警告

warning

注意

error

成功

success

information

アジサイ(紫陽花)の冬の手入れまとめ!冬越しや剪定の方法、開花時期までの管理は?

初夏の時期に青色やピンク色など色とりどりの花を咲かせるアジサイは、日本でも大変人気がある植物ですね。アジサイは毎年花を咲かせるので、冬の時期もお手入れすることで翌年も綺麗な花が楽しめます。

地植えだけでなく鉢植えでも育てられるので、ご自宅でも栽培しやすいですね。アジサイの冬の手入れ方法を知って、ご自宅でもアジサイの観賞を楽しんでみましょう!

ここでは、アジサイの冬越しや剪定、そして植え替え方法などについて詳しく解説していきます。

アジサイ(紫陽花)にとって冬は休眠期

梅雨の時期に咲くアジサイは、11月頃から紅葉して翌年の2月頃まで休眠期に入ります。多くの植物は寒い冬の時期に休眠期を迎えますが、アジサイも同様です。アジサイにとっても、冬は暖かい春の時期に綺麗な花を咲かせるための準備期間といえるでしょう。

この時期は植え替えや植え付け、挿し木などをしておくとよいです。

アジサイ(紫陽花)の葉が落ちないこともある?

アジサイは秋~冬になると葉が落ちるイメージがありますが、全てのアジサイがそうとは限りません。アジサイには落葉性と常緑の種類があり、落葉性の場合は秋に紅葉して葉が落ちます。

一方で、常緑のものは落葉しないで一年を通して緑色の葉をつけた状態のままです。ただし、常緑のアジサイは寒さに弱い性質があるので、冬場の管理は重要です。

アジサイは冬越しが大切なので、ご自宅で栽培する際は育て方に適した冬越し対策をしましょう!それでは、アジサイの冬越しの方法について詳しく見ていきます。

アジサイ(紫陽花)の冬越しの方法

鉢植え

鉢植えのアジサイの冬越しは、屋外では日当たりのよい場所で管理しましょう。半日陰の環境でも育ちますが、元気よく育てるためには日の光に当ててあげることが大切です。冬の間でも2日に1回は水やりをし、緩効性肥料を与えます。

アジサイは冷たく乾燥した風が苦手で風に当たり過ぎると枯れてしまうこともあるため、風が直接当たらない場所で管理してください。因みに、冬越しの際はキャスターが付いている台車を使うと鉢の移動が便利です!

特に寒い地域では、鉢植えの土の表面にチップや腐葉土などを置いてマルチングすることで、乾燥などを予防できます。

常緑のアジサイは寒さに弱いため、室内に取り込んで気温が5℃以下にならないように管理しましょう。室内では、エアコンの乾燥した風が直接当たらない場所で管理してください。冬でも水や肥料が必要なので、適切なタイミングと量を与えることが大切です。

地植え

地植えのアジサイでは、朝と夜の気温が10℃以下になるようであれば寒冷紗(かんれいしゃ)を使用します。アジサイの周囲に支柱を立てて寒冷紗を設置することで、冷たい風に当たらないようにしましょう。

寒さ対策としてビニール製のものでもよさそうですが、覆ったときの内側の気温をコントロールするためにも、寒冷紗を使用することをおすすめします。

東北地方など寒い地域では、「冬囲い」することが欠かせません。木材などでアジサイを囲むことで、寒さ対策はもちろん雪の重みからも守る役割があります。冬囲いは、11月中旬頃までに済ませておきましょう。

アジサイ(紫陽花)の冬の剪定

アジサイの剪定は、夏と冬の年2回行うことができます。アジサイは必ず剪定が必要な植物ではありませんが、剪定することで見た目もよくなり、翌年も綺麗な花を咲かせることができるでしょう。

冬剪定に最適な時期は10~3月頃で、枯れたり混み合った枝を中心に取り除くことでアジサイの株を健康的に維持します。全体的に混みあっている箇所があれば、風通しをよくするために間引きします。このとき、新しい枝は残して古い枝を取り除きましょう。アジサイの枯れた枝があれば、剪定バサミでカットしてください。

アジサイ(紫陽花)の冬の植え替え

アジサイは、年に1回休眠期である11~2月頃に植え替えが必要です。鉢植えのアジサイは植え替えしないと根詰まりを引き起こすため、定期的に植え替えすることが大切といえます。

アジサイの植え替えでは、今よりも一回りほど大きな鉢を準備します。鉢中に鉢底石を敷いた後、用土を入れてください。次に根鉢を崩さないようにしながら、アジサイの株を新しい鉢に入れ替えましょう。割りばしなどで土を突いて、隙間がないようしっかりと土を入れてください。

アジサイを植え替えるときは、直射日光が当たらない場所で作業することをおすすめします。アジサイは一年を通して土が湿った状態を好むため、直射日光を避けることで土の乾燥を予防できるからです。

春から開花時期までのアジサイ(紫陽花)の手入れ

寒い冬の時期を乗り越えたら、アジサイの新芽が膨らみ始めます。この時期は挿し木や株分けなどでアジサイを増やすことができるので、ぜひ挑戦してみましょう!

この時期に行う挿し木は「休眠枝ざし」と呼ばれ、挿し木した後日当たりのよい場所で管理して水やりすることで、約3ヶ月後には発根します。一般的なアジサイの挿し木は5~7月頃、または9月頃が最適な時期なので、春を過ぎた場合はこの時期に挿し木しましょう。

アジサイの株分けは11~3月頃が適期で、大きく育った株を掘り上げて根の部分を半分に切り分けてください。株分けすることでアジサイ全体を小さく維持することができるので、管理しやすくなります。

アジサイ(紫陽花)の冬の管理をして、翌年もきれいな花を咲かせよう

今回は、アジサイの冬の管理方法について紹介しました。初夏の時期に綺麗なアジサイを咲かせるためにも、冬の時期のお手入れは大切なことが分かりましたね!アジサイは鉢植えでも育てられるので、ご自宅でも育てやすいと思います。

アジサイを栽培する機会があれば、今回紹介した冬の管理方法を参考にしてみてくださいね。翌年も綺麗なアジサイを咲かせましょう!

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

花のある暮らしに関連するカテゴリに関連するカテゴリ

花のある暮らしの関連コラム

ランタナは植えてはいけない?理由やどうしても植えたい場合の注意点は?の画像

ランタナは植えてはいけない?理由やどうしても植えたい場合の注意点は?

【夏の花図鑑30選】夏に咲く花は?開花時期別に花の名前を見てみよう!の画像

【夏の花図鑑30選】夏に咲く花は?開花時期別に花の名前を見てみよう!

『GreenSnap Marche For Kids FUKUOKA2022』イベントレポート🌱の画像

『GreenSnap Marche For Kids FUKUOKA2022』イベントレポート🌱

シクラメンの夏越し|休眠させる方法や失敗しないコツ!新芽はいつ出てくる?の画像

シクラメンの夏越し|休眠させる方法や失敗しないコツ!新芽はいつ出てくる?

紫陽花の別名を8つご紹介!七変化や四片などの名前の由来は?の画像

紫陽花の別名を8つご紹介!七変化や四片などの名前の由来は?

花のある暮らしの新着投稿画像

人気のコラム

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
492

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
397

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
320

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
309

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
278

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!