水やりに注意?常緑ヤマボウシの育て方!

FLORA

FLORA

公開日:2016.12.13

冬でも落葉しない常緑のヤマボウシ。

しかし水やりを怠るなどして育て方を誤ってしまうと、枯れて葉が落ちてしまいます。

そうならないように、正しい育て方を今回ご紹介するのでご一読ください。

水やりと肥料

ヤマボウシは近年生まれた品種で流通量が少ないですが、水やりや肥料のやり方は正しい方法がわかっています。

基本的には土が乾いたタイミングで水を上げてください。

鉢植えはもちろん、庭植えでも雨に任せずしっかり管理して水をあげてください。どちらの場合でも同じです。

肥料に関しては真冬にあげます。

その際、盲滅法に固形肥料を根に植えるのではダメです。

根の先に20センチほどの穴を掘って堆肥を植えてください。

もし冬にあげる機会を逸してしまった場合は、花が枯れた後化学肥料をあげてください。

管理場所・温度

基本的にヤマボウシは日当たりの良い所でも、一日数時間しか日が当たらない「半日陰」の場所でも生育することが可能です。

ただし、半日陰においては花が減るという傾向があるので、極力日当たりの良い場所で育てるほうがベターです。

温度に関しては、寒さ暑さ両方に強いです。

耐寒に関してはマイナス5度〜8度まで耐えられます。

暑さは日本で育てるのであればどこでも耐えられます。日照りによる暑さは心配ありません。

しかし、西日が強すぎて乾燥しすぎるのは良くないです。その折は水やりを増やすなどして対処しましょう。

剪定

折を見て剪定してください。というのも、過度に茂らせると風通しが悪くなってアブラムシカイガラムシなどの病害虫が発生します。

そうなれば葉が食い荒らされるなどして見た目もヤマボウシの調子も悪くなります。

そうならないように、冬ごろ(特に1〜3月がベスト)に剪定してください。

まとめ

以上のように、ヤマボウシにはいくつかの留意点があるので、それぞれに注意して育てましょう。

基本的に温度変化に強く育てやすいので、メンテナンスに手間がかかりません。

落葉も少ないことから、葉の処理も落葉樹に比べて軽いでしょう。

おすすめの植物なので是非お試しください。

 

 

※トップ画像はPhoto by R子さん@GreenSnap

FLORA
1985年生まれ。 お花もグリーンも生活の一部。 休日はもっぱらグリーンのあるカフェ巡り。

剪定に関連するカテゴリ

剪定の関連コラム

剪定の新着投稿画像

メグ

18

【20201030】今年がっつり剪定した南天ですがしっかり実ってます🍀

B i B i

18

庭仕事 どうしていいか分からずに伸び放題だったジャスミンを思い切って切ってしまったら、こんなにリース台ができた。 ヤッター🙌 100均で買わなくても良くなったよ!

babykinoko

64

おはようございます☁️ 🌸丸くて可愛い🌸

haseyan

90

里山でノシラン発見です👍 カンランに葉姿ソックリでしょ 花茎ついてなければ ビックリです👍

haseyan

110

畑の白菜や大根も日に日に 立派になってきました🎵

あおいねこ

15

樹木の剪定もバッサバサと。 スモークツリー、ジューンベリー、キングサリ、ブッドレア、エルダーフラワーなどのこぎりも使ってかなり切りました。 手に負えないくらい大きくならないようこまめに切って管理しよう...

しおん

15

いい陽気なのでコニファーを剪定 丸いトピアリーに仕立てる準備 この時期見ると夏に伸びた枝が 小さい鉢でもこれくらいは伸びている 夏前に一度切ってるんで春から放置してたら 倍以上の長さになってると思う...

babykinoko

61

おはようございます☀ 💖ピンクのカラテア💖も大好き💕

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード