インテリアとしてクリスマスローズをセンスよく飾ってみよう!

FLORA

FLORA

公開日:2017.02.24

クリスマスローズというのは、日本とは違って本来は原産地であるヨーロッパにおいては、ヘレボルス属原種の中の1種である『ニゲル』の事を指します。

そんなクリスマスローズの基礎知識やセンスよくインテリアとして飾る方法をご紹介します。

クリスマスローズはバラ科の植物ではない?

クリスマスローズは日本では、原種や交配種に関係なくヘレボルス属全体の事を指しています。

ヨーロッパのように『ニゲル』のみを意味してはいません。

この名前の由来は、『ニゲル』が冬のクリスマスの時期である12月末頃に白い花を咲かせる事に由来しています。

ローズという言葉が入っていますが、実はバラ科ではなくキンポウゲ科の植物となっています。

日本でも市場ではよく流通していて愛好家の間ではとても人気があります。

日本でよく流通しているクリスマスローズガーデンハイブリットは、『レンテンローズ』とも呼ばれています。

また毎年花を楽しむ事ができる多年草です。

またクリスマスローズは根や茎葉に有毒成分が含まれています。

草丈は30cm~60cm程度です。栽培の難易度としては普通くらいです。

 

クリスマスローズの基本的な育て方

クリスマスローズには大きく分けると『有茎種』と『無茎種』の2種類がありますが、どちらも基本的な育て方としては、通気性や水はけの良い土で育てる事がポイントとなります。

市販のものを利用すると簡単です。

種から育てる場合には5月頃に水で湿気を含んだ土の上に等間隔で蒔くようにします。

葉が出てくるまでは水やりを行いながら日陰の場所でお世話します。

みずやりは表面の土が完全に乾いていたら行います。

地植えなら雨に任せてもOKです。

肥料は控えめを心掛けましょう。

 

センスの良いクリスマスローズの飾り方

クリスマスローズの花の色は白色以外にもピンク系のものもあります。

透明なグラスなどに一輪挿しで飾っても素敵です。

また花だけをボウルなどに水をはってその中に浮かべてみたりしても雰囲気が出ます。

花や葉などを乾燥させて押し花にしてから額縁に入れて棚などにディスプレイしても芸術的です。

 

まとめ

クリスマスローズについてとセンスよく飾る方法についてご紹介してみました。

ぜひこの記事を参考に挑戦してみて下さいね。

 

 

※トップ画像はPhoto by えみっぺさん@GreenSnap

FLORA
1985年生まれ。 お花もグリーンも生活の一部。 休日はもっぱらグリーンのあるカフェ巡り。

一輪挿しに関連するカテゴリ

一輪挿しの関連コラム

一輪挿しの新着投稿画像

ほりー

34

置き場所を追いやられてキッチンカウンターに移動したコリウスが、ストレッチしながらふと見上げたらとてもきれいでした。 きれいなお花だとしても、食べられない植物を育てるなんて面倒だと思っているような人間...

おもち

19

花屋さんのミニブーケのお花を花瓶二つで分けっこ💐 同系色でまとめるの好きだな〜☺️

SHINPEI

56

フレームと一輪挿しが一体化したFLAT FURNITUREさんのプロダクトに新しく生けたのは、リューカデンドロンとグレビリア。 色味が爽やかで、すこし夏っぽいですね。

ツバキ

110

二番手の花が 咲き出しました😊

もちとら

33

束の間の夏休みに入りました☀️ 久方ぶりの投稿は野バラの実🌿 枝ものに挑戦しました!

ほりー

34

昨日の残りのお花を切らずにただぽいぽい 室内に飾るところがなくなってキッチンに持ってきたものの、頭上の棚につっかえるのでシンクの中にしか置けません… て 書きながら、これ短く生ければよかったんじ...

咲きちゃんの娘

6

アルストロメリア "ブライズメイド" 「未来への憧れ」

Ringo

34

庭のフウセンカズラ🎈 母が大切にしていた一輪挿しにさしてみた。

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード