警告

warning

注意

error

成功

success

information

ゴムの木の育て方|剪定や植え替えの時期は?挿し木での増やし方とは?

ゴムの木は生育旺盛で、育てやすい初心者にもおすすめの観葉植物です。

日当たりがよければ、色つやの見事な葉を生やすことから、最近ではインテリアとしても人気を集めています。100均などでも小さな挿し木苗が並ぶこともありますね。

今回はそんなゴムの木の育て方のほか、剪定方法や植え替えの時期やコツなどについてもご紹介します。

ゴムの木の置き場所はどこがいい?

ゴムの木を育てるときは、日当たりのいい場所に置きましょう。ゴムの木は比較的日陰に強くて耐陰性もありますが、直射日光を避けた明るい場所に置くと、どんどん大きく元気に育ちます。

室内の日陰に置く場合は、1週間のうち数時間は日光浴をさせてあげるといいです。いきなり強い日差しを受けると、葉焼けを起こしてしまうので、少しづつ日当たりに慣れさせるようにしてください。

春から秋にかけては屋外に置いて育てることもできますが、耐寒温度は10度程度なので冬は室内に入れて育てましょう。

ゴムの木の水やりのコツは?

ゴムの木の水やりは、基本的に表土が乾いたことを確認してから、鉢底から水が流れ出るまでたっぷり与えます。

とくにゴムの木はほかの観葉植物より湿潤を好む性質があり、7〜9月の間は水切れしやすくなるので、涼しい朝方に毎日水やりしてもいいです。屋外に置いているのであれば、朝と夕方の2回必要な場合もあります。

反対に、冬場は休眠期にあたるため、土が乾ききってから2〜3日後に水やりするなど、乾かし気味に育てましょう。

no-img2
松原真理子
水やりのタイミングを確認する方法として、土に人差し指の第一関節を入れてみて、湿り具合を確認できます。
指に土が付かない程度サラサラしていれば、お水をあげるタイミングです。

ゴムの木の土はどれがいい?

ゴムの木の土には、市販の観葉植物用培養土を用意しましょう。水はけと保水性のバランスが取れたものがおすすめです。

自分で配合する場合は、「赤玉土小粒6:腐葉土(もしくは調整済みピートモス)3:バーミキュライト1」の割合で混ぜて、緩効性肥料を元肥に適量混ぜて使います。

no-img2
松原真理子
観葉植物用培養土には「根腐れ防止剤入り」と書いてあるものもあります。
それだけ観葉植物は、お水のやりすぎによる根腐れのトラブルがあるということですね。

ゴムの木の肥料はいつあげる?

ゴムの木の肥料は、生育期である春〜秋にあたえます。くれぐれも12〜2月の休眠期には、肥料をあたえないようにしましょう。

市販の観葉植物用の粒状緩効性肥料を用意しておくとよいです。製品の効果持続期間に従って、春から秋の間に肥料効果が切れないように与えましょう。

たとえば効果が2ヶ月持続するタイプであれば、5・7・9月に1回ずつ与えるといいです。

元気がない(葉に張りや艶がない、葉色が悪い、新しい葉が出てこない)ようであれば、10日に1回の間隔で十分に薄めた液肥をあたえてみるのも一つの方法です。

no-img2
松原真理子
元気がないと感じた時にすぐに肥料をあげるのは厳禁です。根詰まりや根腐れの可能性もあります。
調子が悪いと感じた時期や環境をじっくり観察したうえで、肥料をあげるかは判断しましょう。

ゴムの木の植え替えのしかたは?

植え替え時期

ゴムの木の植え替え時期は、4月下旬から6月、9月下旬から10月が適期です。生育がにぶる真夏は避けるようにしましょう。晴れた日の午前中に作業するのがおすすめです。

また、ゴムの木は生育旺盛な品種が多いので、大きくしたいときは1年に1回、最低でも2〜3年に1回は植え替えするようにしましょう。

植え替え方法

今回は100均で購入したカシワバゴムの木を例に、ゴムの木の植え替えの手順・コツをご紹介します。

  1. 植え替えに必要なもの
    ゴムの木 植え替え 用意するもの

    • 一回り大きい鉢
    • 観葉植物用の土
    • 鉢底石とネット
    • 移植ゴテ
    • 割り箸や長細い棒
  2. 新しい鉢の準備をしておく
    ゴムの木 植え替え 底石をいれる
    新しい鉢に、鉢底ネットをしいて鉢底石をしきつめます。鉢底石は大きめのハイドロボールや軽石、発泡スチロールでも代用できますよ。

    今回は排水溝ネットに鉢底石をまとめて入れて、鉢に入れています。こうすると次回の植え替えのときに簡単に鉢底石と土を分別できます。

    また、あらかじめ鉢底石が見えなくなるまで、観葉植物の土を入れておきましょう。

  3. もとの鉢から取り出す
    ゴムの木 植え替え 鉢から取り出す
    水やりを数日控えて、土を乾燥させてから、元の鉢に埋まっているゴムの木を取り出します。

    鉢の表土を棒で軽くほぐして鉢を真横に倒したら、ゴムの木を片手に持って、もう一方の手に鉢を持って引き抜いていきます。

    間違ってもゴムの木を持った手は動かさないでください。根がちぎれて抜けてしまう恐れがあります。

  4. 根鉢をほぐす
    ゴムの木 植え替え 苗を出す
    病害虫が発生していたり長年植え替えしていないときや、新しく買ったゴムの木は、根鉢を完全にほぐしてできるだけ土を落としましょう。土が落ちなければ、水で洗い流してもいいです。

    とくに生育に問題がなくて、定期的に植え替えをしているのであれば、土を3分の1ほど落とすだけで大丈夫です。

  5. 不要な根を切る
    ゴムの木 植え替え 根を切る前と切った後
    土を落としたら、黒く細い根や長すぎる根を切ります。今回は水で土を洗い流して、写真のとおり生え際の黒い細い根のかたまりを取り除きました。

    とくに細い根はすぐに死んで根詰まりの原因となるので、太く白い根を残すようにしましょう。

  6. ゴムの木を植えていく
    ゴムの木 植え替え 土を入れる
    根の整理ができたら、片手で苗を持って鉢の中で浮かしながら、隙間に土をいれていきます。

    土は9分目以上いれますが、すり切りいっぱい入れると水やりしたときにあふれるので、少し余裕を持たせましょう。

  7. 植え替え完了!
    ゴムの木 植え替え 植え替え完了
    これで植え替え完了です。

    植え替えした後は水やりをしますが、鉢底から流れ出る水が透明になるまで、たっぷり水やりをしてあげるといいです。

植え替え後のお手入れ

植え替え直後はまだ根が落ち着いていないので、優しく水やりするようにしてください。

1週間ほどは直射日光を避け、明るい日陰ほどの場所に置いておきましょう。

また、植え替え直後の肥料は控えてください。もともと植え替えた土に肥料が含まれているので、与えるのは3ヶ月後でいいです。

ゴムの木の増やし方は?

ゴムの木の増やし方は、「挿し木」や「取り木」が一般的です。5〜6月になったら作業を始めます。このとき、剪定の際に切り取った枝を使ってもよいでしょう。

挿し木

  1. 10cmほどの長さに切り取った枝の切り口を洗い流す
  2. 切り口が斜めになっているのを確認して、水に1時間ほど浸す
  3. 葉からの蒸発を防ぐため、下葉はすべて取り除いて、上葉は半分ほどにカットする
  4. 枝を赤玉土に挿し込み、涼しい日陰で水やりを続ける
  5. 発根したあと、本葉が2枚以上になったら新たな鉢に植え替える

取り木

  1. 根っこを生やしたい箇所の幹皮を、ナイフ等で5cmの幅にはぐ
  2. はいだ箇所を水苔でつつみ、その上からビニールで覆って湿気を保つ
  3. 2〜3ヶ月すると発根するので、水苔とビニールを取り除き、発根部分より下を切り取る

ゴムの木の剪定のしかたは?

剪定時期

ゴムの木は、樹形の乱れと葉の密集をさけるために4〜5月か、9〜10月の間に剪定します。真夏や休眠期中は生育が鈍るので、剪定は避けましょう。

剪定方法

ゴムの木を剪定するときは、内向きの枝や重なった枝を、その根元や枝分かれしている箇所から切り落としましょう。新芽のすぐ上を切り取れば、そこから新たに枝が生えてきます。

切り口からは、ゴムの木特有の白い樹液がでてきますが、触れるとかぶれる恐れがあるので、手袋をして作業するのが基本です。

ゴムの木が枯れる・葉が落ちる原因は?

ゴムの木が枯れるのは日当たりが悪いか、水やりに原因があると考えられます。

先述しましたが、耐陰性があるとはいえ日当たりのいい環境を好むので、日当たりの悪い室内に置いている場合は、たまに日光浴をさせましょう。

また、水やりは水切れに注意とは言いましたが、水やりをしすぎて根腐れで枯れてしまうので、めりはりのある水やりをすることが大切です。

生育期に葉が落ちるのは根腐れや病害虫が発生している可能性があるので、急いで植え替えをしましょう。

冬に葉が落ちるときは寒さで弱っている場合が多いので、夜間の室温・湿度に気をつけてください。

no-img2
松原真理子
冬場は室内でも、窓際は温度が下がりやすく、観葉植物は寒いと感じることがあります。置いている場所も確認してみましょうね。

ゴムの木の育て方で注意する害虫・病気

ゴムの木は病害虫への耐性が高いことで知られますが、カイガラムシ、ハダニの発生に注意が必要です。発見したら薬剤散布をするか、歯ブラシなどで擦り落としましょう。

ゴムの木の育て方を覚えて、観葉植物として楽しもう!

ゴムの木

ゴムの木は熱帯アジアを原産とする、クワ科フィカス属の観葉植物の総称です。白い樹液が天然ゴムの原料となることから、その名がつきました。

そんなゴムの木は、日当たりがよければ、色つやの見事な葉を生やします。さらにインテリアにぴったりな佇まいをしているので、観葉植物としてゴムの木を置くだけで、やわらかな雰囲気を演出できますよ。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

観葉植物の育て方に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

観葉植物の育て方の関連コラム

エアプランツ(チランジア)の育て方|水やり方法と頻度は?枯れる原因は?の画像

エアプランツ(チランジア)の育て方|水やり方法と頻度は?枯れる原因は?

ユーカリの育て方|鉢植え・地植えのお手入れは?室内に置いてもOK?の画像

ユーカリの育て方|鉢植え・地植えのお手入れは?室内に置いてもOK?

ペペロミアの育て方|増やし方や剪定方法は? 葉が落ちる原因とは?の画像

ペペロミアの育て方|増やし方や剪定方法は? 葉が落ちる原因とは?

金のなる木の育て方|剪定や挿し木、植え替えはいつ?冬の置き場所は室内のほうがいい?の画像

金のなる木の育て方|剪定や挿し木、植え替えはいつ?冬の置き場所は室内のほうがいい?

アジアンタムの育て方|水やり頻度は?植え替えの方法や使う土は?の画像

アジアンタムの育て方|水やり頻度は?植え替えの方法や使う土は?

観葉植物の育て方の新着投稿画像

人気のコラム

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
483

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
390

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
318

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
284

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
275

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!