アジサイ(紫陽花)の剪定|時期はいつ?切るべき枝と位置は?

アジサイは剪定してこそ、長年の開花を楽しめる花木です。雨の中でも健気に咲く花として、古くから日本で愛されてきたアジサイは、腰ほどの高さでお花を鑑賞するイメージがありますが、きっちり剪定をしていないと、花付きや株姿がどんどん悪くなってしまいます。

今回は、花を毎年美しく咲かせるための、アジサイの剪定の方法をご紹介します。

アジサイ(紫陽花)はどんな植物?

アジサイは落葉低木、花木に分類される植物で、樹高はおよそ2〜3mほどまでに伸びます。毎年6月ごろに満開となり、梅雨の風物詩としても親しみ深い花木です。

じつはアジサイの剪定は必ずしも必要ということではありません。ただし、毎年美しい花を楽しむためには、次に説明するようなアジサイの性質を考えながら、地植え・鉢植えともに、剪定をすることをおすすめします。

アジサイ(紫陽花)の剪定はなぜ必要なの?

目線の位置で開花を楽しめるようにするため剪定する

アジサイは品種によっては樹高2〜3mほどまで伸びていく、とても生命力の高い落葉低木です。

また、枝先にのみ花をつける性質があるので、剪定をしないまま花期を迎えると、高い位置にのみ花がつき、鑑賞しづらくなってしまいます。剪定をして、コンパクトに樹形をとどめ、鑑賞しやすいアジサイにする必要があります。

株の風通しをよくするため剪定をする

アジサイは、花が終わってもなかなか散らない性質をもっています。いつまでも終わった花がついていると、株全体の風通しが悪くなり、翌年の花を咲かせる体力もなくなってしまうので、花が終わったら剪定をして、落として上げる必要があります。

とくに鉢植えのアジサイは必ず夏剪定をしよう!

鉢植えでアジサイを育てているときは、必ずその年の花を落とす夏剪定をしてください。限られた環境で成長する鉢植えのアジサイは、地植えほど体力を持っていません。花後にしっかり剪定し、植え替えも行うことで、翌年の花を咲かす体力が養われます。

アジサイ(紫陽花)の剪定の時期はいつ?

アジサイの剪定の時期は夏と冬の年2回が基本で、それぞれ下記のような目的があります。

①夏剪定:その年に咲いた花を落として、翌年の花付きをよくさせる
②冬剪定:不要枝を整理して、風通しや株の健康をうながす

① アジサイ(紫陽花)の夏の剪定について

アジサイの夏剪定は、花がらを切り落として、翌年の開花に栄養をまわすために行います。アジサイの夏剪定は来年花が咲くかどうか、樹勢の強弱が決まる大事な手入れです。

剪定の時期や切るべき枝・位置を守って、ていねいに剪定していきましょう。

アジサイの夏剪定の時期

アジサイの夏剪定は、花が終わってから7月中旬ごろまでにおこないましょう。

アジサイの花芽は、夏の終わりから秋にかけて形成されます。剪定が遅くなると誤って花芽を切ってしまう可能性もあるので、花後の早いタイミングでおこないましょう。

花芽が育って目視で確認しながら剪定することもできますが、アジサイにとっては早めに花を摘んで、体力を株全体に回してあげたほうがいいでしょう。

アジサイの花が終わったサインは?

アジサイの剪定は、花が咲き終わるタイミングを見計らっておこないますが、アジサイの花の終わりはホンアジサイ(テマリ咲アジサイ)とガクアジサイで少々異なるので、以下を参考に適切な時期に剪定をおこないましょう。

なお、私たちがアジサイの花と思って鑑賞しているのは、花びらではなく萼(がく)の部分であり、「装飾花」と呼ばれるものです。「真花(しんか)」と呼ばれる本当の花は、装飾花の中央にある粒のようなごく小さな部分のみになります。

ホンアジサイ(テマリ状)の剪定のサイン

ホンアジサイをもととするテマリ状に咲くアジサイは、開花すると真ん中の小さな粒が開き始めて、複数の粒が密集したようになります。開花から数日もすると、萼が色褪せてくるので、それが花が終わったサインです。

ガクアジサイの剪定のサイン


ガクアジサイは花が終わると、萼ごと裏返ってうつむいた状態になりますので、比較的わかりやすいです。

アジサイの夏剪定で切る枝とは?

