地味だけど大活躍!リュウノヒゲをセンスよく活用する方法

遠藤美香

遠藤美香

公開日:2017.03.25

育てやすいけれど地味っぽい見た目のリュウノヒゲ

土を野ざらしにしないために庭植えされることがしばしばです。

今回はそんなリュウノヒゲをセンスよく活用してあげる方法をご紹介します。

 

そもそもリュウノヒゲって?

リュウノヒゲは、暑さ・寒さ・乾燥にも比較的耐えうる強靭な植物です。

東アジアからフィリピンにかけて生息しており、古来より庭園の下草として広く使われていました。

名前の由来は、細長く伸び上がる10センチほどの葉が龍の髭に似ているといわれたことにあるそうです。

日照りが続かない限り、水やりもほぼ必要なく、青々と葉を茂らせてくれるため、現代でも重宝されています。

 

リュウノヒゲ活用法・レンガの隙間埋め

庭先などにレンガを敷き詰めようとお考えの方は、是非ともリュウノヒゲを活用してみてましょう。

どうしても生まれてしまう隙間はみっともない様に見えます。

そこにリュウノヒゲを植えてしまえば、ナチュラルな仕上がりに!

雑草を生やすよりも、よっぽど青々しく美しい隙間に仕上げられます。

 

リュウノヒゲ活用法・芝生代わりに

リュウノヒゲの魅力はなんといっても、管理のしやすさと青々とした葉です。

これらの2点を活かして、お庭の1画にリュウノヒゲを敷き詰めてみましょう。

一気にお庭の自然味が溢れます。敷き詰めずとも、網目状に植えてもオシャレでしょう。

 

リュウノヒゲ活用法・アクアリウムに

リュウノヒゲは陸で育つ植物です。

水中では枯れてしまいますが、アクアリウムの水に使っていない部分に植えれば、強靭なので生き続けることができます。

もしくは本格的なものではなくてもいいので、金魚鉢に水を浅く張り、小石と土を水より上の高さに敷き詰め、チョコンと飾って上げればセンスの良いインテリアになるかもしれません。

まとめ

今回は地味な見た目を活かし、リュウノヒゲがいろいろな場所で活躍できることをご紹介しました。

たくましい性質だからこそ、シンプルな見た目を逆手にとってオシャレに見せることも可能なので、自分なりにセンスよく飾ってみてください。

 

 

トップ画像は、Photo by 13gennnacaさん@GreenSnap

遠藤美香
千葉県在住。 カメラを持ってお出かけが趣味。風景やお花の写真を撮りまくってます^^外にいることが多いので自宅に帰ったときはベランダ栽培している多肉植物に癒やされています。

シェードガーデンに関連するカテゴリ

シェードガーデンの関連コラム

シェードガーデンの新着投稿画像

misa

202

今日もお疲れ様でした〜ヾ(*´▽︎`*)ノ 暑い上に風もあり・・・鉢植え水切れ(*¯ㅿ¯*;) 温風恐ろしや〜😱😱😱 今日もくっさくなりながら、3時間くらいダラダラ草取り🌱🌱🌱 picの...

ガチャピン

63

エアプランツ開花一号はこの人❗️名前忘れました😅

ガチャピン

71

ルビネは普通に水やりしてますが、とても元気です。

ガチャピン

73

吊り鉢は元気だけど、ついつい水やり忘れてしまいます😅

ガチャピン

60

脱落組はいないか、と毎日めを光らせて…❗️

ガチャピン

75

ひたすら放置❗️たまにサッと水だけやって涼しくなるのを待つだけです。

ガチャピン

65

多肉コーナーです、秋までじっと我慢しています🌱

ガチャピン

50

ただ今ロックガーデンは黄色やオレンジの花がいっぱいです🌼

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード