警告

warning

注意

error

成功

success

information

カサブランカの花言葉|種類や由来、どんなシーンで贈るのが良い?

真っ白な大輪の花が印象的なカサブランカ。ゴージャスでありながら、上品で高貴な印象を与えてくれるので、花嫁のブーケなどにもよく使われていますよね。今回はこのカサブランカの花言葉や、基本情報についてご紹介します。

カサブランカの花言葉

カサブランカの全般的な花言葉は、「純粋」「無垢」「祝福」「高貴」「壮大な美しさ」「雄大な愛」「威厳」「甘美」です。カサブランカの風貌にピッタリな花言葉ばかりですね。

カサブランカといえば白色なのですが、最近では白以外の色をしているものもカサブランカとして売られています。色別の花言葉もありますので、そちらもご紹介します。

白いカサブランカの花言葉

「純粋」「無垢」

白いカサブランカは、カサブランカを代表する色ですので、全般的な花言葉と同じものですね。

ピンクのカサブランカの花言葉

「富と繁栄」

ピンクという色は、幸せそうなイメージが沸く色なので、このような花言葉が付けられたのではないでしょうか。

赤いカサブランカの花言葉

「虚栄心」「優しさ」

派手な印象を与える赤。カサブランカの基本色は無垢な白ですので、その派手な色合いから「虚栄心」という花言葉になったのでしょう。その一方で、包み込むような優し気な風貌も持ち合わせているので、「優しさ」という花言葉もつけられたのではないでしょうか。

オレンジのカサブランカの花言葉

「愉快」

オレンジという色は人を元気づけてくれる明るい色なので、「愉快」とつけられたのでしょう。

黄色のカサブランカの花言葉

「陽気」「裏切り」

「陽気」というのは、オレンジのカサブランカと同じように、黄色も明るさを感じる色なので納得できますよね。では「裏切り」ですが、こちらは聖書に出てくるユダから来ています。詳しくは下記の花言葉の由来のほうでご紹介します。

紫色のカサブランカの花言葉

「復讐」「恋」

紫色のカサブランカですが、日本では黒百合と呼ばれることもあるように、暗めの色をしています。ちょっと不気味さも感じる色なので、「復讐」という花言葉もしっくりくるような気がしますね。「復讐」と「恋」という二つの花言葉には、由来となった伝説があります。こちらも、下記の花言葉の由来のほうでご紹介しますね。

カサブランカの花の基本情報

カサブランカはユリ科ユリ属の中の、オリエンタル・ハイブリッドという栽培品種の一つです。日本が原産のヤマユリやタモトユリなどが、オランダで品種改良されて作られました。花の色は白で、完全に開花すると直径20cm近くなるほどの大輪の花を咲かせ、香りも強いことから、「ユリの女王」とも呼ばれています。

開花時期は6月から8月ごろ。うつむき加減に花を咲かせます。

花の中心にはオレンジ色の花粉がありますが、この花粉が白い花びらや手、洋服などについたらなかなか落ちません。汚したくない場合は切り取ってしまいましょう。花粉を取り除いた方が、花の持ちもよくなりますよ。

カサブランカの花言葉の由来

カサブランカの花言葉の由来ですが、「純粋」「無垢」「祝福」「高貴」「壮大な美しさ」「雄大な愛」「威厳」「甘美」という、全体的な花言葉は、真っ白な大輪の花という風貌と、甘美な香りからつけられたものです。

 

黄色のカサブランカの「裏切り」という花言葉ですが、上でも少し書いたように、聖書に出てくるユダから来ています。ユダといえば、イエスを裏切った裏切者。そのユダが来ていた洋服の色が黄色だったため、黄色という色は裏切りを意味するようになったそうです。黄色のカサブランカの花言葉も、そこからつけられたのだと思います。

 

紫のカサブランカの「復讐」と「恋」という花言葉。「復讐」は戦国時代の悲劇が由来となっています。武将佐々成政の妻だった小百合が妊娠した際、側室が流した「お腹の子は浮気相手の子」という話を信じた佐々成政に、小百合は殺されてしまいました。死ぬ間際に「立山に黒百合が咲いたら佐々家は滅びるでしょう」と言い残し、死んだ小百合。その後、佐々成政は豊臣秀吉に取り入ろうと策を講じましたが失敗し、切腹して自害することになりました。その時に、立山に黒百合が咲いていたそうです。

 

「恋」の花言葉のほうは、可愛らしいアイヌの伝説からきています。アイヌでは好きな人の枕元に黒百合をこっそりと置いておき、相手がその黒百合が誰から贈られたものかわからないで手に取ったら、その恋が成就するという言い伝えがあったそうです。その言い伝えから、一見黒百合には似合わない「恋」という可愛らしい花言葉がつけられました。

カサブランカの花の種類

カサブランカの一般的な種類といえば、白い大輪の花を咲かせるタイプ。本来、カサブランカといえば白いカサブランカのことを指します。

色違いのカサブランカとして、ほかの色も売られていますが、厳密にいえばカサブランカではありません。カサブランカのような大輪のユリを、カサブランカと名付けて売っているようです。

ダブルカサブランカ(ホワイトアイズ)

カサブランカの八重咲き品種です。花の色はもちろん白。ただでさえ存在感のあるカサブランカが、八重になっているので、さらにゴージャスで迫力満点です。

カサブランカの花をシーンに合わせて贈ろう

大輪の花を咲かせるカサブランカは、贈り物にぴったりの花です。結婚式などのお祝いのシーンはもちろんのこと、葬儀など悲しいシーンにも合うのがカサブランカの持つ魅力の面白いところ。結婚式では、花嫁の無垢さや美しさを際立たせ、祝福でいっぱいの楽しい雰囲気を。お葬式では、悲しみの中にありながらも、高貴で凛とした姿で、雰囲気を壊すことなく故人を偲んでくれます。

存在感のある大輪の花は、開店祝いなど派手なお祝いのシーンにもぴったりです。

ほかの花との相性も良く、アレンジもしやすいカサブランカは、花言葉も素敵なものばかり。ぜひ色々なシーンでカサブランカを贈ってみてください。

 

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

花言葉に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

花言葉の関連コラム

アジュガを植えてはいけない?毒性や花言葉の意味なども解説の画像

アジュガを植えてはいけない?毒性や花言葉の意味なども解説

デンファレの花言葉は色によって違う?怖い意味はある?の画像

デンファレの花言葉は色によって違う?怖い意味はある?

シンビジウムの花言葉は色によって違う?怖い意味はない?の画像

シンビジウムの花言葉は色によって違う?怖い意味はない?

カトレアの花言葉は色によって違う?怖い意味があるはウソ?の画像

カトレアの花言葉は色によって違う?怖い意味があるはウソ?

デンドロビウムの花言葉|白や紫など色ごとに違う意味がある?の画像

デンドロビウムの花言葉|白や紫など色ごとに違う意味がある?

花言葉の新着投稿画像

人気のコラム

春に咲く花といえば?4〜6月に見頃を迎える春の花一覧の画像
いいね
511

春に咲く花といえば?4〜6月に見頃を迎える春の花一覧

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
424

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
330

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
327

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
286

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!