葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」


フローリスト編集部

フローリスト編集部


公開日:2016.05.08

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」

葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。

そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を兼ね備えることもできます。ここでは実用的な葉物使いのテクニックを紹介します。

technique 編む

編んだ葉物は面となり、土台としても使えます。

細い葉物だけでなく、蔓状の花材を葉を落として編み込んだり、

大きな葉物の一部に編み込んで刺繍感覚で楽しむこともでき、

表現の幅が広がるテクニックのひとつです。

スチールグラスを数本まとめて束にし、先端をまとめます。

3つに分けて三つ編みの要領で編んでいきます。

45

44

1

細いスチールグラスを数本束ねてから編むことで、素材の雰囲気が変わり、

ラインのシルエットが面に近いフォルムへと変化します。

1本でも、数本を束ねて編んでも、カゴ細工のように格子状にするなど、

さまざまな編み方ができます。

2

このテクニックが向いている葉物

スチールグラス、ニューサイラン、ミスカンサス、ベアグラスなど

ニューサイランを格子状に「編む」

編んだ葉物の面の色と表情の美しさをシンプルに見せた作品です。

色と質感が個性的なヒューケラに合う葉物として、ニューサイランをチョイス。

硬質で平面的なニューサイランを編むことで面として存在させています。

IMG_5103_

Flower & Green

コチョウラン“チョコレートパール”、ヒューケラ“シャンハイ”、ニューサイラン

Point!

ニューサイランは、縦2つにカットしてから水をたっぷりと張った

器の内側にひっかけるようにしながらタテヨコに編む。

IMG_5107

technique ワイヤーを使う

「矯め」よりも、思い通りの形を作ることができるのが、

ワイヤーを使ったテクニックです。

葉の空洞にワイヤーをいれるのではなく、

葉に差し込むことがポイントになります。

ワイヤーを入れることで、簡単に思うような形を作ることができます。

47

48

1

オクラレルカに#20または#22のワイヤーを切り口から葉の中心に挿し入れます。

このとき葉の間の空洞ではなく、葉に入れることが重要。

表面にワイヤーの先が出ないように注意しながら、曲げたい部分まで挿します。

2

指の腹でさすりながら、形づけていきます。

鋭角にも、なだらかにも曲線を描くこともできるので、

デザインによって変化を付けましょう。

このテクニックが向いている葉物

オクラレルカ、トクサ、フトイ、スイセン、シャガなど

「ワイヤーを入れた」オクラレルカでラインを見せる

ワイヤーの効果で、さまざまな曲がりの変化が美しい作品です。

ラインの曲がりに変化を付けていくつかパーツを並べると、

リズム感あふれる動きが生まれます。

36-1-さしかえ-デジカメ

Flower & Green

オクラレルカ、カンガルーポー、ユーカリ、ナデシコ“テマリソウ”、バラ“モンシェリー”、トルコギキョウ“貴婦人”、エリンジウム

Point!

ワイヤーを挿した葉物は、曲線を作るだけでなく、

角を強調して形づけてもよいですが、極端に曲げると、

挿し入れたワイヤーが葉の表面を突き破るなど、

折れてしまうこともあるので注意が必要です。

IMG_0166

photo (C) Seibundo-Shinkosha

 


出典元:書籍『フラワーデザインの上達法 グリーン使いのテクニックBOOK』

フラワーデザインの上達に重要な技術のひとつ、「グリーン」の使い方を紹介する一冊。フラワーアレンジメントやブーケに花だけでなく「葉」「枝」などグリーン素材を上手に加えることで、花の見え方や表情が変わってくる。グリーンをどのように扱うか、どのようなデザインで生きてくるかなどをアレンジメント作品とともに紹介する。グリーンテクニックで制作する作品の印象など、美しい写真とわかりやすい図説などを交えて解説する。誠文堂新光社刊

