つれづれと日記。

気の向くまま、書きたいときに書きます。
個人的なご報告…みたいな感じかな。

ZX

2017.11.21

2

2017/11/21(火曜日)

今日は唐辛子の収穫をいたしました♪
本当は2枚投稿したかったのですが、1枚ずつしか投稿できないのが残念…。

もう1枚は、次ので出します☆

僕は唐辛子が大好きなもので、今年はあれこれ育ててみよう…と7種類を栽培。
第一弾、タカノツメ・黄唐辛子・ひもとうがらしです。
辛さが柔らかくタカノツメより控えめなのがひもとうがらし。
タカノツメより辛い黄唐辛子。

ひもとうがらしは去年、母親がうちでゆず胡椒を作る際に蒼い実を使っていました(^-^)
旨味があって美味しかったそうです♪

種もしっかり入っているみたいで、また来年もいっぱい栽培できそうです(^∀^) ♪

2017/11/21(火曜日)2

こちらは第二弾、四川唐辛子・黒唐辛子。

本場志向の麻婆豆腐に使う、丸っこくて可愛いのにオーバーヒートな四川唐辛子。

黒唐辛子は、去年に黄唐辛子の種取りをした際に混じったであろう黒獅子唐“のはず”…
しかしながら、黒獅子唐だと思って母親が“これ美味しいじゃんねー♪”とかじったら激辛だった…というアクシデントを生み出したシロモノ。

たぶん、黒獅子唐が偶発的に唐辛子本来の辛さを取り戻したものかと思われます。
なので、僕は“黒唐辛子”と呼ぶことにしました。
未熟果が黒いだけで、完熟果は赤くなります。

まだあと、色づきが弱いものが2種類。
タバスコとハバネロ。
そちらはもう少し様子を見てから、改めて干し上げをしようと思っています。
もう少しで(種取りとしての)色づきがよくなる伏見甘長と一緒のタイミングでいいかな…と。

来年はさらに、巨大唐辛子とミニ唐辛子をラインナップに加えようと思います。

ジョロキアとかトリニダード・スコーピオン(モルガ・スコーピオン)は誤食を防ぐために避けようと考えています…
食べたらたぶん死ぬので(苦笑)…(´ω`;;

2017/11/30(木曜日)

今日は、以前に収穫していた白あずきと黒あずきの選別をしておりました♪
去年から存在を知り、栽培をしてみた稀少種。

白あずきは小粒のあずき。高級白餡の原料として使われますが流通量も少なく、こだわりの和菓子店が使っている程度と聞きます…。

今年、植え残しの苗を職場のおじさまに数本あげたら“調子よく育ったよー!!”“いっぱいなったよー♪”“食べてみたら甘くて美味しかったわー!!”…と喜んでいただけました(^∀^)

そして、黒あずき。普通のあずきとサイズは同じくらいです。真っ黒という訳ではなく、まだらに黒い模様が入っている…そのあたりは野生種の“ヤブツルアズキ”か?と思っていましたが、栽培してみると蔓はなく、姿形は普通のあずき。いろいろ調べてみると真っ黒な種類があるとか、黒いんげんを黒あずきと称することがあるだとか情報は錯綜…(´ω`;;

普通のあずきとちょっと育て方が違うみたいで、試行錯誤しながらのトライアルです。
とりあえず来年の種は確保しました♪

ちなみに、食べるには量が足りない…
大袋に“B”と貼ってあるやつは“B品”。天候不順で株が倒れ、泥まみれ傷みだらけになってしまったものなので食用には向かないのです…
種には使えるのですが、ね…( ̄∀ ̄;;

ヤブツルアズキも、実を食べるとぷちぷち食感が意外に美味しいのだとか。
緑豆もやしにつかう“緑豆”も、じつはあずきに似たようなもの(栽培して実をとったことがあります)。
来年は、4色ぜんざいができるかも!?
そのためには改めて、丹波大納言と緑豆を買い直さねば…

やっぱり僕は、豆が大好きみたいです(笑)♪

2017/12/14(木曜日)

今日、ふいに見たら咲いてました。
コマツヨイグサ(小待宵草)。
アカバナ科マツヨイグサ属、多年草。

名の通り、夜に咲く花です。
これは以前に海に行った際、砂浜で採取してきたもの。
要注意外来生物(特定外来生物ではない)のため、各自治体で駆除を進めているところもあるのだとか。

こんな可憐な花も運命に翻弄されるのですから可哀想なものです…。

柔らかいハート型の花びらを4つ、くるりと回して咲いていました。
今は黄色ですが花がしぼむと紅色になるという、かわった特徴を持ちます。
以前に咲いた花のあとにできた種がこぼれて、同じ鉢のなかから何本か発芽してきました…
なるほど繁殖力は旺盛だ…( ̄ω ̄;;

家の中ならこの時期でもまだ咲くようです。
野に逸脱させなければ、愛でるにはちょうど良いかもしれません。
小さくて可愛くて、面白い。

待宵草という名はその姿や咲き様だけじゃなく、それを見る人間にも当てはまるのではないでしょうか。
こんな花が咲くのなら、夜が待ち遠しくなりそうです。

『つれづれと日記。』のみどりのまとめをみんなに紹介してみましょう

2

家庭菜園に関連するカテゴリ

家庭菜園のみどりのまとめ

それ行け!Garden farm☆★ 〜開拓期〜

Photo By inobon

ストロベリーポットでいちご栽培

ダイコン

つれづれと日記。

ZX

いちごチャレンジ!

淡路島産玉ねぎ

家庭菜園の関連コラム

いつものアレンジに秋色をプラス! オモチャカボチャを素敵に変身させてみようの画像

いつものアレンジに秋色をプラス! オモチャカボチャを素敵に変身させてみよう

こんにちは。ライターのariです。 ハロウィンのために買ったオモチャカボチャ、 当日を過ぎたら、みなさんはどうしていますか? せっかくだから、秋のアレンジに加えてみては? そこで、オモチャカボチャを使...

内田アリ

2017.10.31

カラフルさが目に飛び込んでくる! 美しくき野菜たち9選の画像

カラフルさが目に飛び込んでくる! 美しくき野菜たち9選

こんにちは。ライターのariです。 先日、美しい色のお野菜に出合いました。 スイスチャードです。 赤や黄色、オレンジなど、 とても野菜の色とは思えない美しさ! そして私は、お野菜って本当に美しいな〜と...

内田アリ

2017.08.23

ヤーコンの育て方の画像

ヤーコンの育て方

ヤーコン、と聞いてもあまり知らない人も居るかもしれませんが、実はとっても育てやすくて身体にも優しい優秀な野菜なんです。 今回はそんなヤーコンの育て方についてご紹介します。 ヤーコンの基礎情報 ヤーコ...

takenaka

2017.07.18

アセロラの育て方の画像

アセロラの育て方

アセロラは、西インド諸島や、南アメリカ北部〜中央アメリカが原産と言われている熱帯果樹で常緑性の低木です。 キントラノオ科のヒイラギトラノオ属に分類されています。 そんなアセロラの育て方について次から詳...

FLORA

2017.07.04

イネの育て方の画像

イネの育て方

トウモロコシやコムギと共に、世界三大穀物の1つとなっている植物です。 「イネ」というと、とくにアジア栽培イネを指し、皆さんの想像する「イネ」がそれにあたります。 収穫されたものは、「米」と呼ばれ、日本...

takenaka

2017.05.16

家庭菜園の新着投稿画像

matisia

58

先月接木したパパイヤ、やはり接ぎ穂の栄養状態がよくなかったのか、上から枯れ込んで来ました。右下の方に膨らんだ芽がありますので、何とか頑張って接いでほしい物です。

matisia

49

さてと。ここ数日の間に貯まりに貯まったビリバ・デリシオーサの種120個以上を一気に蒔こっと。

おのたん

42

ブロッコリー だいぶ大きくなってきました。 さすがに今日は、 ハウスも寒いですね😵

ゆっきー♂☆

107

ベランダのオリーブ♪ 大粒のホジブランコは50粒近く実ったのに、熟してきたらヒヨドリに食べられて28個。 収穫します~o(*⌒―⌒*)o

桜秀華

24

雑草とネギの区別はつくんですか。 ……それなりに。 貸し農園、次の3月撤収のため、やる気がイマイチ。 下仁田ネギ、伸びない。どうしよっかなー。 とりあえず雑草を抜けって話。

桜秀華

27

キャベツがキラキラー。 …って、凍っとるがな! 早朝、出勤前に畑に立ち寄るようになったため、冬の野菜たちがこんなことになってたとは知らなんだ。 貸し農園歴6年目。 知らないことは、まだまだたく...

kasakoma

57

女性に嬉しい赤ピーマン💕 昨日収穫しました。 緑より赤の方がビタミンCが多いそうです。 苗になってる緑色のピーマンが全て赤くなるまで待ってましたが、苗自体さすがにこの寒さに耐えきれず限界にきてい...

matisia

145

ホワイトサポテ、人工受粉をしたものの次々と落果し、残りはこれだけ。何とか育ってくれないものか。

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード
無料