葉物使いの基本テクニック集「切る」


フローリスト編集部

フローリスト編集部


公開日:2016.05.07

葉物使いの基本テクニック集「切る」

こんにちは!OZEKIです。

葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。
そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を兼ね備えることもできます。

ここでは実用的な葉物使いのテクニックを紹介します。ここでは「切る」テクニックをご紹介します。

technique 切る その1

「切る」テクニックはあらゆる葉物に使えるテクニックです。

葉を切り分ける、長さを揃える、一部を切り取るなど葉の形は自由自在。

まず基本的な、葉物の半面をカットするテクニックを覚えましょう。

カットすることで葉の素材の美しさ、存在感を強調する効果があります。

5554

1

アレカヤシの中心に伸びる茎を軸に、ナイフやハサミで半面をカットします。

2

アレカヤシのように、小さな葉が対に付く葉物は、葉の美しい流れをより強調することができます。

アレンジメントの大きさに合わせ、大きな葉物の半面をカットすることで、全体のバランスを整える効果も期待できます。

このテクニックが向いている葉物

アレカヤシ、バショウ、ザミア、クロトン、カークリコ、カラテアほか、極端に細い葉物以外は使えるテクニック

シーグレープの半面を「切る」

カットしたシーグレープの葉を半分だけ使うのではなく、両方見せて作品を作り上げています。半分の葉同士が離れながらも、タケの脇枝でつなぎ合わせて、1枚の葉のように表現しています。葉を重ねてできる層構造を利用して、チョコレートコスモスの花留めとしても使用しています。

49-1-デジカメ

Flower & Green

シーグレープ、チョコレートコスモス

Point!

半分にカットした葉を何枚も両面テープで貼りミルフィーユ状に重ねています。葉の間に花を入れて留めます。

2つにカットした葉をタケの脇枝を2本使って、つなぎ合わせています。

IMG_0657

IMG_0658

technique  切る その2

アレンジメントを制作するときに、使う葉物が同じ大きさばかりだと、作品に動きを出しにくいことがあります。

そんなときには、素材の下部をカットして大きさを変えることが効果的です。

1

茎を残して、葉の下部を丁寧にカットします。このときに、葉の中央脈を茎のように残します。ただ、アレンジに挿さない場合はばっさりカットしても構いません。

2

茎から伸びた中央脈がステムの一部となり、小さなサイズの葉に仕立てることができます。

「切った」クロトンを使って

大小2枚のプレートの間にフローラルフォームを挟んだ作品です。

葉物は右を向いたもの、左を向いたものなどそれぞれの形があります。

1枚、1枚、一番きれいに見える向きを考えながら挿し、全体の流れを作ることが大切です。

葉をカットすることでバランスよく仕上げています。

5756

Flower & Green

クロトン、ラペイロージア、フィリカ、トルコギキョウ“貴婦人”、ミルクブッシュ

Point!

同じような形や大きさの葉物しかない場合でも、カットする面積を変えることで、素材にバリエーションを持たせることができます。

51-1-デジカメIMG_0110

 

photo (C) Seibundo-Shinkosha

 


出典元:書籍『フラワーデザインの上達法 グリーン使いのテクニックBOOK』

フラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、「グリーン」の使い方を紹介する一冊。フラワーアレンジメントやブーケに花だけでなく「葉」「枝」などグリーン素材を上手に加えることで、花の見え方や表情が変わってくる。グリーンをどのように扱うか、どのようなデザインで生きてくるかなどをアレンジメント作品とともに紹介する。グリーンテクニックで制作する作品の印象など、美しい写真とわかりやすい図説などを交えて解説する。誠文堂新光社刊