剪定で切る枝の選び方

アジサイの夏剪定で切り落としていくのは、その年に花がついた枝だけです。

アジサイはその年に生えた新しい枝(新梢)には翌年花をつけず、そのさらに翌年に花を咲かせます。つまり2年生の枝にのみ花を咲かせる性質があるのです。その年に花が咲かなかった枝には翌年花がつきますので、剪定しないようにしましょう。

剪定で切る枝の位置

アジサイの剪定で切る枝の位置は、花から2〜3節下にある、葉の付け根にはえる花芽の2cmほど上です。

アジサイは花のすぐ下の節には花芽がつかず、2〜3つ下の葉の付け根にできます。4〜5節下になると花芽がつくか不安定になるので、確実に来年も花を咲かせたい場合は2〜3節下の花芽上で剪定しましょう。

アジサイを小さく仕立て直しするときは夏に強剪定をする!


アジサイの株を小さく仕立て直すときは、夏にかなり深く切り戻す強剪定をします。新梢や1年生の枝など関係なく、全ての枝を1/3〜1/2ほど切っていきます。

1〜2週間もすると、剪定した切り口から新芽が出てきますが、花がつくはずだった枝も切ってしまうので、翌年は花をつけない可能性が高いです。

翌年の花と樹形の調整の両方をおこないたいときは、花がついていた枝は花の3〜4節目で切り落とし、それ以外の枝は株全体の2分の1ほどで剪定しましょう。

① アジサイ(紫陽花)の冬の剪定について

アジサイの冬剪定は、不要枝を整理して株の健康をうながす目的で行います。

夏剪定ほど不可欠なわけではなく、花芽を誤って切ってしまう可能性もあるので、初心者は枯れ枝を取り除くくらいでいいでしょう。必要に応じておこなうようにしてください。

アジサイの冬剪定の時期

アジサイの冬剪定は、10〜3月の休眠期におこないます。夏剪定が夏の終わりごろだった場合は年明け以降3月までに冬剪定をしましょう。

アジサイの冬剪定の方法

アジサイの冬剪定で切り落としていくのは、夏剪定で切った花芽より上に新しく伸びた枝です。つまり、夏剪定で切った節の一つ下の節の花芽2cm上で切るようにしてください。

夏剪定で花の下2節目で剪定したら、冬剪定は3節目で剪定するといったイメージです。判断に迷うようであれば切らなくても大丈夫です。

そのほか、花芽がついていない細い枝や、込み合った交差枝などを、根元から切り落とすようにしてください。

アジサイ(紫陽花)の剪定をしたら挿し木で増やしてみよう!


アジサイの夏の剪定で切り落とした枝は、挿し木で増やすこともできます。挿し木用の土や水栽培で発根させてから植えるとぐんぐん伸びますよ。

ただし、生育は不安定なので、翌年に開花する可能性は低いです。再来年の開花を楽しみに、気長に育ててみてください。

アジサイ(紫陽花)を剪定して、きれいな花を咲かせよう!

アジサイは、しっかりと剪定のタイミングを逃さずにお手入れすることで、長年にわたって美しい花を楽しむことができますよ。強く切っても、切り口から青い芽を生やしてくれるので、思いっきり剪定していきましょう。早めに切り取って切り花でも楽しめますよ。

皆さんもアジサイの剪定をマスターして、来年も美しい花をお楽しみください。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

剪定に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

剪定の関連コラム

キンモクセイ(金木犀)の剪定|切る枝や時期、失敗しないコツは?の画像

キンモクセイ(金木犀)の剪定|切る枝や時期、失敗しないコツは?

コーヒーの木の剪定|時期や方法、失敗しないコツは?の画像

コーヒーの木の剪定|時期や方法、失敗しないコツは?

ダリアの剪定|切り戻しやわき芽かきの方法や時期は?の画像

ダリアの剪定|切り戻しやわき芽かきの方法や時期は?

クチナシ(ガーデニア) 剪定|強剪定や間引き剪定の時期や方法は?の画像

クチナシ(ガーデニア) 剪定|強剪定や間引き剪定の時期や方法は?

ユッカ(青年の木)の剪定|時期や方法、失敗しないコツは?の画像

ユッカ(青年の木)の剪定|時期や方法、失敗しないコツは?

剪定の新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
363

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
354

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
303

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
260

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
230

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?