朝顔のグリーンカーテン|ベランダやフェンスにできる?誘引の方法は?

アサガオは小学校でも授業の一環として育てられている植物で、馴染み深い植物ですね。とても強健で育てやすいので、初めてのグリーンカーテンづくりにはもってこいのお花です。

今回は、アサガオを使ったグリーンカーテンの作り方をご紹介します。

グリーンカーテンの効果とは?

グリーンカーテンは緑のカーテンとも呼ばれる、主につる性の植物でつくる自然のカーテンのことです。

グリーンカーテンは日光を最大80%遮断して、窓際温度は最大10°Cほど涼しくなるとも言われています。目隠しにもなり省エネルギーにつながることから、注目を集めている、エコなカーテンです。

グリーンカーテン向きのアサガオとは?

アサガオには、大きく「日本アサガオ」「西洋アサガオ」の品種が存在します。それぞれ次のような特徴がありますが、グリーンカーテン向きなのは、どちらかというと「西洋アサガオ」です。

  • 日本アサガオ:低めに育つので、狭い範囲のグリーンカーテンに向いていて、成長も緩やかなため、あまり手入れもかかりません。花色・花柄・大きさなどの展開が豊富です。
  • 西洋アサガオ:生育旺盛で葉も密集して育つので、広い範囲のグリーンカーテンでも対応できます。耐寒性も比較的強いので、霜が降りるころまで咲き続けます。

グリーンカーテンにおすすめのアサガオの品種

ヘブンリーブルー

ヘブンリーブルーは西洋アサガオのひとつで、あたたかい地域では8月以降から霜のころまで咲き続けます。くすみ感のある落ち着いたブルーの花色が特徴です。

フライングソーサー

フライングソーサーは西洋アサガオのひとつで、同じくあたたかい地域では8月以降から霜のころまで咲き続けます。白地にスカイブルーの爽やかなストライプが入る花色です。

曜白朝顔

曜白朝顔は日本アサガオと西洋アサガオの交配種で、花の縁と内側に白い模様が入る花柄が特徴です。草丈がよくのび、開花時間も日本アサガオより長いです。

アサガオのグリーンカーテンの準備

用意するもの

  • プランター:65×30×35cmの土容量35リットルなどの大きめサイズがいいでしょう。
  • 用土:市販の花草用培養土、もしくは赤玉土5:腐葉土4:川砂1の配合がおすすめです。
  • ネット:マス目は10cm掛けのものを選びましょう。
  • 支柱:ネットを張るために使います。基本は2本用意するといいでしょう。
  • ワイヤー:ネットを支柱に固定するために使います。雨水に強いものを選びましょう。

グリーンカーテンのネットの貼り方

グリーンカーテンの成功の鍵は、ネットの張り具合です。つる性の植物は安定感のあるところに、つるを伸ばしていく習性があります。安定感のないゆるゆるのネットだと、上方向にしか育たずに、スカスカのグリーンカーテンになってしまいます。

しっかりとネットを固定して、縦横バランスよく、つるが伸びるようにしてあげましょう。

支柱を使ってネットを張る方法

つくりたいグリーンカーテンの高さに合わせた長さの支柱を2本、ネットの横幅にあった横軸用の支柱を2〜3本用意します。支柱を組み立てて、ネットを張ったら、プランターと壁面の間に設置します。ベランダや軒下に、ワイヤーでしっかり固定させましょう。

ロープと物干し竿を使ってネットを張る方法

あらかじめ、ネットの両端にロープを通しておき、上部分はベランダや軒下の物干し竿、下部分はフェンスに結びつけるか、角材やプランターを噛ませるなどして固定してください。ネットの角度は70°くらいが適正で、その内側にプランターをおきましょう。

アサガオ のグリーンカーテンの設置場所

アサガオは風通しと日当たりが良い場所を好みます。日当たりのいいベランダや庭に、ネットを張って育てていきましょう。半日陰でも育っていきますが、つるが一定の方向にしか伸びなかったり、生育が盛んになりすぎるので、比較的細かな手入れが必要です。

グリーンカーテン:アサガオの育て方

種まきの詳細など、基本的な育て方はこちらを参考にしてください。
>>アサガオの育て方<<

 

アサガオの種まき

アサガオの種まきは5月が適期です。種まきをしてからは日陰で乾燥しないようにこまめに水をやって管理してください。

プランターや庭に直まきする場合は、土に約1cmほどの穴を15〜20cm間隔で開け、そこに2〜3粒の種を重ならないようにまきます。ポットで育苗する場合は、3号ポットに種まき用の用土を入れ、2〜3粒の種をまいて土をかぶせます。

アサガオの間引きと植え付け

アサガオが発芽して子葉が完全に開いたら、プランターの場合4〜5株にまで、ポットの場合育成の良い株だけを残して、あとは間引きましょう。

ポット苗を購入した場合や、実生のアサガオが本葉が3枚ほどに育ったら、15〜20cm間隔でプランターや地面に植え付けしていきます。

アサガオの摘心と誘引

アサガオは摘心することによって、脇芽を生やし、横につるを伸ばすようになります。本葉が6〜7枚になったら、つるの先を3cmほど切り落として摘芯しましょう。そこから脇芽がどんどん伸びてくるので、つるを巻きつけてネットやフェンスに誘引していきます。

アサガオの誘引のポイント①

アサガオはつるバラなどと違って、どんどんと自らつるを巻いて成長していく性質があります。そのため、つる同士が絡まり合ったりしてしまうこともあるので、その時は優しく解いて、空いたスペースに誘引し直してあげましょう。

アサガオの誘引のポイント①

アサガオのつるは上から見た時、反時計まわりの左巻きです。ネットやフェンスに誘引するときは、網目をジグザグに、左巻きに巻きつけていきましょう

アサガオでグリーンカーテンのある暮らしを楽しもう!

アサガオは青や紫の大きな花を咲かせるので、グリーンカーテンが出来たときにはお花の絨毯が出来上がるでしょう。みなさんもぜひ、家のベランダやフェンスにはわせて、アサガオでグリーンカーテンづくりに挑戦してみてください!

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

グリーンカーテンに関連するカテゴリに関連するカテゴリ

グリーンカーテンの関連コラム

朝顔の棚を作ってみよう!の画像

朝顔の棚を作ってみよう!

朝顔のグリーンカーテン|ベランダやフェンスにできる?誘引の方法は?の画像

朝顔のグリーンカーテン|ベランダやフェンスにできる?誘引の方法は?

ハツユキカズラを育てて目隠しフェンスを作ってみよう!の画像

ハツユキカズラを育てて目隠しフェンスを作ってみよう!

今年の夏はグリーンで爽やかな涼を。グリーンカーテンにおすすめの植物5選の画像

今年の夏はグリーンで爽やかな涼を。グリーンカーテンにおすすめの植物5選

和柄のグラデーションが涼しげ!日本の初夏にお似合いの「クレマチス」の画像

和柄のグラデーションが涼しげ!日本の初夏にお似合いの「クレマチス」

グリーンカーテンの新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
366

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
358

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
306

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
262

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
237

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?