詳しくはこちら

フローリスト編集部
フローリスト編集部ライター陣 OZEKI:出版社誠文堂新光社にて2005年に編集局に配属以降、主に雑誌「フローリスト」、花や園芸文化の書籍編集を中心に担当しています。有田焼の江戸園芸鉢に夢中! モルモリカ(森田裕子@OfficeWani): ガーデニング・プレゼンター。出版社編集部にて園芸雑誌の編集に携わった後独立。出版、広告など、さまざまな媒体で園芸記事を企画・執筆&撮影。似て非なるものが気になる道具フェチ。 ヤガメ:谷亀高広(https://www.facebook.com/takahiro.yagame) 本業は東京都瑞穂町郷土資料館の学芸員。日々、郷土史に興味をかきたてられるかたわら、国立科学博物館の特別研究生として、ラン科植物の菌根菌について、研究活動を行っている。趣味は園芸・山歩き・写真撮影……そして与太話。 knowm:植物好きの編集者。賃貸マンションのベランダをジャングルにして、 酒の肴にしています。休みの日には植物園や園芸店をうろうろ。

生け花に関連するカテゴリ

生け花の関連コラム

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!の画像

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!

初めまして。自己流ボタニカルライフを満喫する、陸の孤島のベランダー、mareです。 母の影響で、ガーデニングに目覚め、現在は、マンションのベランダとリビングの窓際で、たくさんの子どもたち(植物)のお世...

mare

2016.06.19

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」の画像

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」

こんにちは!OZEKIです。 実用的な葉物使いのテクニックを紹介していますが、今回はくるくる巻くような行為を中心にご紹介します。 technique 巻く 葉を巻くことにより、花のような扱いに変化し...

フローリスト編集部

2016.05.06

葉物使いの基本テクニック集「切る」の画像

葉物使いの基本テクニック集「切る」

こんにちは!OZEKIです。 葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を...

フローリスト編集部

2016.05.07

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」の画像

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」

葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を兼ね備えることもできます。ここ...

フローリスト編集部

2016.05.08

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識の画像

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識

こんにちは!OZEKIです。 葉物は花に比べて管理や使い方について、細かな取り扱いを学ぶ機会が少ないものです。 ここでは、いまさら聞けない、葉物の管理方法やきれいに見せるコツを学びましょう。 破れた...

フローリスト編集部

2016.05.30

生け花の新着投稿画像

ルー

9

バラって部屋を華やかにしてくれますよね🌹 部屋を暖かくすると どんどん花が咲いちゃうから 楽しめる時間が短〜い💦

ヒーちゃん

65

 ラーメンチェーンの幸楽苑は看板商品の「中華そば」(440円)を2日間限定で、1杯10円で販売するとの事。 11月29日(金)と12月6日(金)の2日間、先着100名のみ。 開店時間は10時45分から...

ココア

90

薔薇がドライになったので、家にある花材を集めてバスケット🧺へ。 私のイメージとは違うせいか、なかなかうまくいかず、これ以上触ってると壊れ始めるので終了💁‍♀️ フゥ〜💧難しいε-(´∀`; ...

アマリリス

176

友達のお宅に植えてある1m位の木になってる真っ白な可愛い実。 広島中間値ですか冬も大丈夫の様です 可愛く活けて有りました

ヒーちゃん

77

おはようございます! 今日はなんの日? 小雪(二十四節気)。いい夫婦の日。ボタンの日。大工さんの日。 そして回転寿司記念日! 回転寿司チェーン「廻る元禄寿司」の元禄産業が制定。 回転寿司を考案した同社...

apricot53

192

お稽古報告 ハランでもう一つ 横長の構成 ハランの剛性を活かしてみました さて本日は早朝から 草月いけばな展のいけこみです さっきネットニュースで見た いっこく堂さんのコメントに すごく勇気づけられ...

mkk

23

今日のお稽古は琳派調。 桐の枝をどうするかで悩む😵

yk桜

48

こんばんは😊 今日は、久しぶりにお花の お稽古に行って来ました。 瓶花「直立型」 このセピア色の葉っぱ🍂 ドラセナ・カプチーノ。 ドラセナたちは、 水差しするだけで根っこが出てくる 生命力の高い植...

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード