多肉植物を外で育てる!雨ざらしで放置しても大丈夫?

ELLY

ELLY

公開日:2020.03.04

たまには外に出して空気を吸わせてあげようと思い立って、多肉植物を外に出したら、外に放置したままで、雨ざらしにしてしまった経験もあるのではないでしょうか。多肉植物を外で育てるときに、雨水は大丈夫なのか、扱い方について紹介します。

多肉植物は外で育てていいの?雨ざらしにできる?

多くの多肉植物は外で育てることができます。風通しがよく、日当たりの良い場所に鉢植えを置いて育てることもできますし、地植えにすることもできます。

また、多肉植物は、少しくらいであれば雨水に当たっても大丈夫です。ただし、それが長時間だったり、土砂降りの雨ですとまた話が違います。

外で育てるのであれば、できるだけ雨の当たらないような場所に置くのが一番良いでしょう。万が一濡れてしまってもいいように鉢に水がたまらないように受け皿をどかして、水の通りを確保します。

種類によっては雨ざらしでも元気に成長しますが、基本的には、梅雨の時期に外で雨ざらしになり続けるのはよくないと考えてください。

 

多肉植物の寄せ植えを外で育てるときは、雨に注意!

特に、多肉植物の寄せ植えや群生で育てている場合、雨は禁物です。雨が下に溜まることで、土の中が蒸れて根っこが傷みやすくなり枯れる原因となります。

寄せ植えであると、いろいろな種類の植物を育てているとは思いますが、品種によって雨に慣れているものとそうでないものがあるので取り扱いには注意が必要です。

雨に濡れても湿気がたまりすぎないように、対策をしてあげてくださいね

 

多肉植物を外で育てるときに、雨がついたら?

もし多肉植物に水滴がついてしまったら、表面にある水滴は息を吹きかけて飛ばすように取り除きます。

水滴に弱い品種があるので、特にバラのように葉がつくセダムやエケベリアなどでは中心部分に水が溜まらないようにしてあげてくださいね。

 

多肉植物を外で放置するときは雨ざらしに注意

雨ざらしで雨水がかかってしまった多肉植物の扱い方について紹介しました。多肉植物は風通しが良く、日当たりの良い環境を好むので、外で育てることもできますが、雨ざらしには注意してあげてください。

梅雨の時期などは慌ててしまうかもしれませんが、まずは表面の水を吹き飛ばすようにして、雨に濡れない場所に移動させたり、雨除けを作ってあげたりしましょう。

ELLY
旅と緑が大好きなグリーンライター。 旅先では観光より現地の植物を見るのが好き。

放置多肉に関連するカテゴリ

放置多肉の関連コラム

放置多肉の新着投稿画像

すみれ

111

 🌱多肉増殖中🌱 ⇧から 🟢アーモンドネックレス 💗リトルミッシー 🌈虹の玉 夏前に増殖中です😊

すみれ

97

 🎀ブルーリボン🎀  クラッスラ属 「ヒラヒラ」と茎立ちして‥ 赤い縁取りも入ると ✨✨綺麗✨✨

masayuki

101

gengenさんのハンバーガーみたいな木箱🍔get❤️ ずっと狙っていた作品✨😍

yuco

23

あんなに大きく立派だった艶姿が😩 黒法師は新たにお迎え。 カットした所から芽はもう出てこない雰囲気😭

yuco

26

センペル 大きい鉢に植え替えて またワッサワッサにしようかな〜😆

yuco

16

引っ越してから3年。 引っ越しでだいぶ減らした多肉植物… お気に入りもだいぶ、蒸れやらなんやらで⭐︎にしてしまいました😩 この冬でアガベもダメになり…😭 大きくなってたアエオ達も😩 今年はお世...

chupi

25

植物の自然美🌿 静かな日曜日🌲 鳥さん達のさえずり🎶 ゆっくり考えごと 深呼吸😌 #植物のある暮らし #緑のある暮らし #多肉植物#セダム#マイガーデン#ガーデニング #貝殻...

chupi

20

植物の自然美🌿 *⋆⸜ᴳᴼᴼᴰ ᴹᴼᴿᴺᴵᴺᴳ⸝⋆* セダムちゃんのお花❤️ 可憐で 素敵ね☺️ #植物のある暮らし #緑のある暮らし #多肉植物#セダム#マイガーデン#ガーデニ...

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード