花を引き立てる名脇役の「カスミソウ」。その健気な可愛らしさにキュンとくる!

内田アリ

内田アリ

公開日:2017.03.15

こんにちは。ライターのariです。

カスミソウって、誰もが知っている花ですよね。
まわりの花を引き立ててくれる、名脇役的存在!

かつては、アレンジには欠かせない花でしたが、
よくよく見ると、
それだけでもとっても可愛らしいお花です。
そして、ドライにしても素敵なのです。

そこで今回は、カスミソウについてご紹介します。

カスミソウって、どんな花?

「春霞」のように見えることから、
この名が付いたと言われている「カスミソウ」。

枝分かれした先にたくさんの小花を咲かせ、
アレンジやブーケには欠かせない存在です。

純白の小さな花は、約1センチほど。
よーく見ると、ますます可愛らしいお花ですよね。
英名は「Baby’s breath(赤ちゃんの吐息)」。

ブーケやアレンジの花材としてもよく使われ、
他の花と合わせると、
まるでベールのようなイメージに仕上がります。

それだけでも素朴で可愛いのですが、
少し臭いがあるので、他の花と組み合わせるのがよいでしょう。

「無垢の愛」や「幸福」「清らかな心」などの花言葉をもち、
純白や純心なイメージがあり、
ウェディングブーケでもよく使われます。

最近では、カラフルなカスミソウもよく見かけますよね。

 

ドライやリースにしても素敵!

カスミソウは水分が少ないので、
ドライフラワーにするのにも向いています。
ドライにすると、少しアンティークっぽい色合いになり、
バラなどの他のドライどの相性もよいですね。

ブーケの花が枯れてしまっても、
カスミソウだけをドライにしてもいいでしょう。

真っ白なリースも素敵!

こんなシンプルなアレンジも!
白とグリーンでナチュラルに。
リボンが付いて可愛らしいです。

お庭で育ててみるのもおすすめ。
白い小さな花が咲くと、
華やかな雰囲気になりますね。

 

たまには、メインの花ではなくて、
脇役のカスミソウにも目を向けてみましょう。
また違った魅力が感じられるはずです。

内田アリ
フリーランスの編集ライター。ウェブサイト、ムック、フリーペーパーなどの媒体で執筆中。ハマっていることは植物、インテリア、海、 iPhoneでのカメラ撮影&加工。気に入った写真はInstagramでアップするのが日常です。

花束に関連するカテゴリ

花束の関連コラム

花束の新着投稿画像

マッキーコーチン

37

小さな花束😁 先週作った小さな花束だけど…庭に花の種類が増えたから…選び放題😋♪ でもコレって…梅雨とか夏本番を迎えた時、お花さんは…どうなるんだろう…😂 とても衝撃的な思い出になりそうな...

アトリエK

45

ミモザを入れた花束

may1225

46

今日は「国際女性デー」 ミモザの日でもあるそう✨ 愛と幸福を呼ぶというミモザを、自分にとって大切な女性に贈る習慣がイタリアではあるそうです。 日本にはまだまだ浸透してないけど、素敵な習慣ですね😌

小手鞠

73

ミモザ 今日のお花です💐先日プレゼント用に作った花束に給水していた時のものです✨ とっても喜んで貰えて嬉しかったです😊

アクア・ブルーム

47

今日のお花 ミモザ。3月8日は国際女性デー、そして ミモザの日🌼です。ふわふわの子達が本日入荷してます❣️ つくば市の花屋 アクア・ブルーム

はな

42

手作り椅子に花束💐を飾ってみた

アトリエK

15

送別用花束💐

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード