【紅色が美しいミズナ】紅法師(ベニホウシ)ってどんな野菜なの?簡単な栽培方法とは?


GreenSnap編集部

GreenSnap編集部


公開日:2019.05.10

こんにちは、GreenSnap編集部です♪

シャキシャキとした食感で大人気のミズナは、サラダに欠かせない食材ですよね。今回は、見た目も鮮やかで栄養も豊富、観賞用としても楽しめそうな、タキイ種苗のオリジナル品種『紅法師(ベニホウシ)』について、栄養価や栽培方法などをご紹介します。

紅法師(ベニホウシ)ってどんな野菜?

紅法師とは、アントシアニンを多く含む赤紫色のミズナの品種です。通常のミズナは緑一色ですが、紅法師は葉柄が鮮やかな赤紫色に色づき、葉形に深い欠刻が入るのが特徴。緑の葉とのコントラストが美しいので、サラダ素材として最適です。湯通し程度の加熱調理であれば色抜けも少ないので、漬物やおひたしなど様々な料理に使用することができます。

紅法師の栄養価は?

紅法師の特徴的の赤紫色は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンです。通常のミズナと比較すると5倍以上のアントシアニンを含有しています。アントシアニンとは、ポリフェノールの中の活性酸素を抑える抗酸化性をもつ成分のこと。ワインやブルーベリーなどに豊富に含まれていることでも有名で、目の健康に効果が期待されています。

紅法師ってどんな味?

シャキシャキとした食感で味にクセがないので、サラダをはじめ幅広く調理に使用できる万能なお野菜です。

紅法師(ベニホウシ)の栽培方法!時期や水やりの方法は?

今回はサラダ用におすすめの、柔らかいベビーリーフとしての栽培方法をご紹介します。

紅法師の栽培時期は?

ベビーリーフは、プランターやトレイでの栽培なら年中ほぼいつでも可能です。

準備するものは?

  • プランター又はセルトレイ
  • 培養土

セルトレイの場合は72穴がおすすめですが、プランターの場合はなんでもOKです。培養土は肥料の入ったものがおすすめ。プランターでの栽培なら「タキイ育苗培土」、セルトレイでの栽培なら「タキイたねまき培土」が使いやすく便利ですよ。

紅法師の栽培方法

5~7月の時期なら伸びも早いので種まきから20日程度で7~8㎝まで育ち、1か月もあればベビーリーフとして十分収穫できる大きさになりますよ。

①プランターでの栽培なら、種を15㎝程度空けて2列にまきます(条間15㎝程度)。

②ベランダで鳥や虫に食べられそうな場合は、防虫ネットをかけましょう。

③光の当たり具合と風通しを良くするために、株間を1~2㎝に間引きます。間引いた株は食べても大丈夫です。

④10〜15㎝くらいに生長したら、収穫しましょう。

紅法師の水やり方法は?

あまり水をやりすぎたり肥料を与えすぎると色ノリが悪くなってしまいます。ある程度ストレスを与えた方が色付きがよくなるので、腹八分目程度を目安に水やりをしましょう。

紅法師(ベニホウシ)を鮮やかに発色させる3つのポイント

安定した着色には採光が必要で、葉軸に光が届くように条間20cm、株間5~7cmと広めに設定する。基本的な栽培方法は、通常のミズナ栽培に準じるが、安定した発色にはアントシアニンを増加させるための光・風通し・気温・潅水管理が重要となる。

◆日光を十分に当てる
条間を広めにとって葉軸へ光が当たるようにしましょう。草丈10~20cmでの収穫の場合は条間を15cm(株間1~2cm)に、草丈30~40cmの場合は条間を20cm(株間5~7cm)にするのが基本です。

◆風通しをよくする
ハウス栽培の場合は、草丈20cmを超えるステージから日中サイドは開放して積極的に換気を行いましょう。少量の栽培であれば、畝の外側の条やハウスサイドの畝での栽培がおすすめです。

◆水やり頻度を抑える
生育後半はむやみな水やりを控え、やや乾き気味に管理しましょう。

紅法師を使って料理を作ってみよう!

紅法師は手軽に栽培できる野菜です。これからの夏の高温期は特に伸びやすく、本来色ノリが悪い時期になるので、ベビーリーフでの活用をおすすめします。ぜひサラダや生春巻きなどの料理のアクセントに「紅法師」を使ってみてくださいね。

さて、そんな「紅法師」のタネの小袋を50名様にプレゼントします。栽培の様子やお料理は「#たねからの幸せ」「#紅法師」タグをつけてのご投稿お待ちしています!!

お申し込みは5月16日まで!ご応募はこちらからどうぞ。
タネのお届けは5月中下旬を予定しています!お楽しみに♪

野菜に関連するカテゴリ

野菜の関連コラム

【紅色が美しいミズナ】紅法師(ベニホウシ)ってどんな野菜なの?簡単な栽培方法とは?の画像

【紅色が美しいミズナ】紅法師(ベニホウシ)ってどんな野菜なの?簡単な栽培方法とは?

こんにちは、GreenSnap編集部です♪ シャキシャキとした食感で大人気のミズナは、サラダに欠かせない食材ですよね。今回は、見た目も鮮やかで栄養も豊富、観賞用としても楽しめそうな、タキイ種苗のオリジ...

GreenSnap編集部

2019.05.10

ケールの育て方の画像

ケールの育て方

ケールは栄養満点のスーパーフード!今回はそんな進化した野菜・ケールの上手な育て方をお伝えします。 ケールの栽培場所 日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。生育適温は15~20℃。温かい戸外の環境...

GreenSnap編集部

2019.04.04

大豆の育て方の画像

大豆の育て方

豆腐や納豆など日本の食生活に欠かすことのできない大豆。今回はその大豆の栽培方法を紹介していきます。 大豆の育てる場所 大豆の生育適温は20~25℃。日当たりと風通しの良い場所で育てましょう。 Phot...

GreenSnap編集部

2019.04.04

落花生の育て方の画像

落花生の育て方

落花生の育てる場所 日当たりがよく、暖かい環境を好みます。15~25℃の気温でよく育ち、15℃以下では生育しません。背丈が低く栽培期間が長いので、家庭菜園では周囲の野菜が生長しても日陰にならないような...

GreenSnap編集部

2019.04.04

【初公開!】カゴメのトマトの種まきや植えられている所の様子をレポートします♪の画像

【初公開!】カゴメのトマトの種まきや植えられている所の様子をレポートします♪

こんにちは、GreenSnap編集部です♪ 気候もだんだんと春らしくなり、 そろそろ家庭菜園でも絶大な人気を誇るトマト🍅の種まきの季節になってきました🌱 トマトメーカーとして広く認知されているKA...

GreenSnap編集部

2019.03.05

野菜のみどりのまとめ

蓬入り いきなり団子

〇丸ナス〇

長ナス

カゴメのぷるるんトマト苗🍅

ラディッシュ

ピーマン 2019

野菜の新着投稿画像

Kit Chan

36

今朝のラズベリー、クマバチさん🐝が一生懸命お仕事してくれてるおかげで順調に育ってます😊

すずきさん

27

定植もの時期が少し遅かったから? あまり楽しめなかったスティックセニョール 花がどんどん咲くようになってしまったので撤去しました

すずきさん

30

野良キクイモ 地上部を一掃しました 今冬には、地下茎も一掃しなくてはヽ(*´∀`)ノ

すずきさん

39

今朝の朝採りです レタス・スティックセニョール・アスパラガス

たなみ

11

お正月の寄せ植えを地植えにした 南天さん🌱 もう何年目かな?! ゆっくり育って 今年はお花まで見せてもらって✨ 嬉しいです😊

たなみ

17

この色の誘惑に負けちゃいそうな 娘ちゃん💖 たった一粒でも収穫したいみたいです💓

たなみ

11

娘が ワクワクして 毎日 何度も足を運んでいます💓

リオ

25

波布草(はぶそう)発芽してた! この前、高知のJAで買ってきた種🌱 お茶になるんだって😄🍵 どくだみ ハブ茶 プーアール〜♪そうけんびちゃ!♪ のハブ茶! 種はケツメイシになるんだって。 へ...

人気のコラム

簡単DIY!vol.9「100円製氷ケース」で多肉ポット作り方の画像
カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
360度ぐるりと可愛い! フライングリースって知ってる? の画像
簡単DIY!vol.6.「タマゴの殻で簡単ポット」作り方(多肉を植えてみよう)の画像

開催中のフォトコンテスト

GreenSnap

植物の名前を調べるなら

アプリで聞いてみよう!

★★★★★
ダウンロード