詳しくはこちら

フローリスト編集部
フローリスト編集部ライター陣 OZEKI:出版社誠文堂新光社にて2005年に編集局に配属以降、主に雑誌「フローリスト」、花や園芸文化の書籍編集を中心に担当しています。有田焼の江戸園芸鉢に夢中! モルモリカ(森田裕子@OfficeWani): ガーデニング・プレゼンター。出版社編集部にて園芸雑誌の編集に携わった後独立。出版、広告など、さまざまな媒体で園芸記事を企画・執筆&撮影。似て非なるものが気になる道具フェチ。 ヤガメ:谷亀高広(https://www.facebook.com/takahiro.yagame) 本業は東京都瑞穂町郷土資料館の学芸員。日々、郷土史に興味をかきたてられるかたわら、国立科学博物館の特別研究生として、ラン科植物の菌根菌について、研究活動を行っている。趣味は園芸・山歩き・写真撮影……そして与太話。 knowm:植物好きの編集者。賃貸マンションのベランダをジャングルにして、 酒の肴にしています。休みの日には植物園や園芸店をうろうろ。

生け花に関連するカテゴリ

生け花の関連コラム

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!の画像

ユリのアレンジ7変化!山手西洋館「花と器のハーモニー」に行ってきました!!

初めまして。自己流ボタニカルライフを満喫する、陸の孤島のベランダー、mareです。 母の影響で、ガーデニングに目覚め、現在は、マンションのベランダとリビングの窓際で、たくさんの子どもたち(植物)のお世...

mare

2016.06.19

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」の画像

葉物使いの基本テクニック集「巻く」「カールさせる」

こんにちは!OZEKIです。 実用的な葉物使いのテクニックを紹介していますが、今回はくるくる巻くような行為を中心にご紹介します。 technique 巻く 葉を巻くことにより、花のような扱いに変化し...

フローリスト編集部

2016.05.06

葉物使いの基本テクニック集「切る」の画像

葉物使いの基本テクニック集「切る」

こんにちは!OZEKIです。 葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を...

フローリスト編集部

2016.05.07

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」の画像

葉物使いの基本テクニック集「編む」「ワイヤーを使う」

葉物を使うことで、作品全体のボリュームアップやグラフィカルな美しさがプラスされるなど、見た目がよくなるメリットがあります。 そのうえ、花の保護や花留めとして実用的な要素を兼ね備えることもできます。ここ...

フローリスト編集部

2016.05.08

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識の画像

知っているとデザインの幅が広がる グリーン使い豆知識

こんにちは!OZEKIです。 葉物は花に比べて管理や使い方について、細かな取り扱いを学ぶ機会が少ないものです。 ここでは、いまさら聞けない、葉物の管理方法やきれいに見せるコツを学びましょう。 破れた...

フローリスト編集部

2016.05.30

生け花の新着投稿画像

かすい

23

秋の残花を楽しみましょう。

ヒーちゃん

86

おはようございます! 今日は何の日? 13日の金曜日です。 正月事始め。双子の日。 そしてビタミンの日! 1910(明治43)年のこの日、鈴木梅太郎博士が、米糠から抽出した脚気を予防する成分に「オリザ...

apricot53

365

お稽古報告 クリスマスリースならぬ クリスマスいけばな プリティバージョンです😘✨ 一昨日の投稿は花材だけで クリスマス感を表現してみましたが 今回は あえて異質素材のオーナメントを使って ベタベ...

N2 中島農園

62

だるまさんが      転んだ( ͡° ͜ʖ ͡°)

mkk

17

今日のお稽古は花奏というかたち。 足元の三角と上の三角を意識しつつどこからみても2点交差が難しい😅

yk桜

50

こんばんは😊 今日は、お花のお稽古の日でした。 先週に引き続き…💦💦 「写景盛花様式本位」です。 日本水仙を様式で生けると このようになります。 日本の早春を思わせるお花ですが、 12月では、ち...

圭

102

本日のお稽古 その② 生花新風体 この作品は手直しが多かったなぁ~…反省😖

圭

84

本日のお稽古 その① 生花新風体 ずっと前から思っていたのですが、お稽古の時の机の線が邪魔だったので、消してみました😃 ここの教室は絵画教室にも使われているので、絵の具で壁や机も結構汚れているので...

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード