根腐れとは|原因と対処法は?見た目はどうなる?根腐れ防止剤の使い方は?

植物は根腐れを起こすことがあります。根腐れをすると、根から水分や養分を吸い上げられないため、植物全体が弱ってしまうので早めの対処が必要です。

今回は根腐れとはなにか、どんな見た目の症状がでるか、根腐れの原因や対処法をご紹介します。

根腐れとは?

根腐れとは、その名の通り、植物の根部分が腐ってしまう病気のことです。根腐れにかかると、根から水分や養分を吸収できなくなり、進行するとたちまち枯れてしまいます。

根腐れになるとどんな見た目や症状がでる?

根腐れは地中や地際で病気が進むため、発見しずらいのがネックです。早めに発見できるよう、次のような見た目や症状があれば、根腐れを疑いましょう。

  • 幹が柔らかくなり、触るとブヨっとしている
  • 葉が茶色や黄色に変色する
  • 葉がよく落ちる
  • 根元から腐敗臭・悪臭がする
  • 土の表面にカビが生える
  • 水やりをしても吸収しない、吸収が遅い
  • 育成が悪く、葉が垂れ下がって元気がない
  • 根が黒く変色する

根腐れしてしまう原因は?

水やりのしすぎ

植物の水やりには適量と正しい頻度があります。水生植物や、湿潤を好む植物でないかぎり、基本的には土が乾き切ってから水やりをしますが、水やりのしすぎで常に土が湿った状態だと、根が呼吸できずに根腐れを起こしてしまいます。

土が不潔

定期的な植え替えをせずに、古くなった土で育てていると、生育に好ましい団粒構造が崩れ、通気性の悪い土になってしまいます。そうすると根が呼吸できずに、根腐れを起こしたり、雑菌が繁殖することで、雑菌が根に浸食して根腐れを起こすことがあります。

土質が植物に合わない

植物にはそれぞれ、土質に好みがあります。水はけのよい土を好む植物であるにも関わらず、土の水はけが悪いものを選んでいると、根がずっと湿気にさらされることになり根腐れすることがあります。

肥料のやりすぎによる肥料やけ

植物の生長に肥料は欠かせませんが、肥料がやりすぎると、根と土中の栄養分のバランスを保とうとする浸透圧の関係で、根の水分が土中に排出されてしまいます。これを肥料やけといいますが、水分を吸収できなくなった根はたちまち根腐れを起こしてしまいます。

カビ(嫌気性菌)の増殖

風通しの悪い場所で育てると、土の乾きが悪くなり、土が常に湿った状態になります。このような環境ではカビなどの嫌気性菌が繁殖しやすく、根が感染して根腐れを起こすことがあります。

根腐れから復活させる対処法とは?

清潔な土に植え替える

根腐れを起こした植物を復活させるためには、植え替えをして株の健康状態を元すことが、一番の対処法です。根腐れを発見した場合は、時期に関わらず、早めに植え替えしましょう。

根腐れした植物の植え替えの手順

  1. 根腐れした植物を鉢や土から取り出す。
  2. 根についた土をやさしくほぐし、落とす。
  3. 変色して黒くなっている根を清潔なハサミで切り落とす。
  4. 根を落としたぶん、葉や茎も切り落とす。
  5. 清潔な鉢やプランターに、底穴ネット・底石をいれ、清潔な土をいれる
  6. 根や葉を切り整えた植物を植える。

植物を植え替えするときは、植物が好む性質の土を用意しましょう。

根腐れした植物を植え替えするときの注意点

移し替えたら、すぐに水やりをしたくなるかと思いますが、根腐れしている植物に水やりは禁物です。移し替えたら明るい日陰で1ヶ月ほど管理をします。そのあとは植物が好む場所に移してあげましょう。

また、元肥や肥料も控えましょう。根が弱った状態では、過剰な栄養は逆効果なので、生育が安定するまで与えないようにしてください。

挿し木をして別の株として育てる

あまりに根腐れの症状が進んでしまっている場合は、根が全滅している可能性もあります。そういったときには、挿し木をしていっそ別の株として育てていきましょう。

挿し木とは、植物の枝や茎(多肉植物の場合は葉)を土に挿して発根させ、新たに育てていく方法です。

  1. 元気そうな枝や茎を10〜15cmほど切り取る
  2. 上部の2〜3枚の葉をのこしてあとは落とす
  3. 切り口を斜めに切り、水に1〜2時間つける
  4. 赤玉土などの無菌で清潔な用土に植える

根腐れの予防には「根腐れ防止剤」を使おう!

根腐れ防止剤とは、土や水耕栽培の水に混ぜることで、根腐れを予防できる資材のことです。根腐れ防止剤のほとんどは、珪酸塩白土、ゼオライトというものを原料にしています。

ゼオライト

アルカリ性の粘土で、目に見えない微細な穴がいくつもあいた園芸資材です。この穴がイオンを交換し、汚れやガス、窒素といった悪いものを吸着する働きを持つため、土壌や水を清潔に保つ働きがあります。水耕栽培の根腐れ防止剤にも使えます。

ゼオライトの使い方

ゼオライトは、土栽培でも水耕栽培でも、植え替えするときに、容器の底が見えなくなるまで敷き詰めるようにして使いましょう。

珪酸塩白土

秋田県八沢木で採掘された白い粘土のことで、ミネラルを豊富に含んでいる園芸資材です。土に混ぜることで、土壌の団粒化、不純イオンや不良ガスを吸着して除去し、毛細根の生長促進させる効果があるため、根腐れ防止剤として使われます。

粉状が「ハイフレッシュ」、小粒が「ミリオン」、中粒が「ミリオンA」という名でよく出回ります。

珪酸塩白土の使い方

ハイフレッシュは、植え付けのときに、植物の根にまぶして使います。

ミリオンやミリオンAは、土栽培なら培養土全体の1割ほどの分量を混ぜてつかいます。水耕栽培の場合は容器の底がみえなくなるほど敷き詰めて使いましょう。

根腐れの原因や対処法を理解して、元気に育てよう!

枯れることが怖くて水やりをたっぷりしてしまうこともありますよね。根腐れのサインに気がついたときにはずいぶん進行してしまっている可能性もあるので、早めの対処をしましょう。

植え替えるとまた元気になることがありますので、諦めずに試してみてくださいね。

おすすめ機能紹介!

【無料で利用できる】写真を撮るだけ!アプリが植物・花の名前を教えてくれる『教えて!カメラ』のご紹介!

園芸に関連するカテゴリに関連するカテゴリ

園芸の関連コラム

失敗しないポインセチアの剪定方法|適した時期や抑えるポイントとは?の画像

失敗しないポインセチアの剪定方法|適した時期や抑えるポイントとは?

南天(ナンテン)の剪定|時期や2つのやり方とは?注意すべきポイントは?の画像

南天(ナンテン)の剪定|時期や2つのやり方とは?注意すべきポイントは?

朝顔(アサガオ)の種の収穫|時期や取り方は?保存方法は?の画像

朝顔(アサガオ)の種の収穫|時期や取り方は?保存方法は?

キンモクセイ(金木犀)の育て方|挿し木のコツは?ベランダの鉢植えでも育つ?の画像

キンモクセイ(金木犀)の育て方|挿し木のコツは?ベランダの鉢植えでも育つ?

キンモクセイ(金木犀)は鉢植えでも育てられる?ベランダや室内でも大丈夫?の画像

キンモクセイ(金木犀)は鉢植えでも育てられる?ベランダや室内でも大丈夫?

園芸の新着投稿画像

人気のコラム

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!の画像
いいね
352

簡単DIY!「100均製氷ケース」で多肉ポットを作ろう!

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!の画像
いいね
345

【春の花図鑑30選】3月、4月、5月の開花時期別に花の名前をみてみよう!

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツの画像
いいね
296

カット苗を買ってきたら?購入後の手順と根を出させるコツ

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!の画像
いいね
247

小さな多肉がギュギュぎゅっと。魅惑の「多肉畑」へようこそ!

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?の画像
いいね
215

クローバー(シロツメクサ)の花言葉|葉の枚数によって幸せにも怖い意味にもなる?