アスターの花言葉|意味や花の種類、ガーデニングにおすすめ!

夏のガーデニングを彩るアスターは、色や咲き方がたくさんあり、お庭を華やかにしてくれます。お盆の時期には仏花にも用いられることがあるようですよ。

今回は、アスターの花言葉や種類、特徴を紹介していきます。

アスターの花言葉


アスターの花言葉は、花の色によっても異なります。アスター全体に共通した花言葉には、「変化」や「同感」「追憶」といったものがあります。

アスターの花言葉の由来

「変化」はアスターが品種改良によって花の形態が増えていったことや、豊富な色の花を咲かせることが由来となっています。また、仏花や切り花としても使われることが多いことから、「同感」や「追憶」といった過去を思い出したり、他人と気持ちを共感させるといった意味も生まれたとされています。

花占いに使われることもあるためか、花の色別では恋愛や信じる心に関する意味を持つ花言葉も多くあります。白い色のアスターには「私を信じてください」、ピンク色には「甘い夢」、紫色には「恋の勝利」、青色には「信頼」や「信じているけど少し心配」といった意味があります。

花言葉の意味を込めてプレゼントとして渡す際は、贈る相手や関係性によって色を選ぶといいでしょう。

アスターの基本情報

学名
Callistephus chinensis
科・属
キク科カリステフス属
原産国
中国北部
別名
蝦夷菊(エゾギク)

アスターの花の由来


もともとは原産地である中国で自生している花でしたが、18世紀にはカトリック神父がパリの植物園にアスターが贈られたことで、ヨーロッパでの品種改良が始まり、広く普及しました。

日本へは江戸時代中期頃に伝えられたとされており、ヨーロッパや他の国々と同じように、品種改良が加えられるようになりました。

日本で生まれた園芸品種には「ほうき立ち」と呼ばれる、茎の上部で枝が分かれボリュームのある花を咲かせることが特徴の花があります。夏の時期に見頃を迎え、花の形が菊に似ていることや、枯れた後も散らばらず辺りを汚さないといった理由から、日本ではお盆の時期などにお供え用の花として広く使われています。

アスターはもともとはアスター属の植物でしたが、宿根アスターなどとは違う種類と分類され、現在、一年草のアスターはキク科のカリステフス(エゾギク)属となっています。カリステフスという属名は、美しい冠という意味の言葉で、原産地が中国であることから、英名では宿根アスターと区別するため、チャイナアスターとも呼ばれています。

「アスター」はギリシア語が由来となっており、「星の形」という意味があり、これは花の形が星に似ていることからつけられたとされています。

アスターの和名である「蝦夷菊(エゾギク)」は、花が菊の形に似ており、北の地方や北海道の古称である蝦夷のような寒冷地域でよく育つことからつけられたという説と、江戸菊という言葉が変化したものという2つの説があります。

アスターの花の特徴


アスターの花は夏から秋にかけて、菊の形に似た小さな花を多く咲きます。花の大きさは直径3cm前後の小さいものが多く、枝分かれしながらたくさんの花を咲かせます。

また品種によっては直径8cmを超える大輪のものなどもあります。花の色は赤や紫、ピンクなどさまざまで、中でも青い色の花を咲かせる品種は貴重で人気も高いです。

花の咲き方も品種によって幅広く、一重咲きから八重咲き、丸く膨らむように咲くポンポン咲きなどがあります。お盆の時期のお供え用や切り花用のアスターとしては、八重咲きや半八重咲きの品種のものが人気で多く使用されています。

アスターの花の種類、品種


アスターは中国の北部が原産地とされていて、キク科カリステフス(エゾギク)属の植物です。和名ではエゾギク、英名ではチャイナアスターと呼ばれています。

アスターはもともと宿根アスターなどと同じアスター属の植物でしたが、現在では違うカリステフス属の植物とされています。一般的にアスターというと、一年草であるカリステフス属のものを指すことがほとんどです。

18世紀頃に日本やヨーロッパへ伝わり、園芸用として品種改良が行われてきた植物です。

赤や青、白といった豊富な色があるだけではなく、一重や二重、ポンポン咲きなど形や大きさまで品種によって細かく異なっており、さまざまなバリエーションを楽しむことができます。

日本で改良された品種には、茎の先でほうきのように枝が分かれる「ほうき立ち」、欧米やヨーロッパで改良されたもので根元近くで枝が分かれる「枝打ち」など、バリエーション豊富です。

代表的な園芸品種としては「セレネ」や「あずみ」、「シャギーディープローズ」や「ステラ」などがあります。

小さな花が集まるようにして咲くのがアスターの特徴ですが、「シャギーディープローズ」や「マッシュラベンダー」などは花径が8cmほどある大輪の品種です。

アスターの花言葉や花をガーデニイングで楽しもう


アスターは花色や咲き方、大きさも様々あり、ガーデニングを楽しめる花の一つとなっています。花の数が多いので1株だけでも華やかなイメージを持たせてくれます。

みなさんも夏のガーデニングではアスターで楽しんでくださいね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

花言葉に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

花言葉の関連コラム

イチジク(無花果)の花言葉|怖い意味があるの?葉っぱには面白い意味があった!の画像

イチジク(無花果)の花言葉|怖い意味があるの?葉っぱには面白い意味があった!

チューリップの花言葉|花束を贈るときの注意点は?長持ちさせる飾り方とは?の画像

チューリップの花言葉|花束を贈るときの注意点は?長持ちさせる飾り方とは?

金のなる木の花言葉|風水効果のある置き場所は?不吉な言い伝えがあるって本当?の画像

金のなる木の花言葉|風水効果のある置き場所は?不吉な言い伝えがあるって本当?

ガジュマルの花言葉|どんな花が咲く?人気の種類はどれ?怖い意味がある?の画像

ガジュマルの花言葉|どんな花が咲く?人気の種類はどれ?怖い意味がある?

エアプランツ(チランジア)の花言葉|花の特徴や名前の由来は?の画像

エアプランツ(チランジア)の花言葉|花の特徴や名前の由来は?

花言葉の新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
369

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
367

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
306

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
265

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
243

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?