ゼオライトとは|どんな効果があるの?園芸での使い方は?

GreenSnap編集部

GreenSnap編集部

公開日:2021.03.17

ゼオライトって聞いたことはあるけどなにに使うのか、どんな効果があるのか詳しくわからないという方もいますよね。このページでは、ゼオライトとはどんなものなのか、どんな効果があるのかまとめました。

植物を育てるにおいて、よい効果がたくさんあるので取り入れるのがおすすめです。これからゼオライトを使用してみたい方もぜひご参照ください。

ゼオライトとは

ゼオライトとは簡単に言ってしまうと鉱石です。結晶性アルミノケイ酸塩で、採掘されることもありますが、自然界で採取されるものではなく、人工的に作られたゼオライトもあります。

天然のゼオライトは火山の噴火によって出てきた火山灰が海や湖の底に積もってできた鉱物です。

ゼオライトは水分子を吸着する特徴があり、天然のゼオライトが園芸で使用されることは少ないですが、人工的に作られたものは多く使用されています。

ゼオライトにはどんな効果がある?

除湿効果

ゼオライトの表面には小さな穴がたくさん開いているため、そこに水分を集めることができるので除湿機能があります。鉢植えの表面にゼオライトをまいておくと、土の湿気が改善されますよ。

消臭効果

ゼオライトの表面の穴に空気中のニオイの成分を吸着する効果があるので消臭効果も期待できます。

保肥効果

ゼオライトの表面にある小さな穴に肥料成分を保持する力があります。

通気性がよくなる

ゼオライトは穴が開いているので通気性もよく、土の環境を変えるためにゼオライトをまくこともあります。

ゼオライトは園芸ではどう使う?

ゼオライトは園芸で使用するときの使い方を紹介していきます。

水耕栽培

水耕栽培をする場合は水質が悪くなる心配がありますよね。水をそのままにするとニオイが出ることもあります。常に水を清潔に保つ必要がありますが、ゼオライトを入れることで水質がよくなり水換えの頻度も少なくなります。

鉢植え

鉢植えは水をたくさん与えてしまうと、根腐れすることがあります。鉢植えの土の表面や鉢底にゼオライトを使用することで根に空気が届き、根腐れを予防することができます。

また水をまくことでゼオライトのミネラル成分が溶けだして栄養にもなり、一石二鳥ですよ。

花瓶

ゼオライトを花瓶に入れることで水質がよくなり、切り花の切り口の腐敗も抑えられて、花の長持ちが期待できます。

ゼオライトを使うときの注意点

ゼオライトは土壌の改善効果も期待でき、鉢の底に使用することがあります。ハイドロカルチャーにゼオライトを使用する場合は、土によく混ぜて使用しましょう。

また、ゼオライトはたくさん使えばよいわけではありません。土のなかの水がたくさん奪われて、植物が弱ることもあるので適量を守りましょう。

ゼオライトを園芸で使おう

ゼオライトは消臭効果、土壌改善効果、湿気吸着効果などさまざまな良い効果があります。置いておくだけで空気中のニオイも吸着するので、嬉しい効果がたくさんですよ。ぜひ使ってみませんか。

GreenSnap編集部
植物好きが集まるスマホアプリGreenSnap(グリーンスナップ)は、お部屋や庭で育てている植物、外出先で見つけた気になるお花などの写真を撮影して、気軽に共有したり植物アルバムを作ることができるサービスです。

観葉植物の土に関連するカテゴリ

観葉植物の土の関連コラム

人気のコラム

GreenSnap

[公式]写真を撮るだけで植物・お花の名前がわかる無料アプリ

レート4.6
ダウンロード