【世界らん展2019 × GreenSnap】西畠清順さんへのインタビューや会場の様子をレポートします! 〜Vol.2〜


GreenSnap編集部

GreenSnap編集部


公開日:2019.02.20

「世界らん展2019」ついに開幕しました!

「世界らん展2019 –花と緑の祭典–」は、先日2月15日(金)についに開会式を迎えました。歴史ある式典らしく、開会式には高円宮川承子女王殿下や白石興二郎さん(読売新聞グループ代表取締役会長)、千家典子さん(世界らん展実行委員会名誉顧問)、リズ•ジョンソンさん(世界蘭会議委員会会長)などの大変著名な方々がお見えになられていました。

初日の開会式直後の開場時刻には、会場はすでに沢山のお客様で溢れていました。その後も連日たくさんのお客様にご来場頂いております。

日替わりで行われるステージでは、IKKOさんや志穂美悦子さんなど各界の著名な方々がゲストとして登壇されていて、盛り上がりを見せています。

見所のおさらい

▼オーキットゲート

▼シンボルツリー

今回の「世界らん展」の見所であるシンボルツリーやオーキッドゲートは、圧巻な佇まいです。特に色とりどりの草花で作られたオーキットゲートは、みなさま立ち止まって記念撮影をするフォトジェニックなスポットとなっていました。夜のらん展では、植物がライトアップされるため、昼間とは違った幻想的な雰囲気を感じることができるのも魅力となっています。

GreenSnap Marcheの様子


GreenSnap Marcheでは、人気のGreenSnapユーザーさんやショップが日替わりで全国各地から集結し出店しています。お店によってはオープンから数時間で商品が完売になるなど、こちらも連日多くのお客様で賑わっています。

▼サントリーフラワーズ&東京緑研究所で扱う自然成分でできた植物活性剤

▼ガーデニングの必需品であるホースを扱う「カクイチ」さん

▼珍しい食虫植物などを扱う「Cherry Rabish Plants」さん

▼多肉植物などを扱う「bizarrefarm」さん他

フォトコンテストの様子

フォトコンテスト授賞式の様子については次回(〜Vol.3〜)のコラムにてレポートします。

シンボルツリー監修者 西畠清順さんへインタビューしてみました!

次に、今回の「世界らん展」の見所であるシンボルモニュメント、シンボルロードを監修した西畠清順さん(プラントハンター)へ、今回の取り組みについてのお話を伺ってきましたのでご紹介します。

世界らん展への想い


『らん展との出会いのきっかけは、僕ら植物を扱う人間であれば聖域のようなものである、伝統的なイベント”世界らん展”から、「シンボルツリーがあってステージがあってというをイベントを作りたい。」とオファーが届いたことに始まります。
植物を扱う業界としては同じでも、僕はランに関してはそんなに詳しくないです。ですがすごい世界だとは思っている、だからこそ最大限にランに一生懸命取り組んでいる人たちをリスペクトして、ランが引き立つような演出をしたいなと思い、オファーを引き受けました。その中で、主催者側の今までのらん展と変えたい、もっと若い年代の人たちにも来て欲しいという要望にも沿うように、「今までのパネルの前にランが並んでいたのをジャングルの中に並べたいな。」という話になりました。そのため、できるだけランが引き立つように、珍しい植物やカラーリングは一切使わず、花の咲かない植物を使うようにしました
シンボルツリーに関しては、よく「何の木ですか?」と聞かれるのですが、あれは”トキワマンセン “という、造園などでよく使われるトキワマンサクの緑葉の植物です。正直なところ、トキワマンセンを選んだことに深い意味はなく、ただただニュートラルな木を置きたかったんです。例えばシマトネリコのような箒状に広がるの木だと置いたときに少し寂しい感じになるため、全体的に優しく広がる雰囲気の木を探したら、あの”トキワマンセン “に辿り着きました。
あくまでもランを引き立てる革新的な演出ができるよう、私たちのできる範囲でベストを尽くしたというところですね。』

トークステージやナイトツアーの様子

西畠清順さんのトークショーは後ろの方まで満席状態で、中には北海道や関西地方などの遠方からわざわざ西畠さんに会うために来たという方も多く見受けられました。

西畠さんの出版本を購入された方々には直筆サインがもらえるイベントもあり、こちらも大行列でした。

シンボルロードとシンボルモニュメントの解説や裏話を聞きながら、西畠清順さんと一緒に会場を回るスペシャルナイトツアーでは、定員を大幅に上回る約50名ほどのお客様が参加されていました。質疑応答の時間もあり、ご参加されていた皆様とても楽しそうでした。

「世界らん展2019」の会場の様子をレポートします!

最後に、来場されたお客様からも「今回のらん展は前回と全然違う。」といった声が多く聞かれた、「世界らん展2019」のイベント会場内の様子を、昼と夜に分けて一挙ご紹介していきます。

昼の世界らん展の雰囲気

▼展示作品「越後の蘭吹雪」

▼展示作品「未来へ」では、竹筒の中から何か音が聞こえるようです。

▼IKKOのオーキッドルーム

▼FLOWER CAFÉ&BAR

夜の世界らん展の雰囲気

▼イロトリドリノ世界〜華々の共宴〜

▼沖縄美ら海水族館

▼展示作品「Sleeping Beauty」

「らん展2019」は2月22日(金)まで開催されていますので、気になった方はぜひお早めに足を運んでみてください。

観葉植物に関連するカテゴリ

観葉植物の関連コラム

ドクダミの育て方の画像

ドクダミの育て方

ドクダミの育てる場所 ドクダミは、庭植えにすると地下茎が伸びて広がっていきます。生命力が強く繁殖力も高いので、庭中がドクダミだらけになってしまうこともあります。グランドカバーが目的でなければ、鉢植えで...

GreenSnap編集部

2019.05.20

サラセニアの育て方の画像

サラセニアの育て方

サラセニアといえば、虫を捕食する「食虫植物」として知られています。虫を取る葉の部分がくるんと丸まって、柄杓のような形をしているので、「ヘイシソウ」とも呼ばれます。カラフルな色合いやユニークな見た目から...

GreenSnap編集部

2019.04.19

ザミアの育て方の画像

ザミアの育て方

ザミアは、メキシコ原産の観葉植物です。一般的には「ザミア・プミラ」という名前で流通しており、約40種類ほどあります。 メキシコソテツやザミア・フロリダーナ、よつばのザミアなどもあり、お部屋のインテリア...

GreenSnap編集部

2019.03.19

ドラゴンフルーツの育て方の画像

ドラゴンフルーツの育て方

「アサイーボウル」とならんで、美容の意識が高い人に人気なのが「ピタヤボウル」です。 ピタヤとは、沖縄や温かい所で穫れる「ドラゴンフルーツ」のことをいい、アサイーと同じくパワーフードとして注目を集めてい...

GreenSnap編集部

2019.02.15

アセビの育て方の画像

アセビの育て方

アセビ(馬酔木)は寒冷地を除く日本全国でみかけることができます。アセビは葉に含まれている有毒成分によって「足がしびれる」ことにちなんで名づけられました。アセビは鉢植えや盆栽、生垣などに適しており、比較...

GreenSnap編集部

2019.02.25

観葉植物のみどりのまとめ

珈琲の木再生物語

胡蝶蘭

ステレオスペルマム レモンライム 成長日記

サンセベリア 成長日記

モウセンゴケ

成長記録 ドラセナコンシンネ

観葉植物の新着投稿画像

john

14

どなたかお教えください。 何の植物かわかりません。 かなり弱ってきていて可哀想です。 どの様に育ててあげれば良いか、お教えください。

ちい

11

庭の隅のドングリ。大きくなって来たなーと思ったら隣(右写真)にも何か出てる👀これもドングリかな? 大雨の後、庭のチェックしたらダンゴムシとナメクジいるわいるわ😱💦💦💦 数匹ならまだいいけど...

黒楽

38

一見デリケートそうに見えるから、先代は室内管理してました。徒長して、そして溶けました。。 今回は外で管理。でっぷりと丈夫に育ってます。

FF

31

コンテスト用の一枚です😊💖

megu

87

こんにちは😃 朝投稿したと思っていたら途中で終わっていました😅 去年植え替えのタイミングを逃してしまったエバーフレッシュやっと出来ました😆 今年も可愛い黄色の花を咲かせてくれるかなぁ〜😊 楽し...

megu

87

こんにちは😃 朝投稿したと思っていたら途中で終わっていました😅 去年植え替えのタイミングを逃してしまったエバーフレッシュやっと出来ました😆 今年も可愛い黄色の花を咲かせてくれるかなぁ〜😊 楽し...

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード