ベランダ菜園の始め方とは?プランター栽培できる初心者におすすめの野菜10選

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2020.09.11

家庭菜園をしてみたいけれど、庭や広いスペースがない…という人は、ベランダ菜園はいかがでしょうか。限られたスペースではあるものの、ベランダ菜園にあった野菜を選べば、同じように家庭菜園を楽しむことができます。

今回はベランダ菜園の始め方と、ベランダ菜園におすすめの野菜10選をご紹介します。

これで失敗知らず!ベランダ菜園の始め方とは?

ベランダ菜園を始める前に確認したいルールとマナー

①マンションの規約、ルールを守ろう!

ベランダはあくまでマンションやアパートの共有部分です。建物の所有管理元による規約をみて、ベランダ使用の注意事項(重量制限など)をあらかじめ確認しておきましょう。

また、ベランダは大事な避難経路でもありますので、防災扉や避難はしごの周りにプランターなどを置かないようにしてください。消防法に基づいた避難経路が確保できるように注意しましょう。

②近所迷惑にならないようマナーを守ろう!

マンションやアパートでベランダ栽培をする場合は、隣や上下などの隣接した部屋に住んでいる方へ、迷惑にならないよう十分に配慮しましょう。たとえば水やりの排水や、枯葉などの処理、プランター落下の防止から、害虫対策、臭害対策など、安全かつしっかり手入れをしましょう。

ベランダ菜園を始める前に日当たりを要チェック!

①季節ごとの日当たり合わせて置き場所を変えよう!

ベランダでは限られた方角からしか日が入りません。また、太陽の動きに合わせて1日の日の差し具合は移動しますし、さらには季節ごとによっても変わります。

たとえば、春や秋であればベランダの室内側まで日差しが届きますが、フェンス側は届きにくいです。反対に、太陽の位置が高い夏は、ベランダのフェンス側は奥までよく日差しが届きますが、室内側は届きにくい傾向にあります。

このような建物・ベランダの角度や、太陽の動きに配慮して、プランターやコンテナの位置を、適宜移動させてあげるといいでしょう。

②野菜の性質によって置き場所を変えよう!

同じベランダでも、場所によって日当たりの良し悪しは変わります。そういうときは、育てる野菜の性質を理解して、配置をしていくといいでしょう。

  • 日当たりを好む野菜:トマト、ナス、ピーマン、オクラ、きゅうり、ニンジン、トウモロコシ、そら豆
  • 半日陰でも育つ野菜:いちご、ほうれん草、小松菜、カブ、しょうが、アスパラガス、ネギ
  • 日陰でも育つ野菜:ミツバ、ミョウガ、シソ、ニラ、クレソン

ベランダ菜園を始めるときに用意するもの

  • プランター:深さが15〜20cm程度ある標準650サイズと、深さ30〜40cmあるロングポットがあればほとんどの野菜の栽培ができます。
  • 用土:配合は赤玉土(小粒)6:バーミキュライト3:川砂1が目安ですが、配合済みの野菜培養土がおすすめです。

その他、鉢底ネット、鉢底石、スコップ、ジョウロなど

ベランダ菜園!初心者におすすめの育てやすい野菜10選

ベランダ菜園おすすめ野菜① ミニトマト

【苗植え付け:4月下旬〜5月上旬/収穫:植え付けからおよそ45日】

ミニトマトは小学生の授業でも扱われるほど育てやすい野菜です。美味しく育てるコツは、十分な日当たりと、水やりを控えめにすることです。

>>ミニトマトの育て方<<

ベランダ菜園おすすめ野菜② オクラ

【種まき:5月/収穫:苗植え付けからおよそ45日】

オクラのネバリ成分は栄養も豊富で、育てやすい野菜なので初心者にもおすすめです。オクラなどの果菜類は日当たりのいいところで育てるといいでしょう。収穫も次々と長く楽しめます。

>>オクラの育て方<<

ベランダ菜園おすすめ野菜③ ピーマン

【種まき:4月中旬〜5月中旬/収穫:苗植え付けからおよそ55日】

ピーマンは実の中身がないため、果菜類のなかではかなり育てやすい野菜です。ピーマンと近いシシトウなどもおすすめです。日当たりのいいところで育てるといいでしょう。

>>ピーマンの育て方<<

ベランダ菜園おすすめ野菜④ 小松菜(コマツナ)

【種まき:真冬を除いて一年中/収穫:種まきからおよそ30日】

小松菜は栽培期間がかなり短く、ほぼ一年中育てられるので、ベランダ菜園におすすめです。午前中だけ日が当たるような半日陰が、もっとも栽培に適しています。

>>小松菜の育て方<<

ベランダ菜園おすすめ野菜⑤ 春菊(シュンギク)

【種まき:3〜4月、9〜10月/収穫:種まきからおよそ40日】

独特な香りと風味をもつ春菊は、栄養も豊富なので、ぜひ家庭菜園で育てて食べたい野菜のひとつです。簡単に育てることができ、半日陰を好むので、あまり場所を選びません。

>>春菊の育て方<<

ベランダ菜園おすすめ野菜⑥ ベビーリーフミックス

【種まき:3〜5月中旬/収穫:種まきからおよそ20日】

ベビーリーフはさまざまな葉物野菜を、間引きのような感覚で収穫し食べられるのでおすすめです。ミックス種を育てると、さまざまな葉が育つので収穫も楽しめるでしょう。

>>サニーレタスの育て方<<
>>ルッコラの育て方<<

ベランダ菜園おすすめ野菜⑦ ラディッシュ

【種まき:4〜5月/収穫:種まきからおよそ35日】

ラディッシュは赤いカブのような見た目をした、二十日大根ともよばれる野菜です。サラダに彩りを加えてくれる使い勝手の良さと、栽培期間の短さが魅力です。

>>ラディッシュの育て方<<

ベランダ菜園おすすめ野菜⑧ つるなしインゲン

【種まき:4〜6月/収穫:種まきからおよそ40日】

豆類は上部で育てやすく、つるなしインゲンは小さなコンテナでも十分に育つので、省スペースな栽培が楽しめます。日当たりのいいところで育てるといいでしょう。

>>インゲンの育て方<<

ベランダ菜園おすすめ野菜⑨ シソ(大葉)

【種まき:5〜7月/収穫:種まきからおよそ30日】

シソは栽培期間が短く、長期間にわたって収穫ができ、使い勝手の良い薬味として人気です。日陰でも十分に育つので、ベランダの配置に悩みません。

>>シソ(大葉)の育て方<<

ベランダ菜園おすすめ野菜⑩ バジル

【種まき:5〜6月/収穫:種まきからおよそ30日】

バジルは豊かな香りをもつハーブとして、よくイタリアン料理に使われています。栄養豊富かつ、とくにトマトのコンパニオンプランツをしても使えるので、セットで植え付けるといいでしょう。

>>バジルの育て方<<

プランター栽培でベランダ菜園を始めよう!

ベランダ菜園は限られたスペースですが、日当たりや育てる野菜を適切に選べば、栽培から収穫まで問題なく楽しむことができます。今回ご紹介したベランダ菜園の始め方や、おすすめの野菜を取り入れて、ぜひ挑戦してみてください。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

家庭菜園に関連するカテゴリ

家庭菜園の関連コラム

家庭菜園の新着投稿画像

ビューティ

38

アロエベラ様  いつの間にか子吹いてるw 三兄弟です!! 来年植え替え出来るかな^_^!?

ハルサ〜

27

彼岸花、やっと咲きました。例年より遅いです。ちなみに畑の彼岸花はまだ芽が出たばかりです

お庭のねこ

14

今日は朝から金胡麻を収穫しました😆 さて、ここからの工程が大変らしいので、食べるところまでたどり着けるか!?😅

国宝松江城

19

夜盗虫被害 穴だらけです ( ´゚д゚`)

たや

92

~2005年以来の珍事⁉️~ 東京証券取引所がシステム障害により停止していますね。 こんな時は別の株を育てることにしませんか? どちらも育てる楽しみ♪

こじるん

99

食べたミニトマトの種からのアイコです。 実が少し大きくなって来ました♪😆 これは第1花房ですが、今まで育てたミニトマトは第1花房で枝分かれしている房はありませんでした。 (第2花房から上の枝分かれは...

たろう

22

ダビデの星 大阪出張3日間の間に巨大に成長! 去年やってた丸?オクラと比べて大きくなっても硬くならずおいしくたべれていたがこのサイズはどうだろう、、、

greenfield_p

35

パクチーの実。硬い種になる前の青い実はパクチーの香り&柑橘っぽい香り。 家庭菜園ならではの楽しみ😁

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード