水仙(スイセン)の花言葉|色別の意味は?怖いといわれる理由は?

日本原産の「日本水仙」は冬に咲く花で、お正月の生け花で使用される機会の多いお花です。ラッパの様な花形が特徴的で、日本でもよく見かける一般的な植物の一つです。この記事では、そんな水仙の花言葉の意味を、色別やラッパズイセンなどの種類別にご紹介するほか、怖いといわれる由来などもご紹介していきます。

水仙(スイセン)の花言葉

水仙の全般的な花言葉は、「うぬぼれ」「自己愛」という意味があります。見た目の美しさと香りのよさからは連想しづらい花言葉ですね。そのため、水仙の花言葉をプレゼントするときには注意が必要でしょう。

色別の水仙(スイセン)の花言葉

次に、水仙の花の色別に花言葉の意味をご紹介します。

黄色い水仙(スイセン)の花言葉

黄色い水仙の花言葉には、「もう一度愛してほしい」「私のもとへ帰って」という意味があります。切ない失恋の気持ちや、大切な人を失ったことを連想しますね。

白い水仙(スイセン)の花言葉

白い水仙の花言葉には、「尊敬」「神秘」という意味があります。尊敬の念を伝えたい相手には、プレゼントできる花色ですね。

種類別の水仙(スイセン)の花言葉

全般的によくない意味の花言葉を持つ水仙ですが、種類・品種によってはプレゼントにも使えます。

水仙は、品種改良が盛んで1,000を超える品種が存在しているそうです。ここでは、品種別にも異なる意味を持つ、水仙の花言葉をご紹介します。

ラッパスイセン(喇叭水仙)の花言葉

ラッパスイセン(ラッパズイセン)の花言葉には、「尊敬」「報われぬ恋」という意味があります。

ラッパスイセンは、ポジティブな意味もネガティブな花言葉も持ち合わせている品種です。花全体が黄色く、ラッパの形に似ています。

クチベニスイセン(口紅水仙)の花言葉

クチベニスイセンの花言葉には、「素敵な装い」「詩人の心」という意味があります。

見た目の美しさと繋がる意味を持っています。花心が赤く染まり、まるで口紅をしているような花姿が特徴です。

ニホンスイセン(日本水仙)の花言葉

ニホンスイセンの花言葉には、「自己愛」「神秘」という意味があります。

初冬から咲き始める日本の代表的な品種です。小輪の房咲きがとてもかわいらしいです。

水仙(スイセン)の花言葉には怖い意味もある?

ここまでご紹介した通り、ネガティブな意味が多く含まれています。これは、ギリシア神話に由来しています。自分以外の人を愛せなくなる呪いをかけられたナルキッソスの神話です。

ナルキッソスは自他ともに認める美貌の持ち主でしたが、高慢な態度で女性を受け入れず気付付けてきたそうです。苦しみのあまり自害する女性までいたそうです。女神メネシスは、ナルキッソスに自分以外誰も愛せなくなる呪いをかけました。

ナルキッソスは水面に映る自分に恋したまま、水辺で衰弱死してしまいます。水辺にうつむくように咲く水仙は、ナルキッソスの化身とされました。この神話が由来して、水仙の花言葉はネガティブな意味が多くなっています。

水仙(スイセン)の花の基本情報

[別名]雪中花(和名)

科・属:ヒガンバナ科 / スイセン属
性質・分類:秋植え球根、多年草
原産地:地中海東部沿岸、イベリア半島
出回り期:11月~2月(最盛時期は12月)
開花時期:12月~4月
用途:鉢植え、花壇、切り花、公園

別名の「雪中花」は雪の中でも咲くことができることが由来しています。

水仙(スイセン)の名前の由来

水仙の花の名は、英名でNarcissus(ナルシサス)とDaffod(ダフォディル)という綴りになっています。

ナルシサスは、ギリシャ神話に登場する美少年のナルキッソスという人物から名付けられたとされています。このナルキッソスは、黄色の水仙の花言葉にも由来しています。

この意味が用いられた理由には、冥界の王ハーデスが豊穣の女神デメテルの子どもであるペルセポネに一目ぼれして、黄泉の国に連れ去られてしまうことにあります。

誘拐されたペルセポネの手から、水仙が落ちて黄色の花を咲かせたとされています。母親のデメテルは怒り悲しんだことがきっかけで、「私のもとへ帰って」などの意味が付けられるようになりました。

黄色の水仙には、愛に応えてという意味もあります。

これは先程のギリシャ神話でハーデスが連れ去ったペルセポネの愛をつかむことができなかった思いから名付けられています。また、国が変わって中国では水仙が水辺にいる仙人に例えられています。

水仙(スイセン)の花の特徴

スイセンの花は年を越して鑑賞することができます。花が咲く時期は11月〜4月と、長い期間となっていますが、これは種類によって開花時期が異なるからです。

和のイメージが強い植物ですが、品種改良も盛んにおこなわれている植物で、様々なタイプが存在しています。大カップ咲き、小カップ咲きの他、八重咲き、房咲きなどの花形があります。

また、水仙の花色は白や黄色をイメージすると思いますが、実はピンク色やオレンジ色の花を咲かす品種もあります。

水仙(スイセン)の種類・品種

スイセンは、イベリア半島を中心としたイギリスや北アフリカなどにも自生し約30種類が存在しています。ヨーロッパ中部でも見かけることができ、日本でも野生化しているスイセンには、原種、花と草の形、花の色などから12系統に区分されています。

主な種類には、ラッパスイセンや八重咲きスイセン、房咲きスイセンなどがあります。ラッパスイセンには、キングアルフレッド・ピンクパラソルと呼ばれていることもあります。

ラッパスイセンは、3月〜4月に花が開きます。八重咲きするリプリートも同じ時期です。同じラッパスイセンでも、ナルキッスス・バルボコディウムという品種のスイレンは、1月〜2月に花が満開になります。

房咲きの昔から日本で育てられてきたニホンスイセンは、12月〜2月に開花します。花には芳香があり甘い香りがします。香水の原料にも利用されています。

水仙(スイセン)の風水

風水において、水仙は幸運を招き入れてくれる力が宿っているとされています。小さい花は効果があまり感じられませんので大きい花を飾るようにしましょう。花が枯れてしまったときは効果が現れませんので捨てましょう。

最近注目を集めているドラフラワーで飾っていても、陰の気を発してしまうので生き生きとした水仙を置くようにしましょう。

水仙の花を新年に人に贈ることで縁起が良いと考えられています。家族や親戚に大きな花を咲かせた水仙を贈ってもいいですね。

水仙(スイセン)の花言葉を贈るには注意が必要!

雪にも負けず、和のたたずまいで健気に咲いている水仙の花は、一見プレゼントにピッタリに思えますよね。ただし、そんな美しい花姿とは裏腹に、ネガティブな意味合いの花言葉や怖い・悲しい由来を持つ水仙。

スイセンの花言葉をプレゼントする際は、花の色や品種を意識して贈るようにしてくださいね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

花言葉に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

花言葉の関連コラム

チャービルの花言葉|由来や花の特徴、効果、効能は?の画像

チャービルの花言葉|由来や花の特徴、効果、効能は?

トキワシノブの花言葉|由来や特徴、シノブとの違いは?の画像

トキワシノブの花言葉|由来や特徴、シノブとの違いは?

カラミンサの花言葉|花や葉の特徴、種類やハーブとしての効能は?の画像

カラミンサの花言葉|花や葉の特徴、種類やハーブとしての効能は?

カスミソウの花言葉|怖い意味があるの?花束には不向き?花が咲く季節はいつ?の画像

カスミソウの花言葉|怖い意味があるの?花束には不向き?花が咲く季節はいつ?

アネモネの花言葉|怖い意味がある?花が咲く季節はいつ?どんな種類がある?の画像

アネモネの花言葉|怖い意味がある?花が咲く季節はいつ?どんな種類がある?

花言葉の新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
362

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
352

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
302

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
260

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
228

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?