカ合衆国のカリフォルニア州から南米のコロンビアという地域ぐらいまでです。

白雪ミセバヤは、耐暑性がない高山植物に分類され、非耐暑性宿根草に区分されています。

露地植えするのであれば、北海道や東北地方などの寒い地域であれば出来なくはないです。

葉っぱはロゼット状に広がり、葉の表面には青白っぽく粉が散らばったようになっているのが特徴です。

一つの葉っぱを見ると、スペードのような形をしていて、大きさも2cm程しかありません。

葉っぱが紫色に紅葉し、いい香りがします。紅葉の時期は春ごろです。

 

白雪ミセバヤの花の形態(どんな花を咲かせるのか)

白雪ミセバヤの花は、5月に黄色い花を咲かせます。

花はどんどん咲きますので、次々とカットしていきましょう。

切った部分から子株が出てくるので、そこから伸びていきます。

花は小さく集まって咲きます。長く伸びていて気になるようでしたら根本から切ってしまいましょう。

 

白雪ミセバヤのトリビア

白雪ミセバヤの風水

白雪ミセバヤはセダム属に分類される植物で、「厄払い」や「運を上昇してくれる」効果があると言われています。

寝室または玄関に飾ることでより運気が高まります。

 

白雪ミセバヤの花言葉

白雪ミセバヤの花言葉には、「静穏」や「憧れ」といったものがあります。

寝室に置くことで何事もなくぐっすり眠れて朝には運気が上昇していることでしょう。

 

白雪ミセバヤの由来伝承

白雪ミセバヤという名前は実にややこしい名前で、ミセバヤという多肉植物とは異なるグループに分けられています。

両者ともベンケイソウ科ではあるのですが、ミセバヤは「ムラサキベンケイソウ属」で白雪ミセバヤはセダム属(マンネングサ属)となります。

学名にはSedum apathulifolium ssp.pruinosumと付けられています。

「セダム・スパスリフォリウム・ケープブランコ」と言われ、これが正式名称となっています。

その他の名前にも、キャバブランコやキャバブランカという名前もあります。

 

まとめ

ちょっと名前がややこしい、白雪ミセバヤの育て方についてご紹介しました。

一般的なセダム属とは違って、冬でも元気で居てくれますが、暑い季節は夏バテしてしまうようです。

春には黄色い花が咲いて、キレイです。葉っぱには白い粉がかかっているようで、美しいです。

園芸名にもあるように、白雪という名前が似合う多肉植物ですね。

環境面に注意していれば、栽培難易度はそう高くもないので、是非日常生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

takenaka

takenaka

お花と植物を愛するライター。 お花と植物と共に暮らすグリーンライフに憧れて、去年お庭付きの一軒家に引っ越しました。まだまだ理想のお庭にはほど遠いけど、週末の楽しみは少しづつお庭の手入れをすることです♪

『白雪ミセバヤの育て方』の記事をみんなに紹介してみましょう

多肉植物・サボテンの新着コラム

多肉植物・サボテンの新着投稿画像

多肉植物・サボテンの種類

ゲッカビジン

生育期(春〜秋)は屋外の半日陰、冬場は室内の日当たりのよい場所で育てます。 ゲッカビジンの育て方へ

銀波錦

波打っているような白い葉っぱを持つユニークな多肉植物。葉の表面は白い粉を帯びたおり銀色に見える。 銀波錦の育て方へ

レフレクサム

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 レフレクサムの育て方へ

ベルム

年間を通して日当たり、風通しが良い場所で育てます。高温多湿に弱いので、注意しましょう。 ベルムの育て方へ

エレガンス

半透明で美しい葉を持っている。性質は剛健で真冬以外は屋外管理で良いでしょう。 エレガンスの育て方へ

マハラジャ

柱状に育つユーホルビア・ラクテアが帯化し、葉要素が抜けるようになった品種です。タイで栽培された物が多... マハラジャの育て方へ

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料