バーミキュライトの使い方|どんな効果がある?水耕栽培や挿し木に使える?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2020.07.13

バーミキュライトといえば、育て方を調べるとよく用土の欄で書かれていたり、ホームセンターでは、用土・肥料コーナーでよく見る、園芸資材の一つです。様々な使い方ができるので、持っておくと重宝します。

今回は、バーミキュライトとはどんな土か、どのような効果があり、どのように使うのかについてご紹介します。

バーミキュライトとは?


バーミキュライトとは苦土蛭石(くどひるいし)という鉱物を、700度以上の高温で焼いて、アコーディオン状に膨張させたものを、細かく砕いたものです。原産地によって異なりますが、ゴールド、シルバー、ホワイトなど、キラキラと光沢のある見た目をしています。

バーミキュライトの特徴・効果とは?


バーミキュライトは園芸資材の分類のうち、赤玉土や腐葉土などのベースとなる基本用土に対して、その性質を補う改良用土(無機物)・調整用土に分類されます。

なお、バーミキュライトはマグネシウムやカリウム、鉄分などの植物の成長によいとされる成分を持っていますが、ごく微量である上に、水分や土に溶け出すことはないので、肥料効果はありません。

バーミキュライトの効果

保水性と保肥性をよくする

バーミキュライトには保温性と保肥性をよくする効果があります。これはバーミキュライトの構造が多孔質の多層構造であり、そこへ空気や水分、肥料を溜め込むためです。基本用土に混ぜると、保水性と排水性のバランスのとれた、保肥性の高い用土がつくれます。

断熱性と保温性がある

バーミキュライトはその多孔質の空洞のなかに空気を溜め込むので、熱を伝えにくい、熱を逃しにくいという特徴をもちます。四季の気温差が激しい日本での栽培において、夏は熱くなりすぎず、冬は冷えづらいという、植物にとって良い環境を保たせてくれます。

用土を軽くする

バーミキュライトは多孔質で多層構造であるので、体積に対しての重さは、一般的な土と比べても10分の1ほどにしかなりません。バーミキュライトを用土に配合することによって、用土を軽くできるので、ハンギングなどで育てる場合に便利です。

無菌で清潔である

バーミキュライトは高温で熱処理されているため、無菌状態になっている人口用土です。無菌状態だと病害虫の発生率が低くなるので、種まきでの育苗用培養土として、挿し木を育てる培養土として使用することが可能です。

バーミキュライトとパーライトの違い

バーミキュライトと特徴が似ていて、比較されて持ち出されることが多い園芸資材に、パーライトがあります。パーライトは「排水性」がよく、バーミキュライトは「保水性」がよいという違いがあるので、育てる野菜や、日頃の管理によって使い分けるようにしましょう。

例えば、保水性を好む多くの野菜や、こまめに水やりをしない管理方法のときには、保水性をあげるバーミキュライトを使い、排水性を好むトマトや、こまめに水やりをする管理方法の場合はパーライトを混ぜるようにしましょう。

バーミキュライトの使い方

バーミキュライトの使い方:畑・地植え・花壇


バーミキュライトを畑や庭の土・花壇の土壌改良を目的として使う場合、その配合は、掘り起こし畑の土6:腐葉土2:バーミキュライト2の割合を目安に混ぜ合わせて使うといいでしょう。

なお、このとき基本用土と土の粒の大きさを合わせることにより、バーミキュライトの特性を十分に発揮できます。

バーミキュライトの使い方:鉢植え・コンテナ栽培


バーミキュライトを野菜や草花のコンテナ栽培に使う場合、その配合は赤玉土(小粒)6:腐葉土3:バーミキュライト1の割合を目安に混ぜあわせ、規定量の緩効性化成肥料、もしくは有機質肥料を加えてください。

同じく、赤玉土の粒のサイズとバーミキュライトの粒の大きさは揃えるといいでしょう。

バーミキュライトの使い方:種まき・育苗・挿し木


バーミキュライトは無菌かつ、適度な保水力をもつので、種まき・育苗・挿し木の用土に向いています。用土は全て新しい清潔なものを使用し、配合は赤玉土(小粒)4:バーミキュライト4:ピートモス2の割合で用意しましょう。

バーミキュライトの使い方:水耕栽培


水耕栽培をするとき、バーミキュライトを培地として活用して、苗を支えてあげるといいでしょう。保水性がよく、無菌かつ粒が細かめなバーミキュライトは、とくに種が小さい植物・野菜などの水耕栽培の培地に向いています。

バーミキュライトの使い方:球根の保存


バーミキュライトは無菌であり、適度に外気を遮断するので、球根の保存に向いています。とくにユリやダリアなど、掘り上げてから植え付けまでに、一定の期間を要する球根を保存を要する球根や、単に次期まで保存したい球根は、バーミキュライトに埋めて暗所で保存するといいでしょう。

バーミキュライトの購入・価格相場について


バーミキュライトは園芸店やホームセンター、100円ショップ、ネット販売などで購入ができます。

価格の相場としては、ホームセンターで20Lが600〜1000円、5Lが200〜300円で販売されています。さらに100円ショップでは2L入りの小さいサイズも販売されているので、使ったことがない場合でも、気軽にお試し感覚で入手できます。

バーミキュライトの特性をつかんで、日々の園芸にいかそう!

バーミキュライトの特性は、やはり保水性や保肥性、恒温性をあげる点にあります。改良用土の代表的な用土であり、使い勝手もよいので、バーミキュライトをうまく活用して、日々の園芸や家庭菜園にいかしてみてください

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

園芸に関連するカテゴリ

園芸の関連コラム

園芸の新着投稿画像

ひめだか

134

センニチコウ 🌸☘🌸(千日紅) 赤いのはお花ではなく苞です😊

忘備録

79

【実生記録用】 カインズ簡易温室にペットボトル製腰水発芽装置を設置しました、10~20粒位ならこのままで1年くらい行けそうです (´,,•ω•,,)

ひめだか

107

ヤブマオ 🌼☘🌼

BUMBABA

40

初・挿し木 増えるかな?

ひめだか

139

ダリア 🌸☘🌸 ボールのようにまん丸なカタチ😊

キリちゃん

88

チランジア(ティランジア)LINEグループのご案内 真ん中の画像は憧れのステファニア ピエレイ🎶去年は事故でポキンと根元から折れましたが、今年はなんとか花まで咲いてくれそうです。 追伸:どうでも...

ひめだか

126

オシロイバナ 🌸☘🌼 オシロイバナ双六作りました😊

ジョウ

24

ふと上を見上げると自分の家の庭だって事を忘れそうになるな〜

